TOP

「春の全国交通安全運動」此花区民キャンペーンに吹奏楽部がご協力します

画像1 画像1
 タイトルにあるキャンペーンの一環として、本校中学校・高等学校吹奏楽部が、4月4日(月)14:50〜区民ホールで演奏を行い、その後、四貫島商店街本通り等をパレードします。本日は、そのための練習を念入りい行いました。お近くにお立ち寄りの際は、応援よろしくお願いいたします。

桜開花情報2

画像1 画像1 画像2 画像2
 本日は、とても暖かい1日でした。そのお蔭で、桜の開花は一気に進みました。8分咲きぐらいでしょうか。本校の正門を入ってすぐのところで来校者を迎えてくれる桜の木は、もうすぐ満開です!

平成27年度第3回学校協議会

 去る3月19日13時30分より、今年度最後となる学校協議会を開催しました。委員の方々からは、本校の教育内容に関して、暖かい目で見ていただき、参考となるご意見やご提案をいただきました。1年間本当にありがとうございました。
 最終評価をいただきました「運営に関する計画」、「学校関係者評価」、添付資料をこのHP上にアップしています。こちらをクリックすればダウンロードができます

本校の桜開花情報

画像1 画像1 画像2 画像2
 本日は、だいぶん暖かく、開花が進んでいるように思います。本校の桜は、ただいま3分咲きくらいでしょうか。「綺麗だなぁ」という感じになってきました。
 先日、テレビの音楽番組で「春に聞きたい桜・卒業ソングランキング」なる特集をやっておりました。桜の桃色の綺麗な花びらとよくマッチして涙を誘う名曲ばかり。1位は、森山直太郎さんの「さくら」でした。春は出会いと別れの季節。本校の教職員も何人かが本校を後にします。それを聞きつけて卒業生たちが毎日訪ねてきます。綺麗な花束を贈られる教員までいます。「本校の生徒って本当に優しいなぁ」と思う瞬間です。
 「ぼくらはきっと待っている♪君とまた会える日々を〜」教職員の気持ちは、森山直太郎さんの唄う「さくら」のようです。

ハンドボール

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 本校では活発な部活動がたくさんありますが、中でも強豪校の一つとなっているのがハンドボール部です。本日は、他校を招いて練習試合。運動場に4面のコートをとって、男女各2面ずつで朝から夕方の5時ごろまで丸一日試合をこなしていました。本当にタフなだと思います。
 本校女子のメンバーたちは、「今日のホームページに載せるよ」と言うと、とても気さくに協力してくれました。和気あいあいの1枚。円陣を組んでいるところ(よく協力してくれた「やらせ」です(^^))。とてもハードですけれど、楽しんで部活動に参加していることが印象的でした。
 

平成28年度大学入試合格者状況

画像1 画像1
 正面玄関を入ったところに、タイトルの一覧を張り出しています。まだ、最終の結果ではありませんが、一旦集計したものです。卒業した3年生たちは、自らの目標をしっかり定めて、目標に向かって毎日、本当によく頑張りました。
 日本津々浦々、遠くに旅立つ生徒もいます。それぞれの夢を胸に、次のステップへ!
こちらをクリックすると一覧がダウンロードできます

第10回フレンドシップコンサート

画像1 画像1
 大阪市の複数の高校吹奏楽部による定期演奏会「フレンドシップコンサート」は、今年で記念すべき第10回目を迎えました。
 3月27日(日)14時開演。まず、泉尾工業高校、鶴見商業高校、西高校、咲くやこの花中学校・高校の現役中心による演奏。「ひまわりの約束」「365日の紙飛行機」「キセキ」などの最近のヒット曲などが演奏されました。次に、これまでのコンサートに参加してきた此花総合高校、扇町高校、淀商業高校などのOB・OGの方々による演奏で懐かしの「ルパン三世メドレー」など。最後に合同でディズニーメドレーも。アンコール曲として、参加者75名全員による名曲「フレンズ・フォー・ライフ」の演奏で幕を閉じました。
 地元の方々、保護者の皆さま、友人、今までのコンサートに関わってこられた顧問の先生だど、150名を超える方々に演奏を聴いていただきました。本当にありがとうございました。

PTA拡大委員会開催

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 本日は、PTAの拡大委員会が行われました。様々な報告・連絡事項とともに、人権・進路・広報・総務などの各委員会の委員や会計監査をお願いした方々からお一人おひとり1年間の感想をいただきました。皆さんからの「楽しかった」「よい出会いと経験ができた」などのお言葉は、学校として本当に嬉しく、ありがたい気持ちとなりました。
 皆さま、1年間ありがとうございました。
 各地で桜の開花が発表され、今年は例年より早いみたいです。本校に一本ある桜も綺麗な花を咲かせ始めました。

リーダー研修会

画像1 画像1 画像2 画像2
 本日、「リーダー研修会」が朝8時半より16時まで行われました。
 リーダー研修会とは、各部活動のキャプテンと、体育祭の団長・副団長になりたい生徒等が参加するリーダー養成のための研修会です。団長・副団長希望者は、この研修に参加しなければ団長・副団長を務めることはできません。
 まず午前中は、5人グループに分かれて、最近の新聞を回し読みし、そこから気になる記事を選び出しました。そして、その記事を貼り合わせて壁新聞作り。
 午後からは、壁新聞を作った記事を元ネタとして、創作劇を作り、練習の後、順番に上演しました。1グループ3分の寸劇ですが、どのグループの劇も創造性豊かで爆笑を誘うものばかり。咲くやの生徒たちは、すべることなく毎回、きっちり笑をとるところが凄いです。いつも思います。君たちはオモロイ! 
 講評として、担当の先生からは「リーダー論」の講義があるなど、教育効果のとても高い行事です。

春季集中セミナーが終了しました

 本校では、進学のための講習をすべて「セミナー」と呼んでいて、課業期間中の放課後には「放課後セミナー」、土曜日には「土曜セミナー」、休業期間中は「春季(夏季・冬期)集中セミナー」などが開催されます。私は、ネーミングというのは実はとても大事なもので、全員が「今日からセミナーやで」とか「セミナーの予習せな」という風に「一般名詞」的に使うことで、「セミナー」が学校生活の一部になってくるからです。そして、より多くの生徒たちが、当たり前のように「もっと学びたい」からセミナーに参加するとなってくれればなと思います。
 本日は、6日間行われた「春季集中セミナー」が終了しました。1年生で3講座、2年生で5講座。毎日参加した生徒たちは、よく頑張りました!

2年生進路ガイダンス

画像1 画像1
 3月15日(火)に2年生の進路ガイダンスが行われました。
 今回の進路ガイダンスは、受験を終えた直後の先輩から体験談を聞くというものでした。私立大学や看護系の専門学校を志望する生徒と、国公立大学を志望する生徒にわかれて1時間程度行われました。受験を終え、ゆっくりしたいであろう時期に、22人もの先輩が参加して、後輩に向けて貴重な話をしてくれました。
 国公立グループでは、始めに司会を務める先生からの質問に先輩が答えるという形式で、受験勉強への取り組みや、やっておけば良かったと思うことなど、これから受験へと向かう2年生が聞きたいことを全体に向けて話してくれました。
 印象的な意見として「部活や習い事で時間がないというのは言い訳でしかないということに受験勉強を始めてから気付いた」というものがありました。1年生や2年生の間は部活や行事が忙しく、「勉強する時間がない」とよく聞きますが、受験勉強を始めると、「空き時間があれば勉強する」という風になり、1・2年生の間には、どれだけの時間があったのかということに気づかされたということです。「後悔先に立たず」と言いますが、2年生たちが、このような先輩のアドバイスを役に立ててくれればと思います。
 また、国公立大学に合格した生徒の多くは勉強だけでなく、学校行事や部活動にも積極的に参加し、自分の視野を広げることが重要だと考えている人が多いことも印象的でした。
 全体への話の後には、志望学部にわかれて2年生が直接先輩に質問する座談会が行われました。自分の志望する学部や系統に向けた勉強法などを直接聞くことができ、2年生にとってとても有意義な時間になったと思います。
 話を聞いている2年生たちはとても真剣に聞き入っておりました。これから受験生になる彼らには、今日の話にあったように「最後まであきらめずに頑張る」ことを続け、それぞれの希望進路を自ら切り開いていってほしいと思います。

3月15日終了式(少し時計を巻き戻しますが....)

 体育館の耐震工事が完了して、生徒全員が久しぶりに一堂に会しました。
 校長講話では、いつものように3点の話がありました。
 1点目は、6期生の進路結果について。「努力は嘘をつかない」という言葉がありますが、つらく長い努力の時間を乗り越えて、彼らの努力は大きな実を結びました。これは、「自分に誓ったことを最後までやり遂げるかどうかに」かかっているのだと思います。
 2点目。終業式当日に配布しました「2学年通信」では、6期生たちが後輩たちのために様々なアドバイスを書いてくれました。ここには先輩たちの「熱い思い」がつまっています。もったいないので1年生たちにも配布をしてもらうことにしました。
 3点目は、春休みの使い方について。計画的に過ごす大切さ。スマホにおぼれないようにメリハリの効いた生活を。セミナーや部活動、インターンシップなど、それぞれが充実した時間を過ごして欲しい。次年度のスタートダッシュが上手くいくかどうかは、春休みの使い方にかかっている、などと述べられました。
 これらのことは、ある意味「当たり前」のことかもしれません。しかし、実行することは実は案外簡単なことではないように思います。だから、校長講話では、大事な話として、繰り返し、繰り返し、生徒たちに語られるのです。大事なことは何度でも、何度でも。

表彰
●吹奏楽部
 ・ソロコンテスト地区大会代表・大阪大会にて金賞受賞(2月7日)
 ・大阪府アンサンブルコンサートで管楽六重奏を演奏し銀賞授業(12月27日)

●数学研究部
  数学オリンピック日本代表選考大阪予選で次点

●第61回 大阪市青少年読書感想文コンクール
 ・学校図書館協議会長賞
 ・図書視聴覚部長賞
 ・学校図書館協議会賞

大変お待たせいたしました!

 前回、卒業式の様子をアップして以来、本当にご無沙汰してしまいました。毎日の更新をチェックしていただいている皆さま本当に申し訳ございませんでした。
 この間の出来事を、少し書き込みたいと思います。
 本年度から入学者選抜の制度が大きく変わり、2月の特別入学者選抜(実技等がある選抜)と3月の一般入学者選抜の2回となりました。本校では、演劇科は特別入学者選抜、総合学科・食物文化科は一般選抜での選抜となり、2月3月はほぼ間をおくことなく2回の選抜を実施することとなりました。先週の金表日に一般選抜の合格発表、そして週が明けて本日は入学者説明を実施しました。
 平成28年度は、本校創立9年目。つまり新入生たちは本校の第9期生となります。まだまだ新しい咲くやこの花高等学校の若い歴史に、新しい一歩を刻んでくれる生徒たちです。本日は、晴れがましく明るい表情で多目的室に集合してくれました。彼らを本格的に迎える4月8日が本当に楽しみです!

演劇科卒業式公演

画像1 画像1 画像2 画像2
 昨日の卒業式の後13時から、演劇科卒業生による卒業式公演が行われました。演劇科実習室である「テアトル・チャイカ」の天井工事も無事終了し、やっと使用することができるようになりました。
 会場は、六期生の最後の雄姿を見ようと超満員です。今回の舞台は、この3年間の演劇科生活を一つのストーリー仕立てにした約1時間のお話。勉強との両立や、仲間との関係、多忙な学科の行事のことなど、面白おかしく演じてくれました。中でも、劇中に登場する、生徒の演じる先生や講師の皆さんの物まねは、その方々を知らない人でも大笑いでした。
 あっという間に時間は流れ、終わりに近づくにつれ、観客たちは、名残惜しくていつまでも見ていたい気持ちで一杯になってきました。しかし、演じている卒業生たちの方が、「終わりたくない」という思いを持ちながら頑張っていたに違いありません。笑顔で演じきった彼らも、最後のシーンでは、やはり我慢できなくなって、少し泣き顔に。こちらももらい泣きです。
 本当にもう少し見ていたくなった楽しくて素晴らしい舞台でした。

卒業式

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 本日、本校六期生の卒業式が挙行されました。
 午前10時となり、吹奏楽部の奏でる「キセキ」(GReeeeN)に合わせて、体育館の扉から卒業生たちが入場してきました。そして、開式後、吹奏楽部の伴奏で国歌、大阪市歌、校歌を力強く歌いました。
 本校の卒用証書授与は、担任が一人ひとりの名前を読み上げます。生徒たちの名前をこんな風に呼ぶのも最後のこと。この3年間の思い出に思いをはせ、声を詰まらせてしまう担任もいます。生徒もそれを見て涙する場面も。
 校長式辞では、2つのお話がありました。1つ目は、現代の我が国を代表する哲学者の一人である鷲田清一氏の「待つということ」という著書を引き、視野を広げて幅広い教養を身に付けて欲しいということ。2つ目が、それぞれの道に進んでも「咲くやこの花」の卒業生であることを忘れないで欲しいということです。
 「咲くやこの花」という校名は、古今和歌集に収録されている「なにわづの歌」に由来します。「なにわづに 咲くやこの花冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花」と読まれた歌ですが、これは当時、学問を始める際に最初に学ぶ歌とされ、誰もが知っている歌の代名詞ということです。万葉の昔から、有名なこの言葉を校名に冠する本校であることを覚え、自覚とプライドを胸にこれからの人生に立ち向かって欲しい、と話されました。
 自分たちの素直な言葉で語られる在校生送辞、卒業生答辞は胸にジーンときました。そして、伝統的な「蛍の光」「仰げば尊し」の斉唱で式は終了しました。
 卒業生たちは、この3年間、辛いことや苦しいこともたくさん経験しながらも、本校の多様な学びの中で本当によく頑張り、大きく成長して、本日巣立っていきました。彼らのこれからの輝かしい未来に幸あらんことを祈念いたします。
 ご多忙の中、ご参列いただいたご来賓の皆さま、保護者・ご家族の皆さま、本当にありがとうございました。

PTA会報「咲くやこの花」第18号発行しました

 本日の午前中は、卒業式の予行。3年生は、いつも通りに登校して12時ごろまでみっちり予行、歌の練習などを行いました。1・2年生たちも途中から参加しました。お疲れ様でした。いつも思うことなのですが、咲くやの生徒たちの歌声は本当に素晴らしいです。中でも校歌です。あんなに声がよく出ている校歌はいままで聞いたことがありません。明日は卒業式本番。ご出席の皆様は是非お楽しみになさってください。
 そして、本日発行のPTA会報「咲くやこの花」第18号をアップしました。こちらをクリックしてください。PTA広報委員会の皆様、今回も素敵なPTA会報を本当にありがとうございました。
 

3年生を送る会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 本日は、1・2年生は学年末考査最終日。2時間目までがテストで、11時過ぎから「3年生を送る会」を開催しました。3年生たちは久しぶりの登校です。
生徒会生徒の司会で、生徒会執行部企画、後輩クラブ員からのビデオメッセージ、教職員からのビデオメッセージと、爆笑シーンが次から次へと続きます。よくもこれだけ面白いことを思いつくなといつも感心します。しかも、咲くやの生徒も教員も名演技の役者だらけです。
 次に、3年生担任団企画として、映像と歌のプレゼント。3年間の学校行事の写真は3年生たちにとっては懐かしものばかり。そして、担任が壇上に並んで長渕剛の「乾杯」の替え歌でホロリ。
 最後に1・2年生が、スピッツの「チェリー」をこれも替え歌で、ジーンとさせてくれました。歌を聴いていると、きっと、それぞれの思い出が頭の中に流れているんだろうなと思いました。そして、最後の最後に、校歌をみんなで大合唱。本校の校歌斉唱はいつも美しい歌声が体育館に響き渡りますが、今日の校歌はいつにも増してとても美しかったです。

映像表現系列卒業制作展4

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 本日は、学年末考査の4日目でした。1日職員室に座っていると、自分のテストの結果について先生に尋ねにくる生徒が意外に多くいることに気が付きます。自信があるから聞きたいのか、進級ギリギリなので気になるのか。しかし、先生の答えは、「まだ最後まで採点してないから、ちょっと待っとき」だったりします。本校では、1回の考査で、6つも7つもテストを作成しなければならない先生が結構います。いきおい、採点にも時間がかかるのです。「人事を尽くして天命を待つ」の言葉の通り、やるだけやったのだから、じっくり構えて結果を待っていてください。

 さて、昨日の続きで生徒作品をもう少しご紹介したいと思います。「商品デザイン、広告デザイン『チョコレート』」ということで、高校生向けチョコレートの広告ポスターのデザイン(写真左・中)や商品パッケージ(写真右)です。生徒の作品を見ていると、改めて、デザインって、なんか楽しくなったり、刺激を受けたり、心が豊かになったりするものなんだなと思います。芸術系の分野に進学する生徒もたくさんいますが、将来この中から「誰でも知ってるようなデザイン」を作ってくれる生徒がでてくれたら素敵ですねぇ。

 いつの日か 僕もつくるぜ Tカード 

 

 

 

 

映像表現系列卒業制作展3

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 左は、アーティストのPVのような映像とその中で登場人物が来ている着物(自作)です。2つのアートを組み合わせてみたのですね。真ん中は、アメリカンポップアート的な立体作品。
 右は、そうです! あのLINEのスタンプです! 販売はしておりません。でも、個人的に欲しくなるデザインです。
 ここでは到底紹介しきれないほどの量です。ゆっくり、じっくり見て回りたくなる作品群。学校の中で美術館にいるような豊かな時間を持つことができます。生徒たちも休み時間や放課後などに楽しんでいます。卒業式(3月2日)まで展示しています。

映像表現系列卒業制作展2

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 左の画像は、CGの爆発シーンなど取り入れた本格的アクション映像、真ん中は青春ドラマ?(女生徒たちがじっと見入っておりました)、そして、右はCGアニメーションです。
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31