平成30年度 前期卒業証書授与式

心地よい秋風が吹き渡る穏やかな天候に恵まれ、10月11日(木)に前期卒業証書授与式を挙行いたしました。

■学校長式辞
皆さん、卒業おめでとう。皆さんは、大きく成長を遂げるこの数年間を、ここ都島第二工業高等学校で過ごし、晴れて卒業の日を迎えられたのです。本校所定の教育課程を無事終了し、めでたく卒業の日を迎えることができましたことは、一人ひとりが数年間たゆまぬ努力を積み重ねてきた結果であると思います。その努力に対し、心から拍手を送ります。
そして卒業生自身の努力ももちろんですが、保護者の方や家族の支えがあって今日のよき日を迎えることができたことを忘れてはいけません。
日中、仕事やアルバイトなどをしながら、学校に通い、眠い目をこすりながら勉学にいそしむ。どんなに辛かろうが学校に来る。毎日校門に立ち、君たちを出迎えてきましたが、その姿勢に感動していました。卒業までの道のりは、けっして平坦な道ばかりでなく、つまずいたり、悩んだりしたこともあったと思います。その一つひとつが高校生活の貴重な経験として、これからの人生の糧となることでしょう。私たちを取り巻く社会は、急速に変化し、多様な価値観の中、国内外において解決しなければならない課題が山積しています。時代の変化を的確にとらえ、対応できる「人間力」を磨いてください。そして夢に向かって進んでください。夢に向かって自分自身でひたむきに努力し、積極的に前向きに生きる。そうしていれば、必ずすばらしい出来事、素敵な出会い、感動的な風景に巡り合うことができます。
さあ、次の夢に向かって進むときが来ました。君たちの人生の次のステージです。
皆さんの輝かしい前途を祝福して私のはなむけのことばといたします。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28