〜ようこそ、平野中学校ホームページに!!「平中生の今」を発信します。〜

本日の献立/2月26日(水)

画像1 画像1
献立名 ・まぐろの甘辛焼き
    ・豚汁
    ・茎わかめのつくだ煮
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 748kcal、たんぱく質 34.0g、脂質 14.0g

☆茎わかめ☆
 ワカメは、日本近海で自生する海藻類の仲間で、その利用はかなり古く、1万年以上前の貝塚(古代人が食べ捨てた貝殻などが堆積してできた遺跡)からも発見されています。「大宝律令(たいほうりつりょう/701年)」では、「海藻(にぎめ)」の名で貢納品とされていました。その他「万葉集(759年)」や「延喜式(えんぎしき/927年)」にもその名が登場します。
 低潮線から5mくらいの深さに生え、春から初夏にかけて、1〜2mくらいの大きさになります。全国各地でとれ、さまざまな加工が施され、日常の食品として欠かせないものになっています。1953年には宮城県で、大槻洋四郎氏により、初めて養殖がおこなわれるようになり、1970年ごろには、養殖生産が天然生産を上回りました。
 茎わかめというのは、わかめの中央を通る太くてかたいい芯のような部分で、一般には茎と表現されていますが、植物のように水分や養分が通る管ではなく、中肋(ちゅうろく)または中芯などと呼ばれている部分です。コリコリとした歯触りが良いのが特徴で、あえものやつくだ煮、漬物などに利用されます。
 今日の給食では、手づくりのつくだ煮として給食室で調理しています。

本日の献立/2月25日(火)

画像1 画像1
献立名 ・牛肉のデミグラスソース煮
    ・コーンスープ
    ・かぼちゃのプリン
    ・黒糖パン、牛乳
栄養価 エネルギー 824kcal、たんぱく質 31.4g、脂質 26.8g

☆牛乳☆
 牛乳は日本の食事と分けて考えられがちですが、日本での飲用の歴史はかなり古く、飛鳥時代である645年、百済から帰化した智聡(ちそう)の子である善那(ぜんな)が、孝徳(こうとく)天皇に牛乳を献上したのがはじまりとされています。しかし当時は、皇族や貴族の利用に限られており、さらに仏教の影響により次第に利用されなくなりました。
 江戸時代に入り、1727年に徳川8代将軍吉宗が白牛の飼育を始め、浪士組(のちの新撰組)の結成と同年の1863年には前田留吉が牛乳の販売を始めました。以来、一般の人々の間にも牛乳の飲用がはじまり、明治になると西洋文化の導入とともにその利用もさらに広がりました。第二次世界大戦後は、ユニセフから寄贈された脱脂粉乳を利用して学校給食が再開されるなど、日本の食生活の改善に大きな役割を果たしてきました。
 牛乳には不足しがちなカルシウムをはじめ、たんぱく質や脂質、糖質、ビタミン類などを多く含んでおり、特にカルシウムは他の食品に比べて吸収率の高いことが特徴となっています。
 学校給食では学校給食法の施行規則によって、毎回提供することになっています。

本日の献立/2月21日(金)

画像1 画像1
献立名 ・ポークカレーライス
    ・チキンレバーカツ
    ・きゅうりとコーンのサラダ
    ・いちご
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 973kcal、たんぱく質 33.5g、脂質 29.9g

☆いちご(苺)☆
 イチゴは、バラ科の植物で園芸学の上では、スイカやメロンのように野菜として分類されていますが、栄養学の上では、甘さやその特性による食べ方などによって、果実類として分類されています。また、その果実を食べていると考えがちですが、赤くて甘い部分は果実ではなく「花托(かたく)」と呼ばれる部分で、本来の果実は小さなつぶつぶの部分となります。
 1960年代までは、5〜6月ごろの春から初夏にかけてが旬の食品でしたが、今では食生活の変化とハウス栽培の普及や品種改良によって収穫時期にも変化が起こり、クリスマスに合わせての栽培もおこなわれることから12〜5月に収穫が集中し、とくに3〜4月にピークを迎えるようになりました。
 栄養面では、ビタミンC、カリウム、食物繊維、葉酸が多くに含まれています。とくにビタミンCが豊富で10個程度食べると1日分の必要量がとれるほどです。

※来週、2/25(火)〜27(木)は、学年末テストのため1・2年生の給食はありません。

1年 歯と口の健康教室

学校歯科医、歯科衛生士の先生に指導していただきました。
画像1 画像1

本日の献立/2月20日(木)

画像1 画像1
献立名 ・豚肉とごぼうの煮もの
    ・なにわうどん(とろろ昆布)
    ・プチトマト
    ・食パン、ブルーベリージャム、牛乳
栄養価 エネルギー 820kcal、たんぱく質 32.9g、脂質 20.9g

☆とろろ昆布☆
 とろろ昆布は、おぼろ昆布とともに昆布を加工した食品で、マコンブや利尻コンブなどを酢につけてやわらかくして薄く削ったものです。その発祥は江戸時代にさかのぼり、当時は北海道でとれた昆布を各地に運んでいましたが、その際、昆布の中心部にカビが発生することがよくありました。そのままでは商品とならないため、カビのない表面だけを薄く削って商品としたものが、おぼろ昆布のはじまりとなりました。これがもととなり、カビの生えていない昆布を重ねて圧縮し、これを表面ではなく、側面から削ることでさらにふんわりとしたとろろ昆布ができました。その後カビを防止する技術もでき、おぼろ昆布をけずったあとの中心部分は、大阪の寿司屋によってバッテラの材料となり、白板昆布として利用されるようになりました。
 今日の給食では、袋入りのとろろ昆布を各自でうどんの上にのせて食べてもらうようにしています。

本日の献立/2月19日(水)

画像1 画像1
献立名 ・鶏肉のから揚げ
    ・まる天と野菜のうま煮
    ・焼きのり
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 878kcal、たんぱく質 30.4g、脂質 28.8g

☆まる天☆
 まる天は、魚のすり身にでん粉や塩、砂糖などの調味料を加えてよく練り、丸く形を整えて油で揚げた製品で、「揚げかまぼこ」に分類されるもので、関西では単に「天ぷら」、発祥地とされる鹿児島では「つけ揚げ」、関東などでは「さつま揚げ」と呼ばれているものです。
 揚げかまぼこの歴史は、江戸時代にさかのぼり、アメリカから帰国した「ジョン万次郎」を保護したといわれる薩摩藩28代当主「島津斉彬(しまづなりあきら/1809〜1858)」の時代、1850年代になって琉球との交流が深まり、中国料理での「揚げる」という技法が、古来のかまぼこづくり製法に加わって「つけ揚げ」ができたといわれています。
その後、島津藩による品質向上の奨励によって、次第に専門店も増え、全国に広まり、各地で様々形状のものが作られるようになりました。
 給食のまる天のすり身には、タラやイトヨリダイなどの白身の魚が原料として使用されています。今日の献立では、はくさい、たまねぎ、チンゲン菜、にんじん、しいたけとともに塩、こしょう、中華スープの素で味つけし、仕上げにでん粉でとろみをつけて「うま煮」にしています。

本日の献立/2月18日(火)

画像1 画像1
献立名 ・すき焼き煮
    ・もやしときゅうりのしょうが漬け
    ・ツナっ葉炒め
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 773kcal、たんぱく質 30.6g、脂質 21.8g

☆まいたけ(舞茸)☆
 まいたけは、アジアやアメリカ、ヨーロッパなどの温帯以北に分布し、日本にも自生しているきのこです。まいたけの名は古くから存在し、平安末期の「今昔物語集」にも記載がありますが、これは食べると踊りだすとのことで、別の毒きのこだったとみられています。現在のものと同じと思われるものは、江戸時代の「大和本草(1709年)」に記載されています。傘がひらひらと舞い踊っているように見えることや、希少なきのこだったために見つけると舞うほどうれしいというようなことからまいたけと名づけられたのではないかと言われています。
 数が少なく、一般的にはほとんど出回っていなかったようですが、1980年代ごろには人工栽培が可能になり、1990年代になり菌床栽培が普及し、大量生産されるようになりました。
 独特の香りや旨味、食感が特徴で、煮物、炒めもの、揚げ物など様々な料理に利用されます。カサの色が濃い茶褐色で、肉厚でパリッとしていて、軸は白くて張りがあり、かためのものがよいといわれます。
 今日の給食では、すき焼き煮の材料として使用しています。

本日の献立/2月17日(月)

画像1 画像1
献立名 ・中華おこわ
    ・キャベツのオイスターソース炒め
    ・卵スープ
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 767kcal、たんぱく質 32.1g、脂質 19.7g

☆ごま油☆
 ゴマは、人類史上もっとも古い油脂資源の1つで、アフリカ南西部が原産とされています。ごま油は、このゴマの種子を焙煎(ばいせん)したものを圧搾(あっさく)してつくられます。日本では、奈良時代に仏教の伝来とともにごま油の製造技術が伝わりました。当初は食用というよりも主に灯油用として使われていたようですが、その後、精進料理などでの利用も広がり、江戸時代には、天ぷらの揚げ油として流行したそうです。
 現在のゴマの主産地は、インド、中国、ミャンマー、スーダンなどで、日本でもこれらの主産地より原料を輸入してごま油を製造しています。一般的には、深い褐色をしたものが多いですが、製造時の焙煎の方法や程度、圧搾の方法などによって、得られる油の色や芳香が異なります。
 ごま油には、天然の抗酸化成分が含まれるので、酸化しにくく、また、リノール酸、オレイン酸などが豊富に含まれています。
 今日の給食では、中華おこわの風味付けに使用しています。

平野区PTA協議会 指導者研修会 事例発表

本日、平野区PTA協議会主催の指導者研修会が開催され、平野中PTAも参加してきました。

平野区内の38校園が集まる中、平野中学校は8校に選抜され「校外指導活動のあり方」というテーマで夜間巡視等のPTA活動について事例発表をしました。指導の先生からもその重要性を評価していただくことができました。

事例発表会にご出席いただいた皆さん、ありがとうございました。
画像1 画像1

サッカー部6B新人戦

本日、矢田中学校グランドにてサッカー部6B新人大会が開催されました。
準決勝では長吉西中学校と対戦。2対0で勝利し、決勝へと進みました。決勝戦では瓜破中学校と対戦しましたが惜しくも0対2で敗れ、結果は準優勝でした。
決勝で負けた悔しさを活かして、次の大会も頑張ってください。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2年生合唱コンクール 1組

 

画像1 画像1

2年生合唱コンクール 3組

 

画像1 画像1

2年生合唱コンクール 2組

 

画像1 画像1

2年生合唱コンクール 4組

 

画像1 画像1

本日の献立/2月14日(金)

画像1 画像1
献立名 ・関東煮
    ・もやしとにんじんの甘酢あえ
    ・白花豆の煮もの
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 765kcal、たんぱく質 30.4g、脂質 16.3g

☆白花豆(しろはなまめ)☆
 白花豆は、ベニバナインゲン(紅花隠元)の仲間で、種類が多いインゲン豆の中の一種です。中央・南アメリカの高地が原産とされ、新大陸の発見以降16世紀から17世紀にかけてヨーロッパ全域に広がりました。日本へは徳川時代の末期に伝わりましたが、きれいな花を咲かせるので、観賞用とされていたようです。食用としての栽培は、明治時代になってからで、主産地となっている北海道では1914年(大正3)ごろから始まりました。そして、赤い花に混在する白い花の品種を選別して、花も実も白いことから「白花豆」としての栽培も広がりました。一方、赤い花の豆は、赤紫に黒斑があり、こちらは「紫花豆」として呼び分けられています。どちらも大粒で品質も良く、煮豆や菓子の材料に利用され、特に白花豆は大粒甘納豆の原料として好まれています。
 栄養の面では、低脂肪、高たんぱく質で、ビタミンB1やカルシウム、鉄、食物繊維なども多く含んでおり、とても健康的で栄養価の高い食品です。
 今日の給食では、砂糖、しょうゆ、塩の味付けで煮ものにしています。

本日の献立/2月13日(木)

画像1 画像1
献立名 ・ほうれん草のクリームシチュー
    ・キャベツのサラダ
    ・洋なし(カット缶)
    ・コッペパン、りんごジャム、牛乳
栄養価 エネルギー 836kcal、たんぱく質 31.9g、脂質 23.2g

☆りんご酢☆
 リンゴ酢はその名の通り、リンゴ果汁を原料とした酢で、リンゴの本場アメリカでは、酢といえば、リンゴ酢が主流となっているようです。さっぱりとした風味になっているので、ドレッシングなど料理に使うほか、健康効果が期待され、飲み物としてもよく使われています。リンゴを原料としているのでカリウムを含み、塩分の排泄を助けることから高血圧の予防や、クエン酸による疲労回復効果、リンゴエキスによる整腸作用などがあるとされています。そのためか、無理をしてまで飲まれる方もおられるようですが、それよりも、まずは栄養バランスのよい食事をこころがけることのほうが大切だと思います。 
 今日の給食では、「キャベツのサラダ」に使用しています。

本日の献立/2月12日(水)

画像1 画像1
献立名 ・鶏肉のゆず塩焼き
    ・小松菜の煮びたし
    ・さつまいものみそ汁
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 733kcal、たんぱく質 30.1g、脂質 15.5g

☆柚子(ゆず)☆
 ユズは、中国の揚子江上流が原産とされるミカン科の柑橘類です。日本へは飛鳥時代(592〜710年)から奈良時代(710〜794年)のあたりに渡来したとされています。柑橘類の中では寒さや病害虫に対して強く、青森県あたりにまで分布しており、日本各地に半野生の樹木の集まりや自家用などの小規模の栽培が見られます。主な産地は高知、徳島で、その他、愛媛、宮崎、大分などで多く栽培されています。果実の約半数は、生果として11〜2月に出荷され、残りの半数は加工品原料として利用されます。
 酸味が強く甘味は少ないのでそのまま食べることはほとんどなく、さわやかな特有の香りを料理や、冬至のユズ風呂などに利用されています。果実の表面は粗めですが、黄色い部分を薄く切り取って吸い物や鍋物に入れたり、果肉を搾って焼き魚などの料理にたらしたりして、風味を楽しむのが一般的です。また、果肉部分をくりぬいて器として利用する柚子釜としても利用されます。果汁はユズ酢として加工され、香り高い酸味料として飲料水やドレッシング、ジャムなどにも使用されます。果皮はマーマーレードなどに加工されるだけでなく、乾燥させて、古くから七味唐辛子の材料としても利用されています。
 今日の給食では、ゆずの果汁と塩を鶏肉の焼きものの下味として使用しています。

本日の献立/2月10日(月)

画像1 画像1
献立名 ・赤魚のしょうゆだれかけ
    ・高野豆腐のいり煮
    ・うすくず汁
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 732kcal、たんぱく質 33.6g、脂質 15.1g

☆赤魚(あかうお)☆
 アカウオは、宮城県以北、北海道からベーリング海、アラスカ湾など北太平洋の100〜300mの深海に生息しています。フサカサゴ科の魚で、正式和名ではアラスカメヌケといいます。メバルなどの仲間で、体長は50cm程度になります。メヌケという名は、深海に住むフサカサゴ科で体色の赤い数種類の40〜60cmくらいになる大型の魚につけられており、ほかにはサンコウメヌケ、バラメヌケといった種類があります。これは漁獲される際に、深海から急激に引き上げられ、水圧が一気に下がるために、目玉が飛び出してしまうという現象が起こることから「目抜け(メヌケ)」と呼ばれるようになりました。
 白身で味にくせがなく、煮つけ、揚げ物、みそ漬けなどの料理によく使われます。一般にメヌケの仲間は、秋から冬にかけて脂がのり、より一層味が良くなります。
 今日の給食では、塩で下味をつけて焼いた赤魚に、料理酒、みりん、薄口しょうゆ、水を合わせて煮たタレをかけています。

平野区中学コンサートJoyJoyNo.26その2

最後は各校2年生の合同演奏に合わせて全中学生ならびに観客の皆さんと「花は咲く」の大合唱でフィナーレをむかえました。
画像1 画像1
画像2 画像2

平野区中学コンサートJoyJoy No.26

本日、平野区中学コンサートJoyJoy No.26が開催され、ギター部と吹奏楽部の皆さんが出演しました。

ギター部は「イエスタディ」「宿命」の2曲をオープニングアクトとして見事に披露してくれました。

吹奏楽部は長吉六反中学校の皆さんとこれまで合同練習を積み重ね、「アラジンメドレー」「Let it go」「勇気100% BrassRock」の3曲を演奏し大きな拍手をもらっていました。

両クラブの皆さん、お疲れさまでした。
画像1 画像1
画像2 画像2
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

全国体力・運動能力、運動習慣等調査

チャレンジテスト

平中だより