〜ようこそ、平野中学校ホームページに!!「平中生の今」を発信します。〜

本日の献立/6月16日(火)

画像1 画像1
献立名 ・鶏肉のおろしじょうゆかけ
    ・野菜いため
    ・みそ汁
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 743kcal、たんぱく質 32.7g、脂質 16.0g

☆みそ☆
 みそは、蒸した大豆を原料にし、麹と塩を加えて発酵させたものです。その由来は、古代中国の塩蔵発酵物である「醤(ひしお)」や、大豆や穀物などを発酵させた「豉(くき)」であるとされ、それが飛鳥時代に日本に伝わり、独自に発展したものと考えられています。「大宝律令(701年)」に「未醤(みしょう)」という発酵食品が記録されており、これが「味噌(みそ)」につながっているのではないかと考えられます。当初は高級品として珍重されていましたが、室町時代になって豆類や穀類の生産も増えたことからみそづくりも盛んになり、一般庶民にも広がったようです。その後、江戸時代に入りみそ料理の発展とともに戦陣食としても重要視され、1962年に伊達政宗が「御塩噌蔵(おえんぞぐら)」と呼ばれる軍事用のみそ工場を設立し、大量生産を可能にしました。
 今でもみそは、日本の食生活において、重要な食品となっており、各地方の気候、風土によって様々な種類があります。分類の仕方としては、麹の原料の違いにより、米みそ、麦みそ、豆みそなどに分けられ、麹や塩の量により甘口、辛口、また、熟成させる期間による色の変化により白みそ、赤みそなどに分類されています。
 今日のみそ汁は、赤みそと白みそを合わせて使用しています。

文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31