SSHマレーシア研修事前学習 「化学でできること・できないこと」

画像1 画像1 画像2 画像2
平成30年8月6日 本校(百都館)にて
大阪工業大学 工学部 応用化学学科の益山新樹 教授より
「化学でできること・できないこと〜命を守る・地球の資源をうまく使う〜」というテーマでご講義いただきました。
大阪工業大学では、食堂から出る廃油を独自のリサイクルシステムでバイオディーゼル燃料を作り夜間照明を点灯する取組 が実践されているそうです。
マレーシア研修では、現地企業にてパームオイルをバイオディーゼル燃料にする大型プラントを視察しますので、バイオディーゼル燃料ができるまでの基本的な流れを学習でき、大変参考になりました。また、益山先生の研究室では、世界三大感染症のうちのひとつ「マラリア」の新しい抗マラリア薬の研究開発もされており、新薬開発までの莫大な時間や費用がかかることや、人への治験へ至るまでの苦悩などの現実を伺いました。
しかし、研究を重ね「化学でできないことはない」という希望も伺うことができ、本校でのバイオエタノール関連の研究や、海外研修への意欲が増しました。
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
8/22 ものづくりコンテスト測量部門近畿大会(C科)
8/24 夏季休業後集会 大掃除
8/25 河合塾校内模試(R科1,2年) コンクリートカヌー競技大会(C科)
ものづくりコンテスト(木材加工) 近畿大会