2019 春 3年生 一日遠足

5月10日(金)、3年生は、わくわくの郷 吹田市自然体験交流センターに遠足に行きました。

 都市工学科最終学年としての遠足です。新緑のもと自然に親しみ、心身ともにリフレッシュし、野外での共同炊事や食事を通して親睦を深める事を目的としています。

 食材は自分たちで最寄り店舗にて購入し、バーベキューを楽しみました。3年間を共に過ごした仲間とのバーベキューは、いい思い出として残り、将来どこかでバーベキューをするときの自信につながるでしょう。
画像1 画像1
画像2 画像2

2019 春 2年生 一日遠足

5月10日(金)、2年生は神戸ベイクルーズと南京町に遠足へ行きました。
11月に控える就学旅行の予行演習として、この遠足は建築科と合同で行われました。

 神戸ベイクルーズを楽しみ、南京町付近で昼食、散策を楽しむコースでした。
 

画像1 画像1
画像2 画像2

2019 春 建築・都市工学科1年生 一日遠足

5月10日(金)、建築・都市工学科1年生は京都保津峡〜嵐山へ遠足に行きました。

4月に都島工業高等学校 建築・都市工学科に入学し、まだまだ緊張感あふれる中、
G.W10連休!そして遠足!

 1枚目の写真は、JR保津峡駅から少し歩いた所にある、「保津峡橋」です。京都盆地の北西、嵐山から保津峡を遡ったところにある景勝。保津峡付近の鉄道ルートも大きく変わったのですが、保津峡駅が移転した為に架けられたのが、この保津峡橋です。完成年は1989年。

 建築・都市工学科を表す「AC」の「C」は、わが都市工学科なのだが、

  な、な、なんと!!!

 橋といえば都市工学科!都市工学科といえば橋!

 と言い切ってしまっても言い過ぎではないのである。なんてったって、橋の事を学ぶのだから!卒業する頃には、生徒が「橋は裏にロマンが詰まっている!」と興奮気味に言ってしまうぐらい、魅力いっぱいなのである。

 専門的なワードは控えたいのだが、なんせうずうずするので少しだけ・・・
「保津峡橋」の形式はフィーレンディール桁、幅員7m、橋長54m、ベルギーのフィーレンディール教授によって提案されたラーメン構造なのだ。

 ラ、ラーメン!?橋なのに、ラーメン!?って、思ったあなた。もうすっかり橋の世界へようこそ。

 ラーメン構造とは、桁材(けたざい)と柱材(はしらざい)を剛結合した構造となっている。日本で数少ない形式の橋で、重量感のある構造美が特色なのだ。ちょっと興奮してきたのでこれぐらいでやめとこ。詳しく知りたいひとは、都市工学科へGO!

 2枚目の写真は、入り口には「平安乾域」(へいあんかんいき)、出口には「鵜飼隧道」(うかいずいどう)とあった。トンネルといえば都市工学科、都市工学科といえばトン・・・ごほん。

 気温もぐんぐん上がって暑い中、みんなわいわい会話しながら楽しくハイキングをしました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
10/14 (追加)体育祭前日準備(登校日です)
10/15 (変更)体育祭(登校日です)
10/16 (変更)代休(10/14を登校日としたため)
10/17 (変更)大掃除 MME・AC・E科1年系列コース制説明会 スクールカウンセリング
10/19 C科2年保護者進路懇談会
10/20 情報処理技術者試験(秋期)

学校案内・学科案内リーフレット

いじめ防止等にかかる基本方針

その他