平成30年度 冬季休業後全校集会

 1月7日(月)明都館にて冬季休業後全校集会が行われました。

■学校長講話
 本日、皆さんの元気な顔を見れてとても嬉しく思います。
 さて、初詣には行きましたか?その時にした願い事、今年の目標、志を一年間忘れずに過ごしてほしいと思います。
 そして今日は屋久杉の話をしたいと思います。数年前に屋久島を縦走した時に、色々な屋久杉に出会いました。その時に非常に目立つ屋久杉がありました。それは大きな岩を抱いて立っているような、岩の上から生えているような、そんなふうに見えました。最初はその杉を見たとき、「岩を抱え大変な所に生えているなぁ」、「可哀そうだなぁ」と思いました。しかし、見ているうちに杉の力強さを感じるようになりました。岩を抱えて何百年、何千年と生きてきたその姿に、生命の力強さを感じました。その事を人に例えると、人も皆色々な悩みや困難を抱えています。それらは大変な事ではありますが、それがあるから人は力強さを発揮できるのではないかと思いました。ですから、それらの困難な事柄から逃げ出さずに、真正面から取り組む事が大切なのではないでしょうか。明日から授業が始まります。
 今年度もあと少しになり、不安なことも色々あるかもしれませんが、岩を抱える屋久杉を思い浮かべながら、しっかりと立ち向かって成果を上げてほしいです。

■生徒部長諸注意
 年末にも話しましたが、今年は授業の取り組み方をレベルアップしていきましょう。
 特に授業中の携帯の使用についてです。自分に負けている人はいませんか?意識次第で変えることはできます。明日から授業が始まります。まずは取り組み方をしっかりと考えてほしいです。そして行動に移してほしいです。

画像1 画像1 画像2 画像2
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28