弘済小学校・弘済中学校

2024/04/10 17:25 更新
正門画像(新緑)

校長あいさつ

本年度4月より、弘済小・中学校本校及び弘済小・中学校分校に校長として着任しました鹿嶽 昌彦です。どうぞよろしくお願いします。

弘済小中学校の学校教育目標は「学力の向上と自立に必要な力の育成」とし、一人ひとりの子どもに寄り添い、基礎学力の定着と基本的な生活習慣や社会性を身につけさせるとともに、豊かな心の育成を核とした生きる力をはぐくむ教育を大切にしています。そのため、教職員の意識改革と資質の向上、子どもの道徳心や社会性の育成、学校と園との連携を課題として取り組んでいます。

私たち教職員の理想の学校は、「子どもにとって楽しい学校」、「保護者・園にとって信頼できる学校」、そして「教職員にとって働きがいのある学校」です。このような学校をつくるには、管理職の力強いリーダーシップと組織マネジメント能力は当然必要ですが、それだけでなく、その学校運営を支える教職員の意欲と力量が最も重要だと思います。

具体的には、本校・分校とも、ベテランの教員が若手教員の能力・適性を理解し、個性に応じた実力が発揮できるよう積極的に助言できる体制づくりや、担当外の仕事でも、学校の現状や仕事内容を理解し協力し合える雰囲気づくり、そして、教員間で自分の持っている知識や技能を周りの教員にも伝え合い、全体がスキルアップできる体制づくりなど、学校組織の活性化に努めています。

また、児童・生徒の学力向上については、ベテラン、中堅、若手教員が一つになって、個に応じた指導の充実を図り、「わかる授業」、「学ぶ楽しさ」が体感できる授業実践に努めています。

さらに、生活の基盤である園の持つ教育資源や教育力を最大限に活用するため、園の職員と教職員間で子ども一人一人の情報をしっかり共有し、より細かな連携のもとで学習指導や生活指導を行う体制づくりに取組んでいます。園の職員との人間的なつながりを大切にし、園行事への積極的な参加をはじめ、タイムリーな園や寮への訪問を行い、問題行動以外でも学級の様子を報告するなど、良好なコミュニケーションづくりに努めています。

このように、日々悪戦苦闘を繰り返していますが、少しずつ成果が見え始め、私たち教職員の理想の学校に少しずつ近づいてきています。これからも精一杯努力して、子どもの笑顔を追及していきたいと考えていますので、多くの方々のご理解とご協力をこれまで以上によろしくお願いいたします。

大阪市立弘済小・中学校  
大阪市立弘済小・中学校分校
校長 鹿嶽 昌彦