TOP

授業風景(101)

 国語(書写)の作品紹介をします。

 授業の回数は少なかったのですが、初めての人も筆に慣れたようです。

 以前の感覚を取り戻した人もいました。



<ひらがな>

 こくご (しょしゃ)の さくひん しょうかいを します。

 じゅぎょうの かいすうは すくなかった のですが、はじめての ひとも ふでに なれた ようです。

 いぜんの かんかくを とりもどした ひとも いました。

 
画像1

授業風景(100)

画像1画像2画像3
 家庭で使う電気のことを勉強しています。

 Wと書いて「ワット」と読み、どれだけ電気を使ったのかを表します。

 例えば、40Wの蛍光灯と30Wの電球を使う時は、合計した数値の70Wが使用した電力になります。



<ひらがな>

 でんきの ことを べんきょう しています。

 Wと かいて 「ワット」と よみ、どれだけ でんきを つかったのかを あらわします。

 たとえ、40Wの けいこうとうと 30Wの でんきゅうを つかう ときは、ごうけいした すうちの 70Wが しようした でんりょくに なります。

授業風景 (99)

画像1画像2
 基礎に立ち返って「英語」と「ローマ字」の違いを復習しました。これまではアルファベットを練習しながら、人名や地名を、ローマ字で読み書きする勉強を続けてきました。

 4月からは、次のステップへ進みます。その準備をしています。

もう1つのクラスは、who(誰)や whose(誰の)を使って、疑問文や答え方を勉強しています。



<ひらがな>

 きそに たち かえって 「えいご」と 「ローマじ」の ちがいを ふくしゅう しました。これまでは アルファベットを れんしゅう しながら、じんめいや ちめいを、ローマじで よみかきする べんきょうを つづけて きました。


 4がつからは、つぎの ステップへ すすみます。 その じゅんびを しています。

 もう 1つの クラスは、who(だれ)や  whose(だれの)を つかって、ぎもんぶんや こたえ かたを べんきょう しています。

授業風景 (98)

画像1
 元寇が起こって鎌倉幕府が弱り、新しい幕府が成立しました。1333年のことでした。

 「室町(むろまち)」「足利尊氏(あしかが・たかうじ)」などの、特に外国の人にとっては、読みの難しい歴史用語も覚えています。



<ひらがな>

 げんこうが おこって かまくら ばくふが よわり、あたらしい ばくふが せいりつ しました。1333のことでした。

 「むろまち」「あしかが・たかうじ」などの。とくに がいこくの ひとに とっては、よみの むずかしい れきし ようごも おぼえて います。

授業風景 (97) 音楽

画像1
 CDで『蛍の光』を聞いています。バグパイプの演奏、吹奏楽の伴奏にコーラスが合わせた曲、ベートーベンが編曲したドイツ語の歌もありました。初めて聞くものばかりで、珍しさにびっくりしながらも、鑑賞を楽しんでいました。

 来年は卒業式で「蛍の光」を歌えるようになればいいな、と思います。

 左上は準備運動をしている写真です。



<ひらがな>

 CDで 『ほたるの ひかり』を きいています。バグパイプの えんそう、すいそうがくの ばんそうに コーラスが あわせた きょく、ベートーベンが へんきょくした ドイツごの うたも ありました。はじめて きく もの ばかりで、めずらしさに びっくり しながらも、かんしょうを たのしんで いました。

 らいねんは そつきょうしきで 「ほたるの ひかり」を うたえるように なれば いいな、おもいます。

 ひだり うえは じゅんび うんどうを している しゃしんです。

授業風景 (96) 美術

画像1
 最後の土偶人が完成し、全員分がそろいました。

 どれも個性が強く出ている、素晴らしい作品です。

 残りの時間は、塗り絵をしました。色とりどりの四季の花や、風物なとが描かれている、きれいな和柄の絵です。

 大人になったら塗り絵からは遠ざかってしまいがちですが、熱心に取り組んで、きれいな作品に仕上がっています。



<ひらがな>

 さいごの どぐうが かんせいし、ぜんいんぶんが そろいました。

 どれも こせいが つよく でている、すばらしい さくひんです。

 のこりの じかんは、ぬりえを しました。いろ とりどりの しきの はなや、ふうぶつ なとが かかれている、きれいな わがらの えです。

 おとなに なったら ぬりえからは とおざかって しまい がちですが、ねっしんに とりくんで、きれいな さくひんに しあがって います。

授業風景 (95) 家庭科

画像1
 布巾を色の着いた糸で刺しゅうしています。

 今年度の最後の授業なので、続きは4月から再開します。学年にとらわれずに授業を続けることができるのは、夜間学級の特徴の1つです。

 また頑張りましょう。



<ひらがな>

 ふきんを いろの ついた いとで ししゅう しています。

 こんねんどの さいごの じゅぎょうなので、つづきは 4がつから さいかいします。がくねんに とらわれずに じゅぎょうを つづける ことが できるのは、やかん がっきゅうの とくちょうの ひとつです。

 また がんばりましょう。

授業風景 (94) 国語

画像1
 「5人以下」「タクシーに乗る」など、日頃よく使う言葉を、漢字やカタカナを混ぜながら、書く練習をしています。「いっしょうけんめい」など、難しい言葉は意味も同時に覚えていきます。

 もう1つのクラスは、書写で「いろは歌」を練習しています。書写は今日が最後の授業になりました。



<ひらがな>

 「5にん いか」「タクシーに のる」など、 ひごろ よく つかう ことばを、かんじや カタカナを まぜながら、かく れんしゅうを しています。「いっしょうけんめい」など、 むずかしい ことばは いみも どうじに おぼえて いきます。

 もう ひとつの クラスは、しょしゃで 「いろはうた」を れんしゅう しています。しょしゃは きょうが さいごの じゅぎょうに なりました。

授業風景 (93) 体育

画像1画像2
 暖かくなってきました。つい先日までは、暗くなったら寒くて震えていたのですが、春が訪れたようです。

 体育では週に一度の軽い運動をして、手足の曲げ伸ばしや、腰や背筋などの普段使わない筋肉を伸ばしています。

 日頃はやや運動不足なので、気持ちよく感じる人も多いようです。

 体操の合間では健康に関する相談などもしています。花粉症がひどくて、目や鼻がとても辛いと訴えるひともいました。


<ひらがな>
 
 あたたく なって きました。つい せんじつまでは、くらく なったら さむくて ふるえて いたのですが、はるが おとずれた ようです。

 たいいくでは しゅうに いちどの かるい うんどうを して、てあしの まげ のばしや、こしや せなか などの ふだん つかわない きんにくを のばして います。

 ひごろは やや うんどう ぶそくなので、きもち よく かんじる ひとも おおいようです。

 たいそうの あいまでは けんこうに かんする そうだんなども しています。かふんしょうが ひどくて、めや はなが とても つらいと うったえる ひとも いました。

授業風景 (92) 理科

画像1
 使い捨てカイロと、小豆カイロが発熱するしくみを勉強しました。

 使い捨てカイロの中味を取り出して、鉄の粉が酸素と結び付く様子を、温度計で測りながら観察しました。

 次に電子レンジで小豆を温め、カイロとして使いました。

 電子レンジでは内部でマイクロ波という電波のようなものが発生します。マイクロはが小豆に含まれる水分を振動させることで、熱が発生します。

 お面のように当てている写真は、小豆を温めて顔マスクにしたものです。



<ひらがな>

 つかいすて カイロと、あずき カイロが はつねつ する しくみを 勉強しました。

 つかいすて カイロの なかみを とりだして、てつの こなが さんそと むすびつく ようすを、おんどけいで はかりながら かんさつしました。

 つぎに でんし レンジで あずきを あたため、カイロとして つかいました。

 でんし レンジでは ないぶで マイクロは という でんぱの ようなものが はっせいします。マイクロはが あずきに ふくまれる すいぶんを しんどうさせる ことで、ねつが はっせいします。

 おめんのように あてている しゃしんは、あずきを あたためて かおマスクに した ものです。

卒業式

画像1
 金曜日に卒業式を終え、卒業生3名が本校を去りました。「もっと学習したい」という気持ちを残しての、旅立ちになりました。

 校長先生からは、パラリンピックの創始者である、グッドマンというドイツの医学者の言葉を紹介していただきました。

 「失われたものを数えるな。残されたものを大切に生かせ。」

 新型コロナで授業や行事が次々と中止になった1年でしたが、学んできたことを糧に、これからの生活を豊かにしてください。

 お元気でお過ごしください。



<ひらがな>

 きんようびに そつぎょうしき そつぎょうしきを おえ、そつぎょうせい 3めいが ほんこうを ほんこうを さりました。「もっと がくしゅうしたい」 という きもちを のこしての、たびだちに なりました。

 こうちょう せんせいからは、パラリンピックの そうししゃである、グッドマン という ドイツの いがくしゃの ことばを しょうかいして いただきました。

 「うしなわれた ものを かぞえるな。のこされた ものを たいせつに いかせ。」

 しんがた コロナで じゅぎょうや ぎょうじが つきつぎと ちゅうしに なった 1ねん でしたが、まなんで きた ことを かてに、これからの せいかつを ゆたかに してください。

 おげんきで おすごしください。

授業風景 (91) 家庭科

画像1
 布巾を縫っているところです。

 白い布の下にデザインの見本を敷いて、上からなぞっています。下絵が描けたら刺しゅう糸で色を着けていきます。

 今日は入学希望の人が、見学で授業を受けました。刺し子用の黒い布を渡されました。4月から続きをするのを楽しみにして帰りました。



<ひらがな>

 ふきんを ぬって いるところです。

 しろい ぬのの したに デザインの みほんを しいて、うえから なぞって います。したえが かけたら ししゅう いとで いろを つけて いきます。

 きょうは にゅうがく きぼうの ひとが、けんがくで じゅぎょうを うけました。さしこようの くろい ぬのを わたされました。4がつから つづきを するのを たのしみに して かえりました。

ほけんだより 夜間学級 3月 ※2月

明日はいよいよ卒業式です。
お天気が心配ですが、いい式が行われように職員一同で準備しています。
※2月の「ほけんだより」をUPするのを忘れていたので一緒にUPします!

〜ひらがな〜
あしたは いよいよ そつぎょうしきです。
おてんきが しんぱいですが、 いいしきが おこなわれるように しょくいん いちどうで じゅんび しています。
※2がつの 「ほけんだより」を あっぷするのを わすれていたので いっしょに あっぷします!

画像1
画像2
画像3

授業風景 (90) 国語

画像1画像2
 書写をしました。

 まずは筆おろしからです。今日初めて書写の授業を受ける人は、新品の筆を使いました。指で毛先を柔らかくしている写真です。

 もう1枚は、今週末に卒業を控えている生徒さんの様子です。「ろ」の文字が意外と難しいのですが、きれいな文字が書けました。



<ひらがな>

 しょしゃを しました。

 まずは ふでおろし からです。きょう はじめて しょしゃの じゅぎょうを うける ひとは、しんぴんの ふでを つかいました。ゆびで けさきを やわららかく している しゃしんです。

 もう 1まいは、こんしゅう まつに そつぎょうを ひかえている せいとさんの ようすです。「ろ」の もじが いがいと むずかしいのですが、きれいな もじが かけました。

授業風景 (89) 数学

画像1
 方程式に取り組んでいます。

 移項したり、分母をはらったりと、式を正しく変形させることに苦心しています。

 でも、少しずつ感覚をつかみました。



<ひらがな>

 ほうていしきに とりくんでいます。

 いこう したり、ぶんぼを はらったりと、しきを ただしく へんけい させる ことに くしん しています。

 でも、すこしずつ かんかくを つかみました。

授業風景 (88) 理科

画像1
 使い捨てカイロが 温かくなる 仕組みを 勉強しました。

 使い捨てカイロの中味は鉄の粉の他に、食塩や活性炭、バーミキュライトなどが材料になっています。

 鉄が酸素と結び就くことで発熱します。これを酸化といいます。食塩は酸化を助けるため、活性炭は空気を保持するため、バーミキュライトは水分を保持するために使われます。

 日常の生活を、理科の授業では実物を手にしながら確認していきます。



<ひらがな>

 つかいすて カイロが あたたかくなる しくみを べんきょうしました。

 つかいすて カイロの なかみは てつの こなの ほかに、しょくえんや かっせいたん、バーミキュライト などが ざいりょうに なっています。

 てつが さんそと むすびつく ことで はつねつします。これを さんかと いいます。しょくえんは さんかを たすけるため、かっせいたんは くうきを ほじするため、バーミキュライトは すいぶんを ほじするために つかわれます。

 にちじょうの せいかつを、りかの じゅぎょうでは じつぶつを てにしながら かくにんして いきます。

卒業生を送る会

画像1
 卒業生を送る会を開きました。

 今週末には卒業式を迎えます。今年はコロナの影響で、授業の時間を十分に取れなくて、特に卒業生にとっては最後の1年が残念な形で終わろうとしています。

 しかし、過ぎ去った後でそれがプラスに変わることを願っています。

 校長先生、在校生の代表のことばの後で、3人の卒業生から挨拶がありました。

 「体に気をつけてください」「ありがとうございました」とのメッセージでした。

 写真は、思い出のスライドを見ている場面と、記念品を渡す場面です。




<ひらがな>

 そつぎょうせいを おくる かいを ひらきました。

 こんしゅう まつには そつぎょうしきを むかえます。ことしは コロナの えいきょうで、じゅぎょうの じかんを じゅうぶんに とれなくて、とくに そつぎょうせいに とっては さいごの 1ねんが ざんねんな かたちで おわろうと しています。

 しかし、すぎ さった あとで それが プラスに かわることを ねがっています。

 こうちょう せんせい、ざいこうせいの だいひょうの ことばの あとで、3にんのそつぎょうせいから あいさつが ありました。

 「からだに きを つけて ください」「ありがとう ございました」との メッセージでした。

 しゃしんは おもいでの スライドを みている ばめんと、きねんひんを わたす ばめんです。

授業風景 (87) 音楽

画像1
 家で一人で歌の練習をする時は、小さな声で、音色だけに気を付けると良いと教えてもらいました。

 久しぶりに声を出す時に、力を入れてがんばると、のとが硬くなります。小さい声だと、のどが広がって、きれいな声が出るようです。

 今日は「ふるさと」「赤とんぼ」を歌いました。



<ひらがな>

 いえで ひとりで うたの れんしゅうを する ときは、ちいさな こえで、ねいろだけに きを つけると よいと おしえて もらいました。

 ひさしぶりに こえを だす ときに、ちからを いれて がんばると、のとが かたくなります。ちいさい こえだと、のどが ひろがって、きれいな こえが でるようです。

 きょうは 「ふるさと」「あか とんぼ」を うたいました。

授業風景 (86) 美術

画像1
 土偶が完成しました。今日の授業で、最後の人が金属がさびた感じの色合いを出す塗料を塗り、みがきを入れました。

 見た目はずっしりと重そうなのですが、実は発砲スチロール並みに軽いので、持ち帰りは簡単です。

 部屋にインテリアとして飾ったり、玄関に魔除けとして置いたりと、いろいろ考えています。



<ひらがな>

 どぐうが かんせい しました。きょうの じゅぎょうで、さいごの ひとが きんぞくの さびた かんじの いろあいを だすす とりょうを ぬり、みがきを いれました。

 みためは ずっしりと おもそうなのですが、じつは はっぽう スチロール なみに かるいので、もちかえりは かんたんです。

 へやに インテリアとして かざったり、げんかんに まよけとして おいたりと、いろいろ かんがえています。

作品交流会

画像1
 今年は新型コロナの影響で、残念ながら連合作品展が中止になりました。

 そこで各学校が出品する予定にしていた作品の画像を、DVDに編集して配布しました。

 つい立てに貼ってある写真が、各校の作品です。

 本校の作品は実物を展示して、見学しています。

 来年度は行事が復活することを願っています。


<ひらがな>

 ことしは しんがた コロナの えいきょうで、ざんねん ながら れんごう さくひんてんが ちゅうしに なりました。

 そこで かく がっこうが しゅっぴんする よていに していた さくひんの がぞうを、DVDに へんしゅうして はいふしました。

 ついたてに はって ある しゃしんが、かくこうの さくひんです。

 ほんこうの さくひんは じつぶつを てんじして、けんがくして います。

 らいねんどは ぎょうじが ふっかつする ことを ねがっています。

文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31