大阪市立みどり小学校

2024/05/30 15:28 更新
非常措置について.png新 標準服

校長あいさつ

みどり小学校の校訓は、「あかるく なかよく たくましく」です。「あかるく」とは、心身ともに健康で、いきいきと活動する子どもを育てることを目標にしているということです。同様に、「なかよく」は互いに違いを認め合い、ともに生きる子どもを、「たくましく」は主体的にとりくむ、粘り強い子どもを育んでいこうという思いを表しています。

また、私が誇りに感じていますのは、開校翌年にできあがった本校の校歌です。「力を合わせすこやかに」、「よく聞き考え手をつなぎ」そして「正しく強くたくましく」と歌われています。これは現代の教育キーワードである、「主体的・対話的で深い学び」、「思考力・判断力・表現力の育成」、「『令和の日本型学校教育』と呼ばれる、個別最適で協働的な学び」などに相通ずるものです。半世紀近い歴史を持つ本校の教育目標が、不易なる伝統に裏打ちされていることを示しています。

本校は昭和52年の開校以来、数多くの保護者・地域の皆様のご支援により、豊かな校史を刻んでまいりました。施設面においては、吹き抜けのあるピロティに代表されるように、開校前から学校に対する熱い思い、愛情が具現化されています。さらに見守り活動や防災、非行防止などソフト面でも地道なご助力をいただいているところです。我々教職員一同も、みどりの子どもたちの育成に全力を挙げてまいります。今後とも引き続きお力添えを賜りますようお願い申しあげます。

大阪市立みどり小学校  校長 森  健