TOP

咲くやの桜を前に〜咲くやこの花の一ファンとして〜

画像1 画像1
画像2 画像2
 正門近くの桜が開花して数日が経つ。入学式には見事な姿で新入生を迎えてくれることだろう。開校から7年目が終わろうとしているが、毎年時期を間違えることなく、このように綺麗な花を咲かせ、たくさんの咲く花生を静かに見守ってくれている。誰が言ったかは忘れたが、「桜はもの言わずとも、凛として花を咲かせる」というフレーズを常に感じて、もの言える人間は桜に負けじ、と日々生きている。
 この咲くやこの花で、いろいろな生徒に出会った。中学校から入学した生徒の中高6年間の成長を実感しつつも、高校から入学した生徒が新しい風を吹き込み、お互いが切磋琢磨する様を間近で見ることができた。あるときは東大合格をみんなで喜び、あるときは陸上競技部の全国入賞に興奮する。あるときは演劇科の公演に感動し、あるときは食物文化科のランチにうなる。こんな学校あるか?と、その場所にいることをふと不思議に感じ、それは感謝に変わる。しかし、さまざまな形で紹介してきた多くの生徒の実績もあくまでも一面的であり、決してそれがすべてではない。本校を一言で語るのはおよそ不可能であり、「咲くやって進学校ですよね」と言われても「“ただの進学校”ではありません。実はまだまだ凄いところが,,,,,,」と喋り始めるしかない。そんな先輩たちと同様、新入生も夢を描いて入学してくる。才能を即開花させる生徒もいれば、今は力及ばずとも努力して進路実現を果たす生徒もいるだろう。焦らずじっくり、頑張れ、咲く花生!

桜にも 早咲きもあり 遅咲きもあり 真似男

 私事ではありますが、このたびの人事異動により、本日をもって「咲くやこの花高校」を去ることになりました。一年足らずの「学校日記」でしたが、私の好き勝手な物言いにお付き合いいただきありがとうございました。『咲くや百景』といいながら、現在第77景…心残りですが、これからも咲くやこの花高校の一ファンとして応援したいと思っています。  真似男(真似次) こと 教頭寺本圭一

『咲くや百景』第77景〜通学路〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 本日の通勤時、通学路のそこここに桜が咲き始めているのを見て、嬉しくなって写真を撮った(同じような写真だが、違う桜です)。本校の通学路は、民家や公園の間を抜けるが、四季の移り変わりを実感できる。毎日の登校時間はたくさんの生徒で混雑するため、迷惑をおかけしているとは思うが、近所の方はおおむね寛大な心で受け入れてくれているので本当にありがたい。高校生なのだから、元気で明るいことは自慢すべきだが、やはりマナー違反はいけない。食べ歩きに飲み歩き、横に広がったり、大騒ぎしたり……。このあたりの指導もやはり学校の責任。もとより保護者の方のご協力も得て、大人みんなで教えていかないといけない。朝会う時の素敵な笑顔が本物であることを願います。そういうわけで、そんな混雑を避けるにはやはり早起きに限る。頑張れ、目覚めよ、咲く花生!

 朝早く 歩き得する 通学路  真似男


『咲くや百景』第76景〜剣道場・柔道場〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 本校の剣道場(写真左)と柔道場(写真中)は、ともに体育館棟の2階にある。中学校も高等学校も授業では多くの生徒が使用するが、部活動に関しては部員が少なく、頑張ってはいるが、少しさびしい。剣道場は、剣道部員が現在1名のため、時間帯を分けて卓球部も使用する。だから、ご覧のように端っこに卓球台が置いてある(写真右)。体育館棟の奥にあるため、その活動もあまり人から注目されることは少ないが、大きな声が聞こえるとついつい足を延ばしてしまう。間違いなく汗を流して頑張っている。頑張れ、柔道部!頑張れ、剣道部!頑張れ、卓球部!

 一人でも 何倍も出す 夢叫ぶ  真似男


『咲くや百景』第75景〜咲くや食堂〜

画像1 画像1 画像2 画像2
 昼休み、賑やかな風景になる「咲くや食堂」。現在は、春休みのためひっそりとしている。中学生が本校へ訪問する際は、ぜひ見学したいと言う、結構人気のスポットだ。中学校も給食になり、自分で好きなメニューを選べるというのは楽しいのだろう。一番人気のメニューは、390円の日替定食。特に水曜日の『からあげ定食』はチケットがすぐに売り切れる。3時間目と4時間目の休憩時間がチケットを買う時間だが、買い損ねると二番人気の日替り丼か三番人気のチキンカツカレーとなる。私もときどき利用するが、食堂のご主人との会話も楽しい。生徒の様子や雰囲気の話。「こんなことありましたで……」と職員室では知ることのできない生徒の話をしてくれる。私の貴重な情報源だ。夏は暑いが、窓から太陽の光がたくさん入り、非常に明るい空間だ。何よりここでは生徒が皆笑顔になる。それでよい。

 チャイムより 一足早く お腹鳴る  真似男

『咲くや百景』第74景〜スポーツ科学実習室〜

画像1 画像1 画像2 画像2
 前景に続いて、スポーツ系列の施設をご紹介します。写真「スポーツ科学実習室」は、スポーツ系列生が授業で使用する本格的なトレーニングルーム。大きな窓のある部屋は、講義室で、いろいろな専門的な講義を受けたあと、スムーズに実習に入ることができる点で非常に良い。他校からの訪問時は、必ず見学していただくが、扉を開けた瞬間、みなさんビックリする。公立高校としては、相当恵まれた施設だと思う。この施設を存分に活用して、頑張れ、スポーツ系列生!

 科学的 活かす素材は 心意気  真似男



平成26年度「進路状況」一覧をアップしました!

画像1 画像1
 今年度卒業生の進路結果がまとまりましたので、一覧をアップしました!
 「配付文書」⇒「進路実績」⇒「平成26年度進路状況(大学)」「平成26年度進路状況(短大・専門学校・就職・公務員)」をそれぞれクリックしてください。
 この進路状況を見ると、本校の特徴が丸見え!一般の高校なら、一定のレベルの大学や文系学部・理系学部にある程度人数が増える傾向にありますが、本校の場合、各大学の人数欄を見ると、何と「1、1、1、1、1、1、1、1、1、………」と、一人一人が別の大学に進んでいるという現実。そして、関西だけでなく、全国のさまざまな大学へ進学しています。また、専門学校や就職もいろいろなジャンルに広がっています。これはいかなることか?それだけ「生徒一人一人の目標が違う」「生徒自身がしっかりとやりたいことを見つけている」「友人が行くから…という風に人に流されない」という証です!さらにいえば、目標を高校1・2年生時の自分より少し高く設定し、向上心を持って取り組んだ成果であるともいえます。確かに、結果に恵まれず浪人生活を選択した生徒も数名いますが、それも“妥協しない”という決意の現われ!来年はきっと希望の進路を実現してくれると思います。

 春風に 咲くやの種が 舞っていく  真似男

 全国に、咲くやの華が咲きますように…!

感嘆符 新入生・保護者の皆さまへ〜中高入学式について〜

 咲くやこの花中学校・高等学校の平成27年度入学式を、4月8日(水)13時30分より体育館にて行います。(12時30分〜受付)
 中学生は、12時50分に、保護者の方と一緒に多目的室に集合してください。
 高校生は、13時00分に、各HR教室(当日クラス発表)へ集合、高校の保護者の方は直接体育館に集合してください。
 新入生は、購入した上履きを、保護者の方は、各自上履きをご持参ください。
 咲くやこの花は、みなさんの晴れの日を楽しみにしています!

『咲くや百景』第73景〜トレーニングルームの風景〜

画像1 画像1 画像2 画像2
 本校には、いわゆるトレーニングルームが2室ある。一つは、顧問の指導の下、運動部員が使用できる「トレーニングルーム」と、もう一つはスポーツ系列専用の講義室併設の「スポーツ科学実習室」。写真は「トレーニングルーム」の様子。陸上競技部が筋力を高めるため、真剣に汗を流している。ハイレベルになればなるほど、トレーニングは当然きつくなる。ケガも怖いがケガを恐れていてはそのレベルに踏み込めない。そんな葛藤の中で目標を達成しようと頑張る姿は美しい。個々のレベルに差はあるが、強くなれ、咲く花生!

 バーベルの 円周伸びる たくましさ  真似男

演劇科生、第2回高校生劇評グランプリ「団体賞」入賞!

画像1 画像1
 劇評、いわゆる『演劇批評』の略語であるが、実際に上演された舞台についての批評をいう場合もある。今回、上記のグランプリに演劇科生何名かの「劇評」を応募したところ、「団体賞」を受賞した。国際演劇協会日本センターが主催し、東京都高等学校演劇連盟事務局が実行委員会を運営していて、規模は全国。3月30日にある表彰式は東京である。「団体賞」受賞は本校と東京都立科学技術高校の2校のみだ。
 「劇評」については、本校の演劇科で年10回ほどある観劇実習のレポートとして、普段から提出が義務づけられている。毎回1000字以上のレポートを書くのだが、これがなかなか大変。当然、文章を書くのが苦手な生徒は、ついつい遅れがちになる。しかし、観劇実習の鑑賞するポイントも徐々にわかり、レポートの回数を重ねると、書くコツも身に付ける。大会の応募条件はいつもより時数の多い1200字以上。受賞は、日々の積み重ねのおかげであることは間違いない。すぐに結果が出る努力もあれば、コツコツやっていてよかったと後から思えることもある。いろんな形で努力は実るし、きっと誰かが見ていてくれる。頑張れ、咲く花生!

 素直さと 批評の心を 合わせ持つ 自己を高める 成長の糧  真似次

『咲くや百景』第72景〜休日の部活動〜

画像1 画像1 画像2 画像2
 本日は、春分の日。晴れの特異日と言われているだけあって、非常に暖かい一日です。
 グランドでは、たくさんの高校のハンドボール部が本校に集まって、合同の練習試合をしています。体育館では、バスケットボール部が汗を流しています。そして、多目的ホールでは大阪市立の4校の吹奏楽部が集い、『フレンドシップコンサート』を開催しています。本校の恵まれた施設を大いに活用して、若さあふれる高校生が一生懸命頑張っている様子は、見ているだけで元気になります。それぞれの好きなことに後悔せずに全力で取り組んでほしいと思います。また、フレンドシップコンサートには各校のOB・OGも合同で演奏。涙ちょちょ切れました。好きな音楽を通じて、看板どおりの“フレンドシップ”が芽生えた証ですね。心のこもった演奏を聞かせていただきました。ありがとう。頑張れ、高校生!頑張れ、卒業生!(3/21)

 音楽で お腹一杯 胸いっぱい  真似男

春から春へ〜咲くやこの花中学校第5回卒業式〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 本日、咲くやこの花中学校の卒業式が厳かに、爽やかに行われました。昨日の雨とは打って変わって快晴。実に、すがすがしく心にしみる卒業式でした。賞状を受け取る時の少しはにかんだ表情は、高校生の大人っぽさとはまた違う良さがありました。透き通るような声の見事な送辞。「『夢ひとすじに』励まれる五期生の皆さまの新しい門出を心からお祝い」する在校生に対し、「全員が協力し合い団結することがどれだけ難しく、それを乗り越えた時にどれだけの感動が待っているか」と、言葉の一つ一つに3年間の気持ちを込めた温かく心に響く答辞で応えてくれました。高校の立場としては、答辞の中の「高校生活が中学校生活より実りの多い三年間となるよう、本日ご臨席賜った高校の先生方の前でお約束し」という言葉に、嬉しさと責任を感じた次第です。
今日より明日を、今日の自分より明日の自分を、と向上心の塊、咲く中生に幸あれ!

 輝きを また輝かせ ウェルカム!  真似男

『咲くや百景』第71景〜咲くやの制服〜

画像1 画像1
 本校の制服です。開校前に、教員アンケートや全国の制服アンケートを参考に、総選挙的に決まりました。おかげさまで、校内外から好評です。ただし、きちんと着こなせばですが。スカートを短くしたり、シャツを出したり、ネクタイを緩めたりすると、一気にだらしなく見えます。咲く花生は、生徒会役員の「制服をきちんと着よう」キャンペーン等の働きかけで、きちんと制服を着ています。見た目だけがすべてではありませんが、第一印象は大切です。美しく着こなす、咲く花生です!

 着こなしに にじみ出てくる 才溢る  真似男

平成26年度「運営に関する計画」「学校関係者評価」をアップしました!

 先日の学校協議会で、話し合われました、平成26年度「運営に関する計画」「学校関係者評価」をアップしました。今年度の本校の教育活動、取り組みについてのまとめとなります。どうぞ、ご覧ください。
 「配付文書」⇒「学校評価」⇒「平成26年度『運営に関する計画(最終評価)』『学校関係者評価』」をクリック!

『咲くや百景』第70景〜リーダー研修〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 先週金曜の午後、1・2年生の運動部・文化部の部長たち、3年時の団活動の団長候補たちが集い、生徒会役員の進行で『リーダー研』を行いました。毎年、学校行事が生徒主体に充実一途ではありますが、まだまだ生徒のリーダーシップにより、活性化の可能性は広がります。運動部は、学校を盛り上げるために何をすべきか、また、運動部として日々何ができるのかを話し合っていました。文化部は、自分たちの活動は知ってほしいものの、他の部の活動については全く知らないこともあり、みんなで大会や活動の状況を教諭することが大事だということなどを話し合っていました。団長候補の話し合いでは、体育祭や文化祭のルール決めや、今の学校や行事に足りないものについて意見を出し合っていました。人数が多ければそれぞれの考え方や意見にも差があり、見ている側としてはどのようなところへ話を落としていくのかが、見ていて楽しかったです。いろいろな議論を通して、自分たちで母校をよりよくしてくれるようと、学校行事や部活動を活発で有意義にしてくれるよう期待しています。

 我こそは 咲くや引っ張る 一番星  真似男

『咲くや百景』第69景〜春期集中セミナー〜

画像1 画像1 画像2 画像2
 授業も終わり、春休みに入ったものの、将来の夢や目標を達成するには、今やるべきことがあります。本日から始まった『春期集中セミナー』もその一つ。本校でのセミナーは、放課後セミナー、土曜セミナー、そして長期の休みを利用しての集中セミナーがありますが、この時期は苦手科目を克服することを目的としたセミナーを行っています。国語・数学・英語の、1年生は4科目、2年生は5科目に絞り、希望者対象で実施しています。科目によって人数も違いますが、延べ115名が参加、1日2時間集中して頑張っています。先生も、生徒の熱意に応えようと時間を割いて教えています。大阪市立大学の学生ボランティアの方も来て、一緒に指導してくれています。この一年の積み残しをなくして新学期を迎えるために、頑張れ、咲く花生!

 春が咲く もう苦手とは 言わせない  真似男

小さな桜の木

画像1 画像1
 本日は、大阪府公立高校の後期選抜が行われています(本校は前期選抜のみ)。現在も受験生は一生懸命ペンを走らせていることと思います。がんばれ!
 さて、昨日出勤時に線路沿いの道で、早くも桜が咲いていました。枝の短い小さな桜の木ですが、他の場所で咲いている様子がないことを考えると、どの桜よりも早く咲き、存在感を示しているような気がします。生徒たちも、才能ある子もいれば、才能はなくとも努力でカバーする子もいる。表に出る子もいれば、目立たずともコツコツ頑張る子もいる。それぞれに“生きている”んだということを思います。東日本大震災時に残った奇跡の一本松もしかり、人間以外に教えられたり元気づけられることはたくさんあります。
 本日は、入学者(高入生)説明会です。今年の入学生には、どんな花が咲くのやら…。

 我一番 咲くや桜の 花を見よ  真似男

学校協議会開催!

画像1 画像1
 本日、平成26年度第3回学校協議会を開催しました。今年度の咲くやこの花中学校・高等学校の活動報告と、それに対しての評価・ご意見をいただきました。協議会委員の皆さまには1年間本校の教育活動に対して深いご理解と多大なご協力をいただき感謝しております。本校の持つ多様性を長所としてとらえ、これまでの実績に対する高い評価とともに、これからの発展についての大きな期待を感じた次第です。今後ともよろしくお願いいたします。なお、「平成26年度運営に関する計画(最終評価)」「学校関係者評価」につきましては、後日、HPにアップする予定です。また、ご覧下さい。

 周りから 見守られての 咲く花よ  真似男

「がんばる先生支援事業」研究発表会開催!

画像1 画像1 画像2 画像2
 本日、平成26年度「がんばる先生支援事業」研究発表会を開催しました。32名の方にご来校いただき、本校の「キャリア教育」「進路指導」の取り組みについて、それぞれ栗本要人首席、田中愛子進路指導部長が発表しました。本校の現状として、内からも外からもいわゆる“進路実績”が求められるため、主に大学進学に関する発表が大部分を占めました。参加者の中には、「学力上位層だけでなく、他の生徒にもどのようなアプローチをしているのかが聞きたかった。」というご意見もありました。もっともなご意見です。ただ、本校は、単なる進学校ではなく、いろいろな価値観、広い学力幅、多様な進路という状況の中であり、そんな状況だからこそ一人一人の進路実現に向けて丁寧な指導を心掛けています。本日の発表は、本校の一つの取り組みではあることには違いありませんが、それがすべてではありません。複雑なカリキュラムと生徒の多様性を前提として、よりベターな取り組みや工夫を継続していきたいと思っておりますので、今後とも温かく見守っていただきますようよろしくお願いいたします。

がんばるの 一言だけでは 語れない  真似男

感嘆符 H26がんばる先生支援事業研究発表会、明日開催!

 先日よりご案内のとおり、明日、本校視聴覚室(予定)において、「がんばる先生支援事業研究発表会」を開催いたします。本校の進路指導・キャリア教育についての取り組みの一端を発表いたします。ぜひ、多くの方々にご参加いただきますようよろしくお願いいたします。詳しくは、「配付文書」⇒「その他」⇒H26「がんばる先生研究発表会案内」をご覧ください。
 申込みにつきましては、本日FAX・お電話でお申込みください。また、当日のご参加も受け付けますので、どうぞご来校ください!

『咲くや百景』第68景〜修了式〜

画像1 画像1 画像2 画像2
 本日、平成26年度修了式を行いました。生徒たちも一年間、勉強に、部活動・コンクールに、一生懸命元気に頑張りました。森校長先生からは、3年生の頑張りを称えつつ、進路を実現した者と残念ながらできなかった者の差は何だったのか、“最後までやり切れたかどうか”が一つの分かれ目なのではないか、というお話をされました。1・2年生の心に届いてほしいと思います。生徒会役員からは、来年度の行事についてみんなで盛り上げていきましょうという連絡がありました。
 私事ではありますが、日頃の不摂生にもかかわらず、本日無事に50歳を迎えました。『13日の金曜日』には慣れていますが、『大安』ということでプラスマイナスゼロ?ということに。「人生の半分ですね」と人に言われましたが、ということは100歳で死ぬ?それは悔しい…せめて3分の1と思っておきます。それはさておき、本日の朝礼で、進路指導部長の先生が「一度鏡を見てください。みんなの顔は1年前と変わりましたか?3年生の顔は変わりましたよ。何かハードルを越えると、大人の顔になるんですよ。」と話されました。1・2年生諸君、1年後の顔を期待しています。卒業生が来校するたびに「先生、全く変わりませんね」と言われる私のことは置いといて…。

 「変わらない」 喜ぶべきか 泣くべきか  真似男

文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

演劇科

進路実績

学校評価

各種証明書発行申請書

登校許可証明書

その他

進路だより