この度、本校のキャリア教育の取組について、【キャリア教育優良学校】として文部科学省より表彰を受けました。ありがとうございます。

白鷺プラス防災 全校集会

 全校生徒が、時間を守って集合・整列し集会を実施することができました。これは白鷺プラス防災「全校集会」は共助の力を高めます。
生徒・教職員合わせて約600名が校内で生活をする白鷺中学校は一人ひとりがよく考え、行動することが大切です。
災害はいつ何時おこるかわかりません。一人一人の判断・行動が重要です。
防災ALTからお知らせがあったように、2月に予告をしない避難訓練を実施します。本日、防災ALTが作成したお知らせが配布されます。そちらもよく読んで「もしもの時には自分は…」想像力を働かせて自分の命を守る行動がとれるようにしましょう。
画像1 画像1

3年防災ALT お別れ会

画像1 画像1
本日の防災ALTの活動をもって、三年生は引退となります。
最後に一人ひとりから一・二年生に、今までの活動を振り返っての思い・後輩に伝えたいことなどを話してもらいました。

・日頃の備えが命を守ることにつながると思った、これからも伝えていきたい。
・防災の活動を通していろいろなことを体験できてよかった。
・防災リーダーになって責任感をもつことができた。
・活動をするうちに関心が高まり、命の大切さ・災害の恐ろしさがわかった。
・やりがいのある活動だから、これからはみんなで白鷺中学校を引っ張ってほしい。
・想像以上に学ぶことが多くて、人間的に成長できた。


三年生はみんな一生懸命で前向きに楽しく活動してくれました。
その後ろ姿をみて、きっと一二年生は思いをつないでくれます。
本当にお疲れ様でした、そしてありがとう。


白鷺プラス防災 1・17家族と話そう

 阪神淡路大震災から24年が経ちました。今日は各地で鎮魂の祈りが捧げられています。神戸市の東遊園地は竹灯籠で「1995 つなぐ 1・17」の文字がかたどられ阪神淡路大震災1・17のつどいが開催されました。
東遊園地には「1・17希望の灯り」モニュメントが設置されており碑文に次のような文字が刻まれています。

    1995年1月17日 午前5時46分 阪神淡路大震災
    震災が 奪ったもの
    命 仕事 団らん
    街並み 思い出
    ‥たった1秒先が予知できない人間の限界‥
        
    震災が 残してくれたもの
    やさしさ 思いやり 絆 仲間
    この灯りは 奪われた すべての命と 
    生き残った 私たちの思いを むすびつなぐ

    堀内 正美 

今日は、阪神淡路大震災について話をしてください。
あの日を「つなぐ」活動になります。 


画像1 画像1

1・17 防災教育講演会

画像1 画像1
「災害と向き合う」
諏訪清二先生をお招きして全校生徒対象に防災教育講演会を実施しました。
諏訪先生は元兵庫県立舞子高校の環境防災科の初代科長を務められ2017年からは防災学習アドバイザー・コラボレーターとして防災教育の担い手を育てるための活動をされています。
阪神淡路大震災、東日本大震災、過去の災害からの学びをわかりやすくお話いただき、南海トラフ巨大地震に備えて私たちはどんな備えをすれば良いのかを教えていただきました。
知っておきたい防災の基礎のお話の中に「得意技と防災」「夢と防災」中学生の皆さんが今得意なことは災害時に必ず役に立ち、皆さんの夢は防災に必要なのだと励ましていただきました。
講演後の教室でのまとめでは感想の他に、「災害に備えて、自分ができること」「これからの学校生活の中でがんばりたいこと」を書いてもらいました。

★2年生のまとめより抜粋★
・どんな夢でも災害の役にたつことを知ったので夢をかなえるために努力していきたいです。
・近所の人と仲良くなっておく。
・自分のいまできることを伸ばす。今日の話をいろんなひとに話す。
・みんながしないような雑用を進んでしたい。
・地震が起きた時に、避難所で自分の特技が生きると知ったので自分の特技を増やすことをがんばりたい。
・自分の夢で誰かを助けられるように頑張る。
・すべての仕事が役に立つといっていたので自分の得意を生かし、人を助ける事ができる仕事につけるように勉強をしようと思った。
・身近なひとたちとあいさつをして顔なじみを作ろうと思いました。困った時に助け合うことができる人がいることは心強いし大切なことだと思いました。

防災を学ぶことは、身を守る技術を身につけるだけでなく、自分の命、家族や友だちの命を大切にし、「生きることを学ぶ」ことにつながります。
これからも一つ一つの学び大切にしましょう。

青団×白鷺プラス防災

3学年そろっての最後の団集会でした。
1年生から3年生へ阪神淡路大震災に由来する「はるかのひまわり」の種のプレゼントがありました。このひまわりは1年生の防災ALTのメンバーが種を植え、毎日水やりをして取れた種です。団の1年生が先日の防災土曜授業で袋詰めをして、一人一人がメッセージを書いてくれました。「いのちを大切にする」「つながりを大切にする」白鷺中学校で学んだことを忘れずいてほしいという願いを込めた種のプレゼントです。
1年生の皆さん、温かいメッセージをありがとう〜〜!
3年生の皆さん、ひまわりをぜひ育ててください!
画像1 画像1

白鷺プラス防災手帳

 防災ALTのメンバーでアイデアを出し合い「白鷺プラス防災手帳」を作成しました。3年生は11/15、1・2年生は12/1の防災土曜授業の時に配布しています。
災害が起きた時の身の守り方、普段の備え、避難集合場所や家族の連絡先を記入でき、折りたたんで生徒手帳に入るサイズにしています。
手帳を見ながら家族で防災について話し合ってみてください!
画像1 画像1

かまどベンチ完成!

画像1 画像1
画像2 画像2
本日は、「かまどベンチ」の座る部分をネジでつなぎ合わせていく作業をしました。

コツコツと作ってきた「かまどベンチ」の完成間近とあって、防災ALTの生徒たちもワクワクしながら作業をしていました。

普段はみんなの憩いの「ベンチ」として、非常時には「かまど」として使用します。

みんなの想いが込もったベンチ、ぜひ一度見ていただけたらと思います。

かまどベンチ 3段目!

画像1 画像1
画像2 画像2
かまどベンチも3段目に突入です。

3段積むと「かまど」らしくなってきました。

防災ALTの生徒たちもだんだんと作業が手馴れてきたようで、楽しく取り組むことができました。

あと2段、頑張ります!!

防災ALT 学習会

 7月の西日本豪雨災害で被害の大きかった岡山県倉敷市真備町にボランティアに行ってこられた小野先生のお話を聞かせていただきました。
被災地の現状、ボランティアの参加の仕方、私たちにもできる被災地支援…支援することを身近に感じられるお話で防災ALTのメンバーの多くが自分にできる支援を考える機会となりました。

<感想を一部紹介します!>
・雨でこんなひどい被害になると思わなかったのでびっくりしました。

・3ヶ月も前のことなのに、未だにたくさんの支援が必要なんだと知りました。そして、3ヶ月前の災害に300人ボランティアの方々が行かれていることに人のあたたかみを感じました。でもそれでも足りないということなので、私は実際にボランティアには行けないけれど募金など防災ALTの活動で支援できることがあればやってみたいと思いました。

・西日本豪雨災害から3ヶ月経った現在、災害が今もなお日本各地で起きていて、その分ボランティアの数が減っている。そしてまだ復興が完全にできていないことに驚きました。私はもう過ぎ去ったことを忘れてしまっていましたが、私が見てない場所で苦しんでいる方々がたくさんいることを知りました。今日のお話を聞いて次旅行に行くときは絶対に岡山に行きたいなと思いました。さすがに私はまだ子どもであり、ボランティアはできそうにないので、少しでも復旧のお手伝いができるのであれば、旅行にだけでも行きたいなと思いました。

これからも防災ALTはしっかりとお話を「聞く」、自分で「考える」、今後の活動に活かして「行動」していきます。

画像1 画像1

かまどベンチ 2段目完成

画像1 画像1
画像2 画像2
放課後、防災ALTの「かまど担当2班」を中心に2段目を作りあげました。
1段目をしっかりと作ってくれたおかげで、2段目は素早く作りあげることができました。この調子で完成までコツコツやり切りたいと思います。

防災ALT×生徒会

画像1 画像1
 9月に実施した西日本豪雨災害、北海道胆振東部地震で被災された方への支援募金を送金してきました!募金期間終了後にもご協力いただき、合計で16960円を送ることができました。皆さん本当にありがとうございました。
被災された方々を思いこれからも私たちにできることを考え行動していきましょう。

かまどベンチ作り3

画像1 画像1
画像2 画像2
こねたセメントを土台に敷いて、レンガを組みます。
セメントが乾いてしまうので急いで作業。


一段目が出来上がりました。


かまどベンチ作り2

画像1 画像1
画像2 画像2
レンガを水に浸して下準備。

セメントもこねます。

かまどベンチ作り

画像1 画像1
画像2 画像2
「かまどベンチ」の2基目は、防災ALTの子どもたち中心に作成。
本日午後からPTAの保護者の方々にも手伝っていただき、作成に取りかかりました。
レンガをどのようにして組むのか、図案を書いて長さを測り、みんなで協力してレンガの一段目を作ることができました。

二基目は手作り感あふれる、気持ちのこもったベンチになればいいなと思います。

防災学習会4

画像1 画像1
画像2 画像2
「段ボールベッド」と「避難スペース」の組み立てです。
子どもたちだけで考えながら組み立てることができました。
完成した段ボールベッドに座ってみたり、避難スペースの中に入ることができたのも貴重な体験でした。

防災学習会3

画像1 画像1
画像2 画像2
空き缶を使っての「ランタン作り」の様子です。

防災学習会2

画像1 画像1
画像2 画像2
今後作られる2つ目の「かまどベンチ」のレンガにメッセージを書きました。
防災に対する思いだけでなく、一人ひとりの前向きな気持ちが込められています。

防災学習会1

画像1 画像1
画像2 画像2
保護者や地域の方々にも参加していただき、本日「防災学習会」を行いました。

「いざというときに備えて」学びを深める。多くの人とのかかわりをもつ。中学生は自分たちで力を合わせて行動する。という多くの目的のもと、いろいろな活度を行いました。

天候が心配される中でしたが、最近完成したばかりの「かまどベンチ」も使用し美味しいカレーをつくることもできました。その他、多くの活動の中で子ども同士、子どもと大人が積極的に関わり、共に学びを深めることができたのではないかと思います。

白鷺プラス防災 生徒会×防災ALT

西日本豪雨災害・北海道胆振東部地震で被災された方々への支援募金が
15600円集まりました。
生徒会と防災ALTがコラボした取組に、全校生徒の皆さんの協力があり4日間、朝の短い時間にもかかわらずこんなにもたくさんの募金があつまりました。
本当にありがとうございました。
まだ、募金したい方は防災担当の先生までお願いします!


画像1 画像1

白鷺プラス防災 生徒会×防災ALT

画像1 画像1
 西日本豪雨災害・北海道胆振東部地震で被災された方々への支援活動として募金活動を実施しています。 

 :9月20日(木)21(金)
 :8:10〜8:20
 :正門付近

皆さん、ご協力お願いします!!

画像2 画像2
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
行事予定
1/23 3年学年末テスト1理2国 平成31年度新入生入学説明会(14:30〜)
1/24 1社2英
1/25 1数2保体 3年私立一斉出願   学校徴収金振替納入日
1/28 (50×6+45×1)授業開始8:45 終了16:00
1/29 (45×6)

お知らせ

行事

1年

2年

3年

進路情報

事務室

部活動

学校評価

学校協議会

動画