〜ようこそ、平野中学校ホームページに!!「平中生の今」を発信します。〜

同窓会の様子

本日、大阪市立平野中学校70周年記念同窓会が開催されました。
画像1 画像1

学校説明会の様子

本日、学校選択制にかかる学校公開・学校説明会を開催しました。
参加していただいた保護者の皆様には、ご多用な中、ありがとうございました。
画像1 画像1

本日の献立/10月18日(金)

画像1 画像1
献立名 ・タンタンめん
    ・れんこんのオイスターソース焼き
    ・みかん
    ・おさつパン、牛乳
栄養価 エネルギー 827kcal、たんぱく質32.8g、脂質 21.4g

☆タンタンめん(坦坦麺)☆
 タンタンめんは、中国四川省の成都が発祥といわれる麺料理で、麺の上に辛い味付けの挽肉やザーサイなどをのせて食べる料理です。これを天秤棒に材料や道具をぶら下げて担ぎ、売り歩いていたそうです。「坦坦」は成都の方言で天秤棒を意味することから「担担麺(たんたんめん)」と呼ばれるようになったそうです。
 日本の担担麺では一般的にスープが入っていますが、これは、陳健民という四川省出身の料理人が日本向けにアレンジして広めたもので、もともと担いで売り歩くということからも汁気のない麺料理で、四川省では今もこれが主流となっています。
 今日の給食では、チンゲンサイ、もやし、にんじんなどの野菜と中華麺を加えて味付けしたスープに、テンメンジャンやみそで味つけした挽肉をのせて食べるようにしています。

本日の献立/10月17日(木)

画像1 画像1
献立名 ・お好み焼き
    ・きゅうりの甘酢あえ
    ・豚汁
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 767kcal、たんぱく質26.6g、脂質 15.0g

☆お好み焼き☆
 お好み焼きは、大阪の食文化のひとつとして語られることがありますが、そのルーツは安土桃山時代にお菓子として食べられていた「麩の焼き(ふのやき)」ではないかといわれています。これは、水で溶いた小麦粉を鉄板で薄く焼いて、みそや砂糖を塗って巻物のように巻き、仏事用の菓子や、千利休が茶会の菓子として利用したといわれているものです。
 これが時代を経て、江戸時代に穀物を粉にして食べる文化が庶民の間にも広まり、いわゆる「粉もん」の一つとして発展していったようです。昭和の初めごろまでは、生地を薄く焼いて具材をのせる「重ね焼き」が主流でしたが、具材を混ぜ合わせる「混ぜ焼き」が主流になっていったようです。戦後には代用食としても利用され、お菓子として焼くよりも大きく焼くようになり、関西では食事やおかずの一つとして食べる文化が定着したようです。

本日の献立/10月16日(水)

画像1 画像1
献立名 ・ピリ辛丼
    ・中華スープ
    ・ソフト黒豆
    ・発酵乳
    ・牛乳
栄養価 エネルギー 797kcal、たんぱく質34.8g、脂質 17.3g

☆ソフト黒豆☆
 黒豆は表皮が黒色をした大豆で、中でも丹波黒大豆は「丹波黒」と呼ばれ、最高級の黒豆です。
 丹波黒は、兵庫県丹波地方が発祥で、粒が丸くて大きく、開花から成熟まで通常の黒大豆より1か月ほど長く、約100日かかるそうです。栽培の歴史ははっきりわかっていませんが、5代将軍綱吉の時代である1685年の書物に丹波の土産としての記録が残されているようです。
 今日の「ソフト黒豆」は、国内産の丹波黒大豆を使用し、砂糖と塩で柔らかく優しい味に仕上げ、袋詰めした製品です。

本日の献立/10月15日(火)

画像1 画像1
献立名 ・まぐろのオーロラ煮
    ・キャベツのゆずドレッシング
    ・ベーコンとじゃがいものスープ
    ・コッペパン、アプリコットジャム、牛乳
栄養価 エネルギー 881kcal、たんぱく質37.0g、脂質 27.0g

☆鮪(まぐろ)☆
 一般にマグロというのはマグロ属の魚の総称で、サバ科の仲間で大きく成長することから、大型サバ型魚類とも呼ばれます。マグロの仲間は代表的な回遊魚で、索餌(さくじ:餌を探し求めること)、産卵、越冬のために、熱帯域から温帯域、外洋部から沿岸部へと広範囲に異動します。紡錘形の体形は、海洋を高速で移動するのに適しています。
 国内で消費される主なマグロは、背側が黒いクロマグロ、体側とヒレが黄色い色をしたキハダ、目が大きいメバチ、鬢(びん:胸ビレ)が長いビンナガ、しりびれの後ろ側から尾びれにかけて細長いコシナガ、南半球にのみ生息するミナミマグロなどで、それぞれの特徴をとらえた名がつけられています。
 マグロ類は肉質で言うと代表的な赤味魚で、たんぱく質が25%以上含まれ、生鮮食品中では最高ランクです。血合肉の部分は味があまり良くないので、捨てられたり、ペットフードの原料にされたりしますが、ビタミン、鉄、タウリン、EPA、DHAなどが豊富に含まれています。冷凍や養殖による流通が多く、季節感はあまり感じられませんが、国産の天然ものでは、脂がのっておいしくなる10月ごろから冬場にかけてが旬となります。
 今日の給食では、から揚げにしたマグロに、ケチャップ、砂糖、みそでつくったたれをからませて、オーロラ煮としています。

2年生調理実習

2年生の調理実習の様子です。
焼き餃子を作っています。
いい音といい匂いがしてきます。
画像1 画像1

部活動練習風景

画像1 画像1 画像2 画像2
本日で中間テストが終了し、部活動の練習が再開されました。文化部も運動部も頑張っています。

台風19号接近について

台風19号の接近について、大阪管区気象台から次のような説明が行われました。

(気象台説明概要)
今回の台風は、12日に非常に強い勢力で西日本から東日本に接近し、上陸するおそれあり。
(1)台風が大阪府に最も接近するのは、12日昼過ぎから夕方の見込み。
(2)台風が接近する12日は、大雨となる見込み。
(3)台風の接近により11日夕方から13日にかけて強風、高波のおそれ。12日は暴風、高波に警戒。
(4)大気の状態が非常に不安定となる見込み。竜巻などの激しい突風や落雷のおそれ。

生徒の皆さんには、不要不急の外出を避け、安全に過ごしてください。

中間テスト2日目

中間テスト2日目、みんな真剣に取り組んでいます。
がんばれ!
画像1 画像1

普通救命講習2(校内研修)

後半は、場面設定をして、アクションカードを用いたロールプレイ形式で講習を行いました。実際に事故が起きたり、急病人が発生したときには素早く適切な対処が必要なことを学びました。また、チームで動くことの大切さも学びました。
画像1 画像1
画像2 画像2

普通救命講習1(校内研修)

本日は校内研修として、普通救命講習1を実施しました。前半は心肺蘇生法とAEDの使用方法について講義形式で学びました。その後は、それぞれのグループに分かれ、実技講習を行いました。
画像1 画像1
画像2 画像2

中間テスト1日目

中間テスト1日目、頑張ってテスト問題に取り組んでいます。
画像1 画像1

本日の献立/10月8日(火)

画像1 画像1
献立名 ・さんまのさんしょう焼き
    ・高野どうふの煮もの
    ・すまし汁
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 809kcal、たんぱく質30.0g、脂質 25.3g

☆さんま(秋刀魚)☆
 日本で食用とされるサンマは、主に北太平洋と日本海で獲れる種類で、北太平洋サンマと呼ばれています。地方によって多くの呼び名があり、新潟ではバンジョウ、和歌山ではサイラ、三重ではカド、長崎ではセイラ、サザなどと呼ばれるそうです。また、サンマは100%が天然で国産という今の食糧事情では珍しい魚です。
 暑い時期は日本の北部を回遊していますが、秋になると産卵のため南下し、10月ごろになると三陸沖や房総沖を回遊します。そして、ちょうどこのころに脂がのっておいしい時期となります。大きさは30〜40cmで体は細く、口先がとがり、刀のような形で秋においしいことから「秋刀魚」の字があてられました。もともとのサンマという呼び名は細長い体つきから「狭真魚(さまな)」とされていたものがサンマに変化したようです。
 今日の給食では、三陸北部または日本の太平洋北部の沖合でとれた骨付きのさんまを使用し、砂糖、みりん、しょうゆに山椒(さんしょう)を加えた味付けで焼いています。

※明日(10/9)は全市研究会のため、10/10(木)・11(金)は中間テストのため、給食ありません。

本日の献立/10月7日(月)

画像1 画像1
献立名 ・豚肉と野菜のケチャップソテー
    ・スープ
    ・スイートポテト
    ・コッペパン、いちごジャム、牛乳
栄養価 エネルギー 803kcal、たんぱく質32.9g、脂質 21.2g

☆さつまいも☆
 サツマイモは、中央アメリカが原産で、紀元前から栽培されていたようです。コロンブスのアメリカ大陸到着(1492年)の後、17世紀までにヨーロッパ各地に伝わりましたが、好温性の作物であるため、ヨーロッパの気候にはなじまず、冷涼地を好むジャガイモほど普及しませんでした。アジア諸国へは、16世紀初めにスペインの旅行者によって伝えられ、日本へは17世紀初期に中国から沖縄へ伝わりました。そして1705年に薩摩の漁師が鉢植えのサツマイモを持ち帰り、種芋を増殖し、享保・天明の飢饉を薩摩藩において救ったといわれています。その後18世紀前半に蘭学者/青木昆陽が救荒作物として全国に普及させ、主として関西以西で栽培が増加しました。そして、食糧難となった第二次世界大戦中から大戦後に急速に伸び、食糧不足から多くの国民を救うために役立ちました。
 主成分は、でんぷんで、加熱すると一部が糖質に変化し、甘味が増加します。甘味が強いことから「甘藷(かんしょ)」とも呼ばれています。しかし、エネルギーは、米や小麦粉の1/3程度で、ビタミンCやB1、B6なども多く含んでいます。旬は新物で9〜11月、貯蔵したものでは1〜3月ごろがおいしいとされています。
 今日の給食では、砂糖、バター、牛乳、クリームなどを加えてオーブンで焼き上げ、スイートポテトとしています。

校区小学校運動会

本日、校区小学校の運動会が盛大に開催されています。各学年の演技や紅白に分かれて競技が行われています。児童の皆さん、頑張ってください。
画像1 画像1

本日の献立/10月4日(月)

画像1 画像1
献立名 ・鶏肉のごまだれ焼き
    ・もやしのしょうがじょうゆあえ
    ・ソーキ汁
    ・焼きのり
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 770kcal、たんぱく質29.9g、脂質 22.4g

☆ソーキ汁☆
 「ソーキ」というのは、沖縄の方言で「櫛で梳く(くしですく)」という場合の「梳(すき)」がなまった言葉のようで、豚肉のあばらが櫛に似ているところから豚肉のあばら肉を「ソーキ」とあらわすようになったそうです。
 沖縄では豚肉や海藻、豆腐、沖縄特有の野菜などが使われた料理がたくさんあり、特に豚肉は正月などハレの日の食品として特別な料理に使われてきたそうです。ソーキ汁もその一つで、豚の骨付きあばら肉と島だいこん昆布をかつおだしで煮込んだ汁ものとなっています。
 今日の給食では、豚ばら肉とだいこん、切り昆布、にんじん、白ねぎ、えのきたけを使ってソーキ汁としました。

本日の献立/10月3日(木)

画像1 画像1
献立名 ・コーンクリームシチュー(米粉使用)
    ・はくさいのピクルス
    ・りんご
    ・パンプキンパン、牛乳
栄養価 エネルギー 824kcal、たんぱく質32.0g、脂質 20.0g

☆りんご(林檎)☆
 リンゴは、人類が食した最古の果物といわれ、その起源はおよそ8000年前といわれています。西アジアからヨーロッパへと広がり、ヨーロッパでは4000年以上も前から栽培がおこなわれ、品種改良も進みました。現在、地球上では、2000種以上もの品種が栽培されています。日本へは、中国から伝わったとされ、平安時代の漢和辞書である「倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう/931〜938)」では「利宇古宇(りうこう、りんごう)」として記述があるそうで、これがなまってリンゴと呼ばれるようになったといわれています。栽培が始まったのは明治4〜5年のころからで、気温の低い土地が適しているため、現在では、青森、長野、岩手、山形など東北地方が主産地となっています。4〜5月ごろに白い可愛い花を咲かせ、8〜11月ごろに収穫されます。果実は貯蔵性が高いため、次の年の収穫時期まで、一年中出回ります。
 味、香り、歯ざわりがとてもいいので、生で食べることが多く、また、アップルパイやコンポート(シロップ煮)などのデザート、ジュース、缶詰、ジャム、ケチャップなどの加工品にもよく使われます。

授業風景2

 

画像1 画像1
画像2 画像2

授業風景1

2年生男子の体育の様子です。
先月からラグビーワールドカップ日本大会が行われています。各国の代表チームが素晴らしい試合を繰り広げています。
本校でも2年生男子がタグラグビーの授業で盛り上がっております。
画像1 画像1
画像2 画像2
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
10/22 即位礼正殿の儀(祝日)
10/24 文化発表会準備 リハーサル
10/25 文化発表会
10/28 IBA英語能力判定テスト(3年)