防災ALT 学習会

 7月の西日本豪雨災害で被害の大きかった岡山県倉敷市真備町にボランティアに行ってこられた小野先生のお話を聞かせていただきました。
被災地の現状、ボランティアの参加の仕方、私たちにもできる被災地支援…支援することを身近に感じられるお話で防災ALTのメンバーの多くが自分にできる支援を考える機会となりました。

<感想を一部紹介します!>
・雨でこんなひどい被害になると思わなかったのでびっくりしました。

・3ヶ月も前のことなのに、未だにたくさんの支援が必要なんだと知りました。そして、3ヶ月前の災害に300人ボランティアの方々が行かれていることに人のあたたかみを感じました。でもそれでも足りないということなので、私は実際にボランティアには行けないけれど募金など防災ALTの活動で支援できることがあればやってみたいと思いました。

・西日本豪雨災害から3ヶ月経った現在、災害が今もなお日本各地で起きていて、その分ボランティアの数が減っている。そしてまだ復興が完全にできていないことに驚きました。私はもう過ぎ去ったことを忘れてしまっていましたが、私が見てない場所で苦しんでいる方々がたくさんいることを知りました。今日のお話を聞いて次旅行に行くときは絶対に岡山に行きたいなと思いました。さすがに私はまだ子どもであり、ボランティアはできそうにないので、少しでも復旧のお手伝いができるのであれば、旅行にだけでも行きたいなと思いました。

これからも防災ALTはしっかりとお話を「聞く」、自分で「考える」、今後の活動に活かして「行動」していきます。

画像1 画像1

かまどベンチ 2段目完成

画像1 画像1
画像2 画像2
放課後、防災ALTの「かまど担当2班」を中心に2段目を作りあげました。
1段目をしっかりと作ってくれたおかげで、2段目は素早く作りあげることができました。この調子で完成までコツコツやり切りたいと思います。

防災ALT×生徒会

画像1 画像1
 9月に実施した西日本豪雨災害、北海道胆振東部地震で被災された方への支援募金を送金してきました!募金期間終了後にもご協力いただき、合計で16960円を送ることができました。皆さん本当にありがとうございました。
被災された方々を思いこれからも私たちにできることを考え行動していきましょう。

かまどベンチ作り3

画像1 画像1
画像2 画像2
こねたセメントを土台に敷いて、レンガを組みます。
セメントが乾いてしまうので急いで作業。


一段目が出来上がりました。


かまどベンチ作り2

画像1 画像1
画像2 画像2
レンガを水に浸して下準備。

セメントもこねます。

かまどベンチ作り

画像1 画像1
画像2 画像2
「かまどベンチ」の2基目は、防災ALTの子どもたち中心に作成。
本日午後からPTAの保護者の方々にも手伝っていただき、作成に取りかかりました。
レンガをどのようにして組むのか、図案を書いて長さを測り、みんなで協力してレンガの一段目を作ることができました。

二基目は手作り感あふれる、気持ちのこもったベンチになればいいなと思います。

防災学習会4

画像1 画像1
画像2 画像2
「段ボールベッド」と「避難スペース」の組み立てです。
子どもたちだけで考えながら組み立てることができました。
完成した段ボールベッドに座ってみたり、避難スペースの中に入ることができたのも貴重な体験でした。

防災学習会3

画像1 画像1
画像2 画像2
空き缶を使っての「ランタン作り」の様子です。

防災学習会2

画像1 画像1
画像2 画像2
今後作られる2つ目の「かまどベンチ」のレンガにメッセージを書きました。
防災に対する思いだけでなく、一人ひとりの前向きな気持ちが込められています。

防災学習会1

画像1 画像1
画像2 画像2
保護者や地域の方々にも参加していただき、本日「防災学習会」を行いました。

「いざというときに備えて」学びを深める。多くの人とのかかわりをもつ。中学生は自分たちで力を合わせて行動する。という多くの目的のもと、いろいろな活度を行いました。

天候が心配される中でしたが、最近完成したばかりの「かまどベンチ」も使用し美味しいカレーをつくることもできました。その他、多くの活動の中で子ども同士、子どもと大人が積極的に関わり、共に学びを深めることができたのではないかと思います。

白鷺プラス防災 生徒会×防災ALT

西日本豪雨災害・北海道胆振東部地震で被災された方々への支援募金が
15600円集まりました。
生徒会と防災ALTがコラボした取組に、全校生徒の皆さんの協力があり4日間、朝の短い時間にもかかわらずこんなにもたくさんの募金があつまりました。
本当にありがとうございました。
まだ、募金したい方は防災担当の先生までお願いします!


画像1 画像1

白鷺プラス防災 生徒会×防災ALT

画像1 画像1
 西日本豪雨災害・北海道胆振東部地震で被災された方々への支援活動として募金活動を実施しています。 

 :9月20日(木)21(金)
 :8:10〜8:20
 :正門付近

皆さん、ご協力お願いします!!

画像2 画像2

白鷺プラス防災 募金活動

生徒会×防災ALT
大きな自然災害が身近で起こり災害に備えることの大切さを実感している人もたくさんいるとおもいます。災害により被害にあわれた方々は大変な思いをしておられます。
私たちにできるがあります。
「考える」⇒「行動する」生徒会と防災ALTは行動します!
防災ALTからの提案で、生徒会の皆さんと協力し合って西日本豪雨災害・北海道胆振東部地震で被害にあわれた方への支援活動として募金活動を実施することになりました。
生徒の皆さん、保護者の皆様ご協力お願いします。

募金期間:9月18日(火)〜21(金)
  時間:8:10〜8:20
  場所:正門付近


育和小学校 防災出前授業「考える」

防災は、他人ごとではありません。
誰かにまかせていては自分の命も大切な人の命も守ることはできません。
皆さんが今できる防災を考えてみてください。
小学生のみなさんもしっかりと考えてくれました!

画像1 画像1

育和小学校 防災ALT出前授業

画像1 画像1
画像2 画像2
白鷺プラス防災!「つながり」をつくる出前授業。
9月14日(金)に育和小学校の6年生対象に防災出前授業を実施しました。小学生の皆さんに防災を考えてもらうきっかけになればと準備をすすめてきました。劇の台本つくり、クイズのポスター描き…司会もすべて防災ALTのメンバーで行いました。5月の今川小学校への出前授業では見学だけだった防災ALTの1年生のメンバーも劇やクイズに参加し、クロスロードゲームでもリーダー役としてしっかりと活動することができました。急きょ、役割を変更したりもありましたが協力して乗り切ることができしっかりと小学生のみなさんに思いを伝えることができたと思います。

小学生の皆さんも積極的に授業に参加してくれていてあっという間の1時間でした。最後に3年生から「白鷺中学校に入学したらぜひ防災ALTに入って活動してください。」とアピールがありました。
6年生のみなさんが入学する日を待っています!

第1回 避難訓練

画像1 画像1
本日、3時間目に地震と津波を想定した避難訓練を行いました。

地震が起きたらすぐに身をかがめ、頭を守る。
地震による津波が起きた場合は、すぐに高い場所に避難するという動きの確認をスムーズに行うことができました。

その後、放送で1年生の防災ALT2名の活動報告がありました。防災ALTの活動を通して「いざという時に自分も何かの役に立つことのできる人になりたい」という思いの伝わる報告でした。



災害はいつどこで起こるかわかりません。
「正しく恐れ、正しく備えておく」ことが大切です。

災害は起こってしまった後では、本当に何もできません。
起こる前に真剣に考え、できる準備をしておくことが「最大の備え」になります。
ぜひ、この機会にご家庭でもできることを話していただきたいです。

また、災害時には普段の人との関わりで助かる場面が多くあります。
自分の周りの人との関わりを大切に過ごすことも備えの一つになります。



普段からの備えをしっかりとし、自分のいのちを大切に輝かせよう!!
いざという時に周りの人を助けることのできる人になろう!!
そのために普段の人との関わりを大切にして、絆を深めよう!!



白鷺プラス防災 「かまどベンチ」

 調理室前の廊下を歩いていて気がついている人もいると思いますが、藤棚の近くに立ち入り禁止の案内があります。その先を見ると作業途中の四角く囲まれた場所が2つ、災害時は炊き出し用のかまどとして使用し、普段はベンチとして使える防災かまどベンチの製作が始まりました。
管理作業員さんが、他の業務もお忙しい中、作業にあたってくださっています。ありがとうございます!
白鷺ナイトウォークの日に実施する防災学習会で炊き出し訓練で使う予定です。皆さん、白鷺ナイトウォーク、防災学習会に参加して一緒に活動しましょう。防災ALT以外の人も参加できます。
画像1 画像1

防災でつながる 白鷺中×Jパックス株式会社

段ボールベッドのことを調べたいとネット検索、Jパックス株式会社のHPに…大阪府八尾市にあるJパックス株式会社の代表取締役 水谷 善浩様との出会いです。
「避難所の風景を変えたい」とプレゼンテーションしておられる水谷様の動画に釘付けになりました。会社へ訪問させていただき実際に水谷様にお会いし、イタリアと日本の災害時の避難所開設、支援体制の違い、震災後の震災関連死の実態などお話いただきました。白鷺中の生徒にも聞いてほしいと強く感じました。

避難所・避難生活学会の理事・事務局として活動し、お忙しくしておられる中ですが、白鷺中でのご講演をお願いしてきました。企業として、災害時の避難所・避難生活を考え「暖段はこベッド」(段ボールベッド)を通して被災地を支援し、防災活動を続けておられる水谷様からのお話は、新しい視点での防災の学びとなるはずです。
「未来の大人」=「中学生」のみなさんが、避難所の風景を変えるのです!

画像1 画像1 画像2 画像2

子ども防災夏季研修会

夏休み終わりを目前に大阪市の中学校6校総勢70人程が集まり
講演を聞きました。

東日本大震災当時、高校の教頭として実際に避難所運営にあたった経験、
今の子どもたちに伝えるべき「防災としての教育」を講演していただき
日頃の学校教育では伝えきらない大切な事をあたたかい力強いお言葉で
話をしていただきました。

また、それぞれの学校に持ち帰りこらからの未来へつなげるため、伝えていけたらと
生徒たちの目が輝いていました。
画像1 画像1

防災ALT 全体会議〜〜三者会議

 終業式の後、防災ALT全体会議を行いました!夏休みの大きな取組として子ども防災夏季研修会があります。主催校としてしっかりと役割を果たせるよう頑張ります!

防災ALT3年生のリーダーが三者会議に出席し、積極的に意見を発表しました。大きな災害が起きた時に大切な「共助」の力を高めるためには、団活動で積極的にタテのつながり、絆を深めることが大切だと伝えていました。
会議の後、「会議に向けてもっとみんなに聞いておけば良かった。」と…発信することの大切さを実感した会議になりました。
校長先生からのお話の中で「中学校が避難所になったら、避難所運営する時には、三者会議のメンバーが協力してくれるはず!」とお話していただきました。今日の三者会議は白鷺プラス防災 「三者会議+防災」にもなったと思います。
技術室前のひまわりが次々に花を咲かせています。しっかりとまっすぐに伸びた茎の先に咲くひまわりは白鷺中生の笑顔のようです!

画像1 画像1
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
行事予定
10/21 中文連総文祭(住吉区民センター)
10/22 (50×6+45×1)授業開始8:45 終了16:00 午前中笑育発表会(1234時間目総合)
10/24 2年携帯安全教室(56限)
10/26 (50×4)給食あり  学校公開2(4限11:50〜12:40) 学校説明会12:50〜13:20(会議室) 学校徴収金振替納入日

お知らせ

行事

1年

2年

3年

進路情報

事務室

学校評価