〜ようこそ、平野中学校ホームページに!!「平中生の今」を発信します。〜

3学期 始業式

2020年、令和2年がスタートしました。
3学期は、一年のまとめの学期です。
夢や目標の実現に向けて、こつこつと努力を続けてください。
画像1 画像1

お餅つき

本日は、平野西小学校の運動場にて晴天の下、お餅つきが行われています。稲は「稲魂」や「穀霊」が宿った神聖なものだと考えられることから、神様が食べる神聖な食べ物とされていました。そのような食べ物を食べる時期はお正月が縁起の良い日であるとされ、餅つきが行われたといいます。
地域の皆様、今年もお世話になりました。来年もよろしくお願い申しあげます。
画像1 画像1
画像2 画像2

第46回大阪府アンサンブルコンテスト

第46回大阪府アンサンブルコンテストが八尾プリズムホールにて開催され吹奏楽部から8人が出場しました。大阪府内より124校が出場する中、見事に銀賞を獲得しました。
おめでとうございます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2学期 終業式

本日、2学期の終業式を無事に終えました。
明日から冬休みに入りますが、今年一年間の自分をじっくりと見つめ直し、気持ちを新たにして、新年を迎えてください。
3学期の始業式は、1月7日(火)です。
画像1 画像1

平中だより

平中だより「第10号」をアップしました。配布文書よりご覧ください。

大阪メトロ平野駅コンサート

地下鉄平野駅でのコンサートが先ほど終わりました。本校から吹奏楽部とギター部が出演いたしました。
画像1 画像1

体育の授業の様子

2年生女子の体育の授業の様子です。
安全面に配慮して、投げ技の練習にも取り組みました。
画像1 画像1
画像2 画像2

本日の献立/12月17日(火)

画像1 画像1
献立名 ・八宝菜
    ・もやしのごま酢あえ
    ・りんご
    ・食パン、アプリコットジャム、牛乳
栄養価 エネルギー 776kcal、たんぱく質31.8g、脂質 22.7g

☆八宝菜☆
 八宝菜は、中国料理の一つで、「八宝」は、数が多いということをあらわしており、8種類というわけではなく、たくさんの材料を使用することが、この名の由来となっています。
 ちなみに今日の給食では、豚肉、うずら卵、たまねぎ、キャベツ、にんじん、たけのこ、ピーマン、しいたけを使用しており、ちょうど8種類の材料を使用しています。

※明日より、1・2年生も個人懇談等のため、給食は中止となりますので、二学期の給食は、本日で最終となります。三学期の給食開始は、1/8(水)となります。なお、3年生については、1/8(月)・9(火)は、実力テストのため中止となりますので1/10(金)より給食開始となります。

本日の献立/12月16日(月)

画像1 画像1
献立名 ・たらのフライ
    ・豚肉と厚揚げの煮もの
    ・あっさりきゅうり
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 776kcal、たんぱく質27.9g、脂質 21.5g

☆まだら(真鱈)☆
 タラは雪の舞う季節に欠かせない北国の代表的な白身魚で、雪のように白い身が特徴です。日本では古くから冬の味覚として親しまれ、タラのことを「ユキ」とよんでいたこともあり、漢字では「鱈(タラ)」と書きます。太平洋北部、日本海、オホーツク海など比較的北の海に生息しており、体長は1mくらいになります。日本近海には、約90種類のタラが生息していますが、一般にタラというと「マダラ(真鱈)」のことをいいます。マダラは生命力が強く、平均寿命は13〜14年といわれ、魚の中では長生きになります。また、食いしん坊でエサをよく食べ、お腹がぷくっとふくれた形をしていることから、お腹いっぱいに食べる意味の「たらふく(鱈腹)食べる。」や、矢継ぎ早にたくさん食べる意味の「やたら(矢鱈)食べる。」というような言葉のもとになっています。そのほか、タラバガニの「たらば(鱈場)」というはタラがたくさん獲れる漁場のことで、これと漁場が重なることからこの名がついたようです。
 タラの卵巣として「たらこ(鱈子)」がありますが、これはスケトウダラというタラの仲間の卵巣を塩漬けにしたもので、さらに唐辛子で加工すると「明太子」になります。
 今日の給食では、マダラの切り身をフライに加工したものを使用します。

アスリート夢授業3

高平選手、本日はありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2

アスリート夢授業2

 

画像1 画像1
画像2 画像2

アスリート夢授業1

本日は、1年生でアスリート夢授業を実施いたしました。オリンピック銀メダリスト選手(陸上競技)の高平慎士さんをお招きして、講演をしていただき、実技指導もしていただきました。成功するまでの過程にどうすることが大切なのか、どんなことを知り、どんなことを考えることが大切なのかを教えてくださいました。
また、実技では、速く走るコツを指導してくださいました。
画像1 画像1
画像2 画像2

本日の献立/12月13日(金)

画像1 画像1
献立名 ・豚肉のしょうが焼き
    ・菊菜とはくさいのごまあえ
    ・さつまいものみそ汁
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 781kcal、たんぱく質29.9g、脂質 18.5g

☆きくな(菊菜)☆
 キクナは、春に黄色の花を咲かせることから、「春菊(しゅんぎく)」とも呼ばれています。原産地は地中海沿岸とされ、ヨーロッパでは観賞用として栽培されていましたが、アジアに伝わる過程で食用として栽培されるようになったと考えられています。現在食用としているのは、日本以外では、中国、インド、東南アジアなどのようです。日本への伝来は、室町時代とされており、「高麗菊(コウライギク)」、「琉球菊(リュウキュウギク)」、「ローマ菊」などの名でも呼ばれていたことから、朝鮮半島、沖縄などから渡来したものと考えられます。
 旬は11月〜3月で、柔らかいので、おひたしなどのあえものによく使われるほか、これからの季節、冬の鍋物には欠かせない食材となっています。
また、運送などの影響を受け、傷みやすい野菜ですので、大阪市の給食ではできるだけ大阪府内か近郊で生産されたものを使うようにし、地産地消にもつながるよう努力しています。

※3年生は、来週12/16(月)より進路懇談等により給食中止となりますので、2学期の給食は本日が最終です。1・2年生は、12/17(火)まで、給食を実施します。

本日の献立/12月12日(木)

画像1 画像1
献立名 ・とうふハンバーグ
    ・カリフラワーのスープ煮
    ・スライスチーズ
    ・レーズンパン、牛乳
栄養価 エネルギー 832kcal、たんぱく質34.8g、脂質 30.8g

☆とうふハンバーグ☆
 一般的にハンバーグは、挽き肉を主材にしていますが、今日の給食では、豆腐を主材にしたハンバーグにしています。使用材料は、豆腐をはじめとし、おから、鶏肉、たまねぎ、にんじん、その他調味料などで、卵アレルギーに対応できるように卵は使用せずにつくられた製品を使用します。
 大阪市の小学校の方では、豆腐、ツナなどを使用した手作りとなっていますが、中学校では親子方式が基本となっており、作業面等で困難が生じるため製品を使用しています。なお、加工食品等の原材料については、大阪市教育委員会のホームページより「学校給食」→「献立等について」の方に掲載されていますので、詳しくはこちらをご覧ください。

本日の献立/12月11日(水)

画像1 画像1
献立名 ・鶏肉と野菜の煮もの
    ・じゃこ豆
    ・かぶのゆず風味
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 807kcal、たんぱく質31.2g、脂質 19.0g

☆かぶ(蕪)☆
 カブは、春の七草では「すずな(菘・鈴菜)」とも呼ばれ、最も古くから親しまれてきた野菜のうちのひとつで、地域ごとに独特の品種が栽培され、日本国内だけでもおよそ80種類もの品種があります。大阪近辺でも有名な品種があり、大阪では「天王寺」、奈良では「今市」、京都では「聖護院」などがあります。旬は11〜12月ごろで、冬場に多く出荷されます。
 白い根の部分を使うことが多いですが、根と葉の栄養成分は大きく異なっています。根の部分にはビタミンCを多く含むほか、胃での消化を助けるアミラーゼなどの酵素も含んでいます。葉の方は、緑黄色野菜に分類され、カロテン、ビタミンC、鉄、カルシウム、食物繊維などを多く含み、栄養価値の高い野菜であるといえますので、葉の部分も捨てずにできるだけ利用したいものです。中には、葉の方を主に利用する品種もあり、漬物で有名な「野沢菜」もカブの一種になります。
 今日の給食では、根の部分をゆず風味のあえものにしています。

家庭科の研究授業の様子2

 

画像1 画像1

家庭科の研究授業の様子

 

画像1 画像1

本日の献立/12月10日(火)

画像1 画像1
献立名 ・カレーうどん
    ・はくさいの甘酢あえ
    ・みかん
    ・コッペパン、いちごジャム、牛乳
栄養価 エネルギー 900kcal、たんぱく質34.2g、脂質 27.4g

☆うどん☆
 うどんは、小麦粉に塩水を加えてこねたものを麺にした日本で生まれた食品です。その発祥には諸説があり明確ではありませんが、奈良時代に中国から伝わった「混沌(こんとん)」というお菓子ではないかといわれています。混沌は小麦粉の皮で餡(あん)を包んだ団子(だんご)またはワンタンのようなもので、これを温かい汁に入れるようになり、「温飩(おんとん)」となり、これが「うんとん」となり、「うどん」に変化していったといわれています。そして、室町時代になって、現在のような麺としてのうどんになったと考えられています。その後、庶民の間にもひろまり、江戸時代に入って、しょうゆで味付けしただしにうどんを入れるようになったそうです。
 そして、各地、各店でいろいろな工夫を凝らされる中、1904(明治37)年ごろ、東京、早稲田のあるお店でカレーうどんが生まれたとされています。様々な作り方がありますが、今日の給食では、昆布とけずりぶしでとっただしに、牛肉、うすあげ、野菜を加えて、カレールウの素などで味つけしたカレー汁にうどんを加えています。

2年生音楽の授業の様子

 

画像1 画像1

本日の献立/12月9日(月)

画像1 画像1
献立名 ・さばのみぞれかけ
    ・小松菜の煮びたし
    ・みそ汁
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 806kcal、たんぱく質34.3g、脂質 22.7g

☆みぞれかけ☆
 みぞれ(霙)というのは、地上の気温が0〜5度くらいの時、雪が空中で溶けかかり、雨と雪が混じった状態で降るものです。
 すりおろした大根が、水を含んだ雪のようで、空から降るみぞれを連想させることから、大根おろしを使った料理に「みぞれ」という言葉をつかうことがあり、「みぞれかけ」「みぞれ煮」「みぞれ鍋」などの料理があります。
 今日の給食では、サバの切り身を塩焼きにして、大根おろしにみりん、しょうゆ、ゆず果汁で味つけして煮たものをかけ、「さばのみぞれかけ」としています。

文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
1/7 始業式
1/8 3年第5回実力テスト、1,2年教育相談
1/9 3年第5回実力テスト、1,2年チャレンジテスト、1,2年教育相談
1/10 1,2年教育相談

全国体力・運動能力、運動習慣等調査

チャレンジテスト

平中だより