★★★ リンクに、教育データーベース「wakux2.com-bee」(大阪市教員用)を追加しました! ★★★

1/22(金) 3B 道徳 校内研修

「大阪市道徳教育のさらなる充実に向けた推進会議」

第3教育教育ブロック モデル校 大阪市立今宮中学校にて、

緊急事態宣言に伴い、公開授業ではなく校内研修という形で

研究授業を行いました。

落ち着いた雰囲気の中で「最後の年越しそば」を読み、

生徒たちからさまざまな意見や感想が出ました。

特に、父が「家に帰りたい」と言っているにも関わらず年越しを

病院で過ごした背景を考える場面で、深く考え発言している様子が

見られました。

画像1 画像1
画像2 画像2

1/15(金) 第4教育ブロック 道徳 校内公開授業

「大阪市道徳教育のさらなる充実に向けた推進会議」

第4教育ブロック モデル校 大阪市立天王寺中学校にて、

校内公開授業を行いました。

新型コロナウィルス感染症拡大予防の観点から、

校内のみの公開となりました。

1年間モデル校として取り組んできた事業の締めくくりとなりました。

公開授業では、1年「裏庭でのできごと」、2年「燃え盛る炎」に

取り組み、発問に対して深く考え、意見を積極的に述べるなど、

教員と生徒との対話を重視した授業が展開されました。
画像1 画像1
画像2 画像2

2/3(水) 全市 校内公開授業・校内研修

「大阪市道徳教育のさらなる充実に向けた推進会議」

全市 モデル校 大阪市立文の里中学校にて、

公開授業を行う予定でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、

校内公開授業・校内研修に改めて、実施しました。

1年『加山さんの願い』と2年『一冊のノート』の授業をおこないました。

気づき以降の流れをしっかり押さえ、多面的・多角的に考える授業展開が

なされていました。

授業後の研究協議も、道徳の授業を進めるにあたっての基本の振り返りを

通して、授業の悩みについてお互い共有する良い機会となりました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11/11(水) 第4教育ブロック 道徳 公開授業

「大阪市道徳教育のさらなる充実に向けた推進会議」
第4教育ブロック モデル校 大阪市立築港中学校にて、公開授業および研究協議を行いました。

2年『ジョイス』と1年『いつわりのバイオリン』の授業をおこないました。

新型コロナウィルス感染症拡大予防の観点から、当初予定していた外部からの参観者はほぼなくなり、校内での公開授業に近い形になりました。

公開授業では、発問に対して生徒が深く考え、意見を積極的に述べるなど、教員と生徒との対話を重視した授業が展開されました。

生徒の感想から、主人公の思いだけでなく、触発者やさらにその周りの人々の思いにまで広げ、多面的・多角的に考えようとする様子が多くうかがえました。

授業後の研修協議も、宮脇先生(大阪市教育センター 教育指導員)をお招きし、授業の組み立て方について講話していただきました。
画像1 画像1

12/3(木) 第1教育ブロック 道徳 公開授業

「大阪市道徳教育のさらなる充実に向けた推進会議」

第1教育ブロック モデル校 大阪市立築港中学校にて、公開授業および研究協議を行いました。

1年1組の生徒を対象に山本先生が「銀色のシャープペンシル」を、2年1組の生徒を対象に鈴木先生が「タッチアウト」を、3年1組の生徒を対象に吉田先生が「ドナー」をそれぞれ題材に公開授業を行いました。

研究協議では、宮脇先生(大阪市教育センター 教育指導員)をお招きし、指導講評をいただきました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12/1(火) 第3教育ブロック 道徳 公開授業

「大阪市道徳教育のさらなる充実に向けた推進会議」

第3教育ブロック モデル校 大阪市立大正中央中学校にて、

公開授業および研究協議を行いました。

1年生では「島耕作 ある朝の出来事」を、2年生では「タッチアウト」を、

3年生では「ひまわり」を、それぞれの先生方が一所懸命に授業をされました。

研究協議では、二上先生(大阪市教育センター 教育指導員)に指導講評いただきました。

「人格の陶冶(とうや)」、「人間としての生き方を深める」ことが道徳教育の肝となる目標です。

そこを大切にするためにも、我々指導者が学び続けることが必要です。
画像1 画像1
画像2 画像2

11/20(金) 第1教育ブロック 道徳 公開授業

「大阪市道徳教育のさらなる充実に向けた推進会議」

第1教育ブロック モデル校 大阪市立西淀中学校にて、

公開授業および研究協議を行いました。

第2多目的室にて1年4組を対象に原田先生が

「ミスターヌードル-安藤百福-」を題材に公開授業を行いました。

研究協議では、宮脇先生(大阪市教育センター 教育指導員)をお招きし、

指導講評をいただきました。
画像1 画像1
画像2 画像2

10/29(木) 第2教育ブロック 道徳 公開授業

「大阪市道徳教育のさらなる充実に向けた推進会議」

第2教育ブロック モデル校 大阪市立大宮中学校にて、

公開授業および研究協議を行いました。

1年「言葉の向こうに」の授業録画を視聴した後の

二上先生(大阪市教育センター 教育指導員)の講話では、

生徒との対話を重視した授業展開となっている点が

良かったとお話しいただきました。

画像1 画像1
画像2 画像2

11/25(水) 第2教育ブロック 道徳 公開授業

「大阪市道徳教育のさらなる充実に向けた推進会議」

第2教育ブロック モデル校 大阪市立桜宮中学校にて、

公開授業および研究協議を行いました。

公開授業では、2年1組に対して田中先生による

「加奈子の職場体験」の授業が行われました。

その後の研究協議には授業の参観者が参加しました。

授業者から感想や感じた課題を上げてもらった上で、

参観者同士で意見を交流し、更なる授業改善へと繋げて行きました。

触発者(主人公の道徳的価値観に影響を与えた人)の立場に立つことで、

資料の内容に深まりが出てくることを改めて実感することができました。
画像1 画像1

大阪市立中学校教育研究会発表会

画像1 画像1 画像2 画像2
 今年度の大阪市立中学校教育研究会発表会は区ごとに会場を設け、DVDを視聴後、討議による研修を行いました。190名ほどの参加がありました。小さな単位での討議はおおむね好評でしたが、学校数の少ない区ではもっと多いほうが良かったという意見もありました。

 会場を提供いただいた学校の教職員の皆様、司会を引き受けていただいた専門員のかたに感謝いたします。

第72回大阪市中学校生徒理科研究発表会

9月13日(日)
第72回大阪市中学校生徒理科研究発表会の選考会が行われました。
作品数は182点でいずれも力作ぞろいでした。その中で39作品を優良作品とし、そのうち5作品を大阪府学生科学賞に出品しました。

大阪府学生科学賞に出品
 茨田中     卵の割れ方の研究〜どうして卵同士をぶつけると片方しか割れないのか〜
 阿倍野中    生活排水による生物への影響〜生活排水でカイワレダイコンを育てる〜
 我孫子南中   腐りにくいお弁当をつくろう
 咲くやこの花中 ダンゴムシの研究〜交替制転向反応(習性)と食欲(本能)〜
 市岡東中    漂着ごみの比較調査in日本海・瀬戸内海・太平洋

令和2第1回理科部専門委員会

 本年度も大阪市の理科教育推進のためご協力よろしくお願いいたします。

 今年度は新型コロナ感染拡大のため、第1回理科部専門委員会が7月27日となりました。学校が再開された6月に大阪市立中学校教育研究会発表会を理科部として行うことは決めていましたが、どういった形で行うかなど具体的な話し合いを行いました。
 今年度は研究授業をDVDにし、区ごとに視聴していただいて意見交換を行う形で行うことを決め、研究を進めることとなりました。

11/21(土) 第59回 道徳 土曜学習会【B班】

B班…中学校の教材を使って

 「ほっちゃれ」(本市教科書 3年)
   石井先生(城陽中)の模擬授業

 「ガジュマルの木」(同 1年)
   二上先生(大阪市教育センター 教育指導員)による授業展開研修

今回は、小学校の教材を用いたこと(A班)、どちらかといえば苦手意識の

強い内容項目(D-21:畏敬の念)の教材であったこと(B班)もあり、

両班とも多数の参加がありました。

また、講義形式だけでなく、グループワークなど参加型の学習会も

おこなってほしいとのご意見もいただきました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11/21(土) 第59回 道徳 土曜学習会【A班】

第59回 道徳 土曜学習会が大阪市立東陽中学校にて、開催されました。

感染症対策のため、今回も2会場に分けての実施となりました。

A班…小学校の教材を使って

 「母さんの歌」(日本文教出版 5年)
   安村先生(高石市立加茂小)の模擬授業

 「エルトゥールル号 ―日本とトルコのつながり―」(同 6年)
   宮脇先生(大阪市教育センター 教育指導員)による授業展開研修
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

令和2年度 中学校教育研究会 「幼小中教育研究会 情報交換交流会」

令和2年度 中学校教育研究会 
 「幼小中教育研究会 情報交換交流会」を実施しました。


日時:令和2年11月17日(火)16時00分〜17時00分
場所:大阪市立味原小学校

幼小中研究会
・各研究会の情報の共有
・各研究会の状況や組織の共通理解
・各研究会の方向性や感染症の状況をふまえた研究推進の現状等の確認
・各研究会の連携内容の模索

・その他
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

令和2年度 中学校教育研究会 全体研修会

中学校教育研究会 全体研修会

日時:令和2年11月12日
場所:大阪市教育センター 8階 研修室5

次第
1  開会の言葉
2 会長あいさつ
3 講演
「『学びの質』を高めるカリキュラム・マネジメントの進め方」
−新学習指導要領全面実施にむけて、今すべきことを構想する−
4 講師先生
   大阪市立大学大学院文学研究科
    准教授  島田 希 様
5 閉会の言葉、諸連絡


【研修会内容】
≪講演≫
 「『学びの質』を高めるカリキュラム・マネジメントの進め方」
   −新学習指導要領全面実施にむけて、今すべきことを構想する−

(概要)
 本研修では、新学習指導要領において求められているカリキュラム・マネジメントとは 何か、またそれがなぜ求められているのかをふまえた上で、今すべきことの構想を具体化することを目的としたいと思います。カリキュラム・マネジメントを推進していくために求められる工夫として、校内研修の企画・運営やそれを促す管理職やミドル・リーダーの役割にも言及したいと考えています。

<講師先生紹介>
大阪市立大学大学院文学研究科 准教授 島田 希 様

<島田希先生のご経歴とおもな著書>
〇ご経歴
 大阪府に生まれる。北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科博士後期課程を修了。博士(知識科学)。信州大学教育学部助教(GP)、高知大学教育学部附属教育実践総合センター講師を経て、現職。
 主たる研究領域は、教育方法学、カリキュラム研究、教師教育学。校内研修の継続・発展やカリキュラム・マネジメントを充実させる管理職のリーダーシップ、外部人材(教育委員会指導主事など)が果たす役割について研究を進めている。

〇おもな著書
『教師の仕事と求められる力量』(共著、あいり出版)、『教育工学的アプローチによる教師教育』(共編著、ミネルヴァ書房)、『学びを創る教育評価』(共著、あいり出版)など




画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

令和2年度 中学校教育研究会 第5回 評議員会

令和2年度 大阪市立中学校教育研究会

第5回 評 議 員 会  

           令和2年11月12日(木) 14:30〜

           於:大阪市教育センター 8階第6研修室

次第
 1 会長あいさつ 

 2 大阪市教育委員会あいさつ
   ・指導部中学校教育担当より 
   ・大阪市教育センターより  

 3 議事

  (1) 全市研究発表会について 

  (2) 研修計画について 
     ・全体研修会  11月12日(木)
     ・評議員研修会  1月29日(金)

  (3) 研究集録『研究の歩み』について 

  (4) 小中一貫教育委員会について 
     日時:11月17日(火)
     場所:味原小学校

  (5) その他
    ・令和3年度の予定について
       5月26日(水)全体会
      10月13日(水)全市研究発表会
      11月11日(木)全体研修会
       8月27日(金)ブロック研究発表会(基準日)

    ・会計事務連絡について

    ・連絡事項
      第6回「評議員会」
       日時:1月29日(金) 15:00〜
       場所:大阪市教育センター 8階研修室5
       内容:(1)令和2年度のまとめ
          (2)会計、その他

     「評議員研修会」16:00〜


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

◆令和2年度 開催 大阪市立中学校教育研究発表会

令和2年度 大阪市立中学校教育研究発表会

日時 令和2年10月14日(水)
場所 各会場

「よりよい未来社会の創り手となる資質・能力の育成」
 − 学びの質を高めるカリキュラム・マネジメントを通して −

全市研究発表会
 

中教研音楽部「文楽研修会」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 令和2年11月2日、国立文楽劇場に於いて「文楽研修会」を開催しました。(がんばる先生支援)鑑賞(文楽)研究班 桜宮中学校川西孝亮代表のあいさつに続き研修を行いました。
 新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、参加人数を絞っての開催となりました。(劇場エントランスの「文七(↑上の写真)」のかしらも大きなマスクを着用していました。)

 講師は次の通り、国立文楽劇場技芸員の皆さまにお願いいたしました。

【太夫講師】  豊竹芳穂太夫 様
【三味線講師】 鶴澤友之助 様
【人形講師】  吉田玉勢 様

 大阪が誇る伝統芸能「文楽」を初歩から実演を交えて丁寧にご指導いただきました。大阪市立中学校教育研究会音楽部では、国立文楽劇場および、大阪市経済戦略局文化部のご支援の下、今後も継続して研究を推進します。
 令和3年度は、6月に舞台を鑑賞しながら解説戴く「文楽鑑賞教室」を開催する予定です。

令和2年度 音楽部研究発表会

画像1 画像1 画像2 画像2
 令和2年度 全市一斉研究発表会音楽部発表会を開催しました。

 日 時:令和2年10月14日(水)
 場 所:大阪市立大淀中学校
 内 容:各研究班の研究発表と協議
 発表者
    歌唱研究班 沖 正樹教諭(南港南中)
    器楽(創作)研究班 乾 正義教諭(八阪中)
    鑑賞(文楽)研究班 川西孝亮教諭(桜宮中)
    ICT研究班 瀧口弘美教諭(阿倍野中)

 指導助言者
    歌唱研究班    安藤 寛 指導主事
    器楽(創作)研究班 田中龍三特任教授(大教大)
    鑑賞(文楽)研究班 出石智佳子指導主事
    ICT研究班   今村友美 指導主事

 今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、4つの部門(研究班)ごとに会場を設定し分散開催としました。子どもたちの学びを止めない、私たちの学びを止めないの合言葉の下、合計100名の音楽科教員が集い研究会を持ちました。今年度から「合唱研究班」「器楽(創作)研究班」「鑑賞(文楽)研究班」「ICT研究班」を立ち上げ研究を推進します。
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

数学部

特別支援教育部

本部