家庭部


1、 研究主題
 「豊かな心と実践力を育み、未来を拓く家庭科教育 〜持続可能な社会に向けて〜」

2、 研究目的
   ○SDGs(持続可能な開発目標)から、環境について考える。
   ○防災・減災の視点を取り入れた家庭科の指導内容・方法を検証する。
   ○達成感・成就感をつなげて自分の成長や生活を創意工夫する喜びを自覚できる子どもを育成する。

3、 研究内容
(ア)SDGsの目標達成に向けて、環境教育・消費者教育について、さらに研究を深める。
(イ)災害時を想定した暮らし(リスクマネージメント)を意識する学習を検証する。
衣生活に着目して、子どもたちが課題を解決できる力を育むために、どのような課題を設定するのかを考える。どのような内容をどのような視点から、どのような 方法で指導するのかを考える必要がある。家庭科が今まで行ってきた課題解決型学習を通して学習をすすめ、検証する。災害時の被害を予測し、最小化するための備えをするという考え方である減災の視点を、防災とともに取り入れる。
(ウ)子どもの生活実践力を育む。
   日常の生活場面で使える生活実践力を身に付けておかないと、非日常の場面で生活実践力を発揮することは難しい。基礎的・基本的な知識や技能を、課題解決型学習の中でしっかり身に付けることを重視する。
   自分の行動を通じて環境を意識的に変化させることから、さらに課題を見出し、発展的に課題を解決する力が大切になってくる。それは、批判的思考力であり、判断力や表現力等である。具体的な場面で、なぜそうなったのか、どうすればよかったのかを考えることから、「できた」・「わかった」という達成感・成就感につなげることは、学校で学んだ知識や技能等を自分の生活で実践する行動力につながると考える。
  また、昨年度の研究から引き続き「深い学び」に向けた「主体的な学び」「対話的な学び」を充実させることで、家庭科のめざす思考力・判断力・表現力も豊かなものになり、生活についての課題を解決する力や、生活を創造しようとする態度も育まれると考える。

表示項目はありません。

資料

配布文書はありません。