教育目標

「すすんで学び、互いに高めようとする意欲的な子どもを育てる」

1.学力の向上

・基礎的・基本的な内容を確実に定着させる。

・読書への意欲を高め、読書習慣の確立を図る。

・読解・記述・表現活動など言語活動の充実を図る。

2.道徳心・社会性の育成

・児童の自尊感情を育て、一人一人が大切にされる教育を進める。

・「善悪の区別」「生命の尊重」「公徳心、規則の尊重」に重点をおいて、道徳の授業を中心に道徳教育を推進する。

・地域との連携を進め、地域の教育力を生かした取組みを進める。

3.健康・体力の保持増進

・体育の時間や運動タイム・業間の時間を活用し、体力の向上を図る。

・健康的な生活習慣が身につくようにする。

・子どもの小さなサインを見落とさず、子どもの心の健康に向き合っていく。