国連難民高等弁務官事務所から生徒会に感謝状が届きました

画像1 画像1
 昨年度、生徒会が中心になって取り組んだ「フィリピン台風被害への支援募金活動」に対して、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)から感謝状が届きました。
感謝状には「お寄せいただいた暖かいご支援は、故郷を追われ困難に直面している難民の人々が、未来への希望をもって生きていく大きな力となります。ここに世界の難民の人々に代わってつつしんで感謝の意を表します」と記されています。
 4月8日の始業式のあと、校長先生より生徒会へ伝達されました。
 生徒会執行部が提案して取り組んだ募金活動は、まだまだ冬の寒い中で学校の正門や空堀商店街で多くの仲間と共に頑張り、約11万円が集まりました。
 さっそく、顧問の先生を通じて日本事務所に届けました。
 世界に目を向けると、紛争や迫害、大きな災害で国を追われ難民となる人々がたくさんおり、迅速な支援を必要としています。
 UNHCRの活動資金は日本を含む各国政府からの拠出金と民間の寄付で支えられているそうです。皆さんの善意がきっと国境を越えて役立っていることでしょう。
 学校で、街角で募金に協力してくださった方々、本当にありがとうございました。

※国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)
 国連総会によって創設され、1951年にスイスのジュネーブを本部として活動を始めた。世界各地にいる難民の保護と支援を行う国際機関。現在の第10代高等弁務官は元ポルトガル首相のアントニオ=グテーレス氏である。日本人では第8代の緒方貞子氏が務めていた。

平成26年度 第62回入学式が挙行されました

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
  晴天に恵まれ、正門の桜の花も満開となった4月3日。第62回入学式が行われました。
 102名の新入生はそれぞれに中学校生活への期待と不安で緊張した様子でした。
 学校長の式辞では、三つの校訓「自立」「友愛」「誠実」の精神を大切に努力すること。PTA会長の三山真弘様から、祝辞としてそれぞれの成長を期待するとのお話がありました。
 また、在校生代表が中学校生活を紹介し歓迎の言葉を述べると、新入生代表からは入学にあたっての喜びと誓いの言葉が表明されました。
 式のあと、真新しい教科書をもらい、それぞれの教室で担任の先生から中学校生活のスタートにあたってお話があり、ぴかぴかの一年生たちは中学校生活への期待に胸を膨らませていました。

感嘆符 上町中学校のホームページをご覧になっていただいている皆様へ

いつも当校のホームページをご覧になっていただき、ありがとうございます。
今年度も学校の様子を積極的に発信して参りますので、引き続きご愛読のほどよろしくお願い申しあげます。
昨年度までの記事は学校日記ページの左側部分にある、「過去の記事」に保管しております。
「2013年度」の文字の上でクリックすると、昨年度の記事が閲覧できるようになっております。
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30