TOP

卒業生がまた夢を叶えました!

「毎日、憧れの舞台での生活をさせて頂き、充実した日々を過ごしています」
先日、卒業生からうれしい連絡をいただきました。
 総合学科出身の彼女ですが、「舞台」という夢に出会ったのは高校1年の秋でした。それ以来必死に努力を積み重ね、この春、初舞台を踏みました。劇団四季ファミリーミュージカル『王様の耳はロバの耳』です。
 何年か前にもHPでご紹介しましたが、本校演劇科から昨年度までに既に3名の卒業生が劇団四季に入団し、『アラジン』では1期生の三井莉穂さんと2期生の小林唯さんがジャスミン役・アラジン役としてコンビで出演しています。また『リトルマーメイド』では男性アンサンブルの一員を5期生の黒田大夢さんが務めています。そして今回、『王様の耳はロバの耳』で5期生の折田英里華さんがウメボシ役で舞台に立つことになりました。
毎年、本校では佛教大学の原清治先生にご講演いただいていますが、その際に必ず語られる言葉があります。「予言の自己成就」
 5期生の黒田さんが6年前の1年生対象講演会で、原先生の問いかけに真っ先に手を挙げ、学年全員に対して「僕は将来俳優になります」と声高らかに宣言したこと、5期生の折田さんが、3年生の時の文化祭の舞台で憧れのミュージカルの一場面を友人と演じたことを今でも鮮明に覚えています。
「夢は叶う。やり続けたら、いつか叶う」
あの日から年月がたった今、改めてそう思います。
卒業生の、そして咲くや生の活躍を心から応援しています。

文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
学校行事
4/26 【演】観劇実習(唐組 1年) 内科検診(PM3年3クラス)
4/27 土曜セミナー