新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けてご協力よろしくお願いします

本日の献立/5月31日(月)

画像1 画像1
献立名 ・ホイコウロー(回鍋肉)
    ・きゅうりのピリ辛あえ
    ・中華スープ
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 780kcal、たんぱく質 27.3g、脂質 24.6g

☆回鍋肉(ホイコーロー)☆
 回鍋肉は、中国の四川省が発祥の料理です。「回鍋(ホイコウ)」は、調理した食材をいったん鍋からおろし、再度鍋に戻して調理することを意味しており、また中国で「肉(ロー)」は一般的に豚肉をあらわしています。四川省では古くから伝わるお祭りで土地の神にゆでた豚肉のかたまりをお供えし、お祭りが終わった後にその肉を食べていたそうです。しかし、冷めたままの肉ではおいしくないことから、薄切りにして、唐辛子やにんにくの芽とともに炒めて食べるようになり、これが回鍋肉の起源となったようです。
 一般にこの料理をつくるときは、豚肉を炒めこれをいったん鍋からおろし、野菜は油通し、または炒めておいて、にんにく、しょうがなどの香味野菜を炒めて香りを出したところに肉と野菜をもどし、タレを加えてさっと混ぜ合わせます。今日の給食では、豚ばら肉をいったんゆでておいて、キャベツやピーマンと一緒に炒めてテンメンジャン、砂糖、塩、こい口しょうゆを合わせたタレで味つけしています。

本日の献立/5月28日(金)

画像1 画像1
献立名 ・ちくわの磯辺揚げ
    ・厚揚げと里芋の煮もの
    ・あっさりキャベツ
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 820kcal、たんぱく質 28.7g、脂質 20.3g

☆ちくわ(竹輪)☆
 チクワは竹や木、金属などの棒や管に、魚のすり身を巻き付け、あぶり焼きにしたものです。チクワの起源は弥生時代から平安時代にかけてとされ、はっきりしていませんが、神功皇后(じんぐうこうごう/生没年未詳、170〜269年との説あり)とされる人物が三韓渡航(さんかんとこう)の途中で、九州生田の杜(もり)で、魚肉を鉾(ほこ)に塗って食べたという伝説があるそうです。そして、焼いた様子が蒲(がま)の穂に似ていることからこれを「蒲鉾(かまぼこ)」と呼んでいました。しかし、室町時代あたりから板にすり身をつけたものが作られはじめ、これと区別するために、棒を抜いた形が竹に似ていることから「竹輪蒲鉾(ちくわかまぼこ)」となり、板付きのものはそのままカマボコの名で呼ばれました。そして、いつのまにか本来のカマボコの名が省略され、単に「竹輪(ちくわ)」と呼ぶようになりました。
 全国各地で名産品としても作られ、豊橋ちくわ(愛知)、野焼き(島根)、豆腐ちくわ(鳥取)、豆ちくわ(岡山)、竹つきちくわ(徳島)などがあります。一般に中央部に焼き色が付き、両端が白いものをよく見かけますが、これは、1873年(天保8)に愛知県でつくられた「豊橋ちくわ」を原型として広まったようです。
 今日の給食では、天ぷらの衣に青のりを加えて風味をつけ、「磯辺揚げ」にしています。

本日の献立/5月27日(木)

画像1 画像1
献立名 ・鰹のガーリックマヨネーズ焼き
    ・グリーンアスパラガスのソテー
    ・ベーコンと野菜のスープ
    ・コッペパン、りんごジャム、牛乳
栄養価 エネルギー 786kcal、たんぱく質 35.7g、脂質 23.0g

☆かつお(鰹)☆
 カツオはサバ科に属し、世界各地の暖海域に広く分布し、広範囲に回遊する魚で、全長は1mくらいになります。日本ではマグロとは分けて考えられますが、英語では「tuna(ツナ)」とされ、同類として扱われています。
 日本近海では、北海道以南の太平洋側、九州の西側海域などに出現し、日本海側へはあまり入らないようです。6〜8月に南方の海域で産卵し、春になると黒潮にのってイカやイワシなどを追って北上し、夏に北海道沖にまで来遊し、充分な餌を食べ、秋になると南下します。主な漁場は、三陸沖、伊豆・小笠原海域、九州南西方面で、春から秋にかけて漁獲されます。春獲りのものは、エサを追って北上する4〜6月が旬とされ、とくに北上し始めの時期のものは「初ガツオ」として珍重されています。また、秋獲りのものは、7〜8月ごろ、三陸沖で南下を始めたものを「戻りガツオ」と呼び、最もおいしいといわれます。
 肉は、たんぱく質を多く含み、とくに血合肉の部分には鉄分やタウリン、ビタミンD、B群が多く含まれています。そして、脂質にはエイコサペンタエン酸(EPA)、眼窩(がんか/眼のくぼみ部分)には、ドコサヘキサエン酸(DHA)が多く含まれ、中性脂肪を減らして血の流れを良くし、動脈硬化などの病気を予防する効果が期待されます。
 今日の給食では、にんにくと塩、こしょう、マヨネーズで味つけして焼いています。

本日の献立/5月26日(水)

画像1 画像1
献立名 ・かやくご飯(きざみのり)
    ・みそ汁
    ・抹茶ういろう
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 701kcal、たんぱく質 28.3g、脂質 12.8g

☆抹茶☆
 抹茶は、原料となる「碾茶(てんちゃ)」を粉末にしたもので、ビタミンや食物繊維が豊富に含まれ、飲用とされるほか、和菓子や洋菓子、料理の材料などとしてよく使われています。
 碾茶というのは、チャノキの葉を摘む20〜30日前に寒冷紗(かんれいしゃ)という布やよしずなどの覆いをかぶせて、強い日光を当てないようにして栽培したものです。この方法を被覆栽培と呼び、強い日光を遮ることで旨味が生まれ、また、被覆期間の違いにより、1週間から10日程度で「かぶせ茶」、20日程度で「玉露」というように異なった種類のお茶になるそうです。
 今日の給食では、白いんげんのペースト、上新粉、砂糖、水、と混ぜ合わせて、スチームコンベクションオーブンで蒸し、手づくりの「ういろう(外郎)」にしています。

本日の献立/5月25日(火)

画像1 画像1
献立名 ・牛肉と大豆のカレーライス
    ・焼きミニハンバーグ
    ・レタスとコーンのサラダ
    ・ヨーグルト
    ・牛乳
栄養価 エネルギー 923kcal、たんぱく質 33.7g、脂質 24.2g

☆レタス☆
 レタスは、キク科の植物で、地中海沿岸から西アジアが原産といわれ、紀元前6世紀ごろのペルシアで栽培が始まったと考えられています。日本へは700年代のものと思われる木簡や書物に記述がみられることから奈良時代には中国から伝わっていたものと考えられています。
和名でチシャ(萵苣)といわれるのは、ヘタの部分を切ると白い乳液が出ることから「乳草(ちさ)」からチシャになったようです。学名でも「Lactuca sativa」といわれこの「Lac」は乳を表す言葉です。
 レタスにはいろいろな種類があり、一般的によく出回るのは、玉レタス(玉チシャ)で、ぱりぱりした食感のものは、クリスプヘッド型といわれ、サラダ菜のようにしっとりとした歯触りのものはバターヘッド型といいます。また、サニーレタスのように結球しないリーフレタス(葉チシャ)、茎の部分を食べるステムレタス(茎チシャ)などがあります。
 今日の給食では、クリスプヘッド型のものをコーンと合わせてドレッシングであえています。ただし、ゆでて使用しますので、パリパリ感はなくなります。

本日の献立/5月24日(月)

画像1 画像1
献立名 ・一口トンカツ
    ・ミネストローネ
    ・豆こんぶ
    ・レーズンパン、牛乳
栄養価 エネルギー 919kcal、たんぱく質 34.4g、脂質 32.7g

☆しっかり手を洗いましょう!☆
 私たちの手には、きれいに見えても目には見えない無数の細菌やウイルスが付着しています。その手のまま、口や鼻、目をさわったり、食べ物を食べたりすることで食中毒やかぜ、その他の感染症などの原因となり、健康を害することもあります。ユニセフ協会でも手洗いをすることで、年間約100万人の子どもの命が救われるとして世界に向けて呼びかけています。
 手洗いの基本は水でぬらした手に石けんをつけ、よく泡立てて、手のひら、手の甲、親指、指先、つめ、手首などしっかり洗います。とくに食事前やトイレの後には、しっかりと手を洗うことが大切です。

本日の献立/5月21日(金)

画像1 画像1
献立名 ・鮭のごまみそ焼き
    ・ひじきの炒め煮
    ・五目汁
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 760kcal、たんぱく質 31.5g、脂質 22.7g

☆ひじき(鹿尾菜)☆
 ひじきは褐藻類のホンダワラ科に属し、北海道南部から南西諸島にかけて、波の荒い岩礁上の低潮線付近に生える海藻です。夏の終わりから秋にかけて芽を出し、夏になると硬くなってしまうので、3〜4月ごろの柔らかいうちに収穫します。生のままでは渋味や、有害な成分も含まれるので、数時間かけて水煮して灰汁(あく)を抜き、乾燥させます。「生ひじき」として販売されているものもありますが、これは生ではなく乾燥ヒジキを蒸したものです。
以前は水煮の際に鉄釜を使用していたため、その鉄分を吸収することで、鉄分がたいへん多い食品としてあげられていました。しかし、現在はステンレス製の釜を使用することが多く、この場合、鉄釜のものに比べて10分の1程度となります。それでも、カルシウム、マグネシウム、ヨウ素、鉄などのミネラル成分を含むほか、食物繊維も多く含んでおり、栄養面では期待される食品です。
 今日の給食では、うす揚げ、にんじんとともに炒め煮にしており、その効果についてはわかりませんが、本校の給食室での調理の際に鉄釜を使用しました。

本日の献立/5月20日(木)

画像1 画像1
献立名 ・豚肉と野菜のカレースープ煮
    ・変わりピザ
    ・ミックスフルーツ(缶)
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 851kcal、たんぱく質 35.5g、脂質 23.8g

☆じゃがいも☆
 ジャガイモは植物としては、ナスの仲間になりますが、果実ではなく、土中の茎に栄養がたまってできる「塊茎(かいけい)」という部分を食用にします。日本へは慶長年間(1596〜1615)に、オランダ船によって、ジャガタラ(現在のインドネシア、ジャカルタ)から長崎へと伝えられたことが、ジャガイモという名の由来となりました。「馬鈴薯(ばれいしょ)」とも呼ばれるのは、小野蘭山(1729〜1810)という学者が、中国にあった馬鈴薯(現在のホドイモ)という芋と勘違いしたためと考えられていますが、その後1912年になって、中国でもじゃがいもの方を馬鈴薯と呼ぶようになったそうです。馬鈴薯という名は、馬の首につける鈴の形に似ているところからきています。
本格的な栽培は明治時代になってからで、現在では日本でも主要な作物となり、年中出回っていますが、4〜7月ごろがおいしいとされています。
主成分はでんぷんで、ビタミンCも豊富でミカンと同じくらい含まれています。また、ジャガイモのビタミンCは、デンプンに包まれているため、加熱や保存によっても壊れにくいということが特徴となっています。
 今日の給食では、カレースープ煮の具材として使用しています。

本日の献立/5月19日(水)

画像1 画像1
献立名 ・肉じゃが
    ・もやしの柚子の香あえ
    ・ごまかか炒め
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 745kcal、たんぱく質 26.6g、脂質 16.8g

☆ごまかか炒め/かつおぶし(鰹節)☆
「かか」というのはかつおぶしのことで、今日の給食では、たけのこを油で炒めて、ごまとかつおぶし、みりん、しょうゆで味つけしているため、「ごまかか」と名付けています。
 かつおぶしは、下処理した魚を75〜98度の湯で、60〜90分煮て、殺菌や酵素を不活性化させる煮熟(しゃじゅく)という工程の後に、ナラやクヌギなどの薪を燃やした炉で乾燥させる焙乾(ばいかん)という工程を経て乾燥させたものです。このあと、さらにカビづけなどを行うものもあります。これらの工程により、原料になる魚を脱水、殺菌、酸化防止をするとともに風味をつけるという日本独特の加工技術です。原料にカツオ(マガツオ)を使用したものを「かつお節」と呼び、ソウダガツオ、マグロ、サバ、アジ、イワシ、サンマなどのカツオ以外の赤身魚を使用したものは、それぞれの原料名でも呼びますが、まとめて「雑節(ざつぶし)」とも呼びます。

本日の献立/5月14日(金)

画像1 画像1
献立名 ・八宝菜
    ・チンゲン菜ともやしのしょうがあえ
    ・みかん(缶)
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 749kcal、たんぱく質 27.3g、脂質 17.4g

☆八宝菜☆
 八宝菜は、中国料理の一つで、「八宝」は、数が多いということをあらわしており、8種類というわけではなく、たくさんの材料を使用することが、この名の由来となっています。
肉類や卵類、野菜類、きのこ類など多くの材料を使用することができるため、栄養のバランスをとりやすい料理です。
 ちなみに今日の給食では、豚肉、うずら卵、たまねぎ、キャベツ、にんじん、たけのこ、ピーマン、しいたけを使用しており、ちょうど8種類の材料を使用しています。

本日の献立/5月13日(木)

画像1 画像1
献立名 ・カレースパゲッティ
    ・キャベツのひじきドレッシング
    ・バナナ
    ・黒糖パン(1/2)、牛乳
栄養価 エネルギー 743kcal、たんぱく質 27.8g、脂質 22.3g

☆バナナ☆
 バナナは、東南アジア、マレー半島付近を原産とするバショウ科の植物で、数メートルの高さにも成長するため、木と思われることが多いですが、草に分類されます。したがって、園芸学の上では、イチゴ、メロン、スイカなどのように野菜として分類されます。ただし、農林水産省では、2年以上栽培する草本植物および木本植物は「果樹」として扱われるため、バナナの場合は果物の扱いになり、イチゴ、メロン、スイカ等は「果実的野菜」として扱われます。しかし、栄養学の上では、糖度や味、その食品としての扱い方により分類されますので、「果実」として扱われます。したがって、果物であるといっても、野菜であるといっても、どちらも間違いではありません。

本日の献立/5月12日(水)

画像1 画像1
献立名 ・プルコギ
    ・きゅうりの甘酢づけ
    ・豆腐のスープ
    ・ミニフィッシュ
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 755kcal、たんぱく質 32.6g、脂質 19.2g

☆ミニフィッシュ☆
 ミニフィッシュは、カタクチイワシの稚魚を砂糖や水あめなどで味つけし、乾燥させ袋詰めされた製品です。
6つの食品群で分類した場合、一般の魚類は1群のたんぱく質の多い食品として分類されますが、小魚の場合、廃棄する部分もなく、骨ごと食べることができますので、カルシウムなどの無機質が多い食品として2群に分類されます。
 今日のミニフィッシュは、1袋当たり味付けも含めて5gで、カルシウムは80mg含まれています。牛乳の場合1本(206g)あたり227mgですので、計算上は、わずか1袋で牛乳の約3分の1本分のカルシウムをとることができます。言い換えるとミニフィッシュを3袋食べると、牛乳1本分のカルシウムをとれることになります。
 現代の食生活では、カルシウムが不足しやすいので、その不足解消としても小魚類の使用は効果的であると言えます。

本日の献立/5月11日(火)

画像1 画像1
献立名 ・豚丼
    ・かぼちゃのしょうゆ焼き
    ・湯葉のすまし汁
    ・牛乳
栄養価 エネルギー 749kcal、たんぱく質 29.0g、脂質 15.9g

☆ゆば(湯葉/湯波)☆
 ユバは、豆腐やみそのように大豆から作られる加工品のひとつで、鎌倉時代に中国から僧侶によって伝えられ、お寺を中心に発達しました。江戸時代には巻き湯葉や糸巻き湯葉などの加工湯葉もつくられるようになり、現在では京都や日光が名産地となっています。
 作り方は、大豆を水につけて柔らかくし、これに水を加えながらすりつぶしてしぼると、「豆乳」ができます。これを固めると豆腐となりますが、この豆乳を80度くらいに温めると表面に薄い膜ができます。ちょうど牛乳を温めた時にできる膜のようなもので、この膜をすくい上げたものが「湯葉」となります。この中には、豆乳中のたんぱく質や脂肪、炭水化物などが取り込まれており、最初の10枚くらいがおいしいユバになるそうです。できたてを生のまま食べるものは「生湯葉」、乾燥させたものは「干し湯葉」といいます。独特の歯触りと淡白な味が特徴で、日本の料理では、干したものを汁物や煮もの、揚げもの、蒸しもの、鍋料理など、様々な料理に使います。
 今日の給食では、干し湯葉をすまし汁の具に使用しています。

画像2 画像2

本日の献立/5月10日(月)

画像1 画像1
献立名 ・コーンクリームシチュー
    ・キャベツときゅうりのサラダ
    ・河内晩柑(かわちばんかん)
    ・おさつパン、牛乳
栄養価 エネルギー 833kcal、たんぱく質 32.6g、脂質 21.7g

☆河内晩柑(かわちばんかん)☆
 河内晩柑は、熊本市の河内町(かわちまち)で発見されたかんきつ類で、文旦(ブンタン)の仲間であると考えられています。収穫時期が春先以降になる晩成の柑橘類であることと、発見された地名をとって「河内晩柑」と名付けられました。見た目から和製グレープフルーツと呼ばれるほか、各地域によって、熊本では「ジューシーオレンジ」「ジューシーフルーツ」、鹿児島では「サウスオレンジ」、愛媛では「美生柑(みしょうかん)」「愛南コールド」など、様々な呼び名で出荷されています。
 寒さに弱いため、年間通じて暖かい地域で栽培され、5月ごろに花が咲き、実が膨らんだまま冬を越し、3月ごろから夏にかけて収穫されます。
 苦みの少ないあっさりとした味が特徴で、4月から8月ごろまでおいしく食べることができます。

※配布文書欄に食育つうしん(2021年5月)を掲載しました。
こちらからどうぞ⇒食育つうしん(2021年5月)
画像2 画像2

本日の献立/5月7日(金)

画像1 画像1
献立名 ・きびなご天ぷら
    ・若竹煮
    ・豚汁
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 792kcal、たんぱく質 29.0g、脂質 22.0g

☆きびなご(黍魚子、黍女子、吉備奈仔など)☆
 キビナゴは、マイワシやニシンと同じニシン科の魚です。房総半島以南から朝鮮半島、オーストラリアにかけての熱帯水域に広く分布しており、日本では房総以南の外洋に群れをなして生息しています。全長は10cmくらいで細長く、頭部はとがった形で、おもにプランクトンを食べて生活しています。産卵期は5〜7月で、大群をつくって内湾に入り、海藻などに卵を産みつけます。本州の太平洋沿岸中部以南から九州にかけて漁獲され、鹿児島では特産品となっています。体側に金色と青色の帯模様があり、鹿児島県南部地方でおびのことを「きび」ということから「帯(きび)のある小魚(なご)」ということから「きびなご」と呼ばれるようになったそうで、漢字の方は当て字のようです。
 旬は食べ方により3回あるといわれ、塩焼きにしておいしいのが脂ののった12月、刺身でおいしいのが寒の入った2月、そして卵や白子がたっぷりあり、天ぷらにしておいしいのが初夏の5月から7月ごろといわれています。
 今日の給食では、天ぷらに加工されたものを使っています。
画像2 画像2

本日の献立/5月6日(木)

画像1 画像1
献立名 ・ケチャップ煮
    ・三度豆とコーンのソテー
    ・りんごのクラフティ
    ・黒糖パン、牛乳
栄養価 エネルギー 847kcal、たんぱく質 33.0g、脂質 21.5g

☆クラフティ
 「クラフティ」というのは、フランスの中央部にあるリムーザン地方の過程で作られる郷土菓子で、19世紀になってフランス全土に広まったといわれています。クラフティは、フランスでは、「いっぱい詰める」というような意味を持ち、タルト生地にブラックチェリーたくさん詰めて並べ、、卵、牛乳、生クリーム、砂糖などを混ぜ合わせた生地をのせて焼いた菓子です。リムーザン地方では、ブラックチェリー以外の果物を入れると、「フロニャルド」などと呼び名が変わりますが、他の地方や国では、スモモ、ラズベリー、クランベリー、りんごなどを使ってもクラフティと呼んでいるようです。
 今日の給食では、青森産のりんご缶詰を使用し、タルト生地の代わりにコーンフレークを使い、スチームコンベクションオーブンで焼き上げています。
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
学校行事
12/2 放課後学習会
12/3 3年 第4回実力テスト
2年 職業講話
12/6 美化点検週間(〜10日)
放課後学習会

家庭学習の手引き

高校体験入学

奨学金等制度ガイド

平中だより

学校給食献立表

その他のお知らせ