ごあいさつ   大阪市小学校教育研究会 会 長 (大阪市立味原小学校 校長) 藤澤 宜史

 大阪市小学校教育研究会のホームページをご覧いただきありがとうございます。本研究会は、昭和22(1947)年に創設され、今年度で70年目を迎えます。本研究会の統一主題は、「変化する社会を主体的に生きる子どもの教育を創造する」というこれまでの主題を継承しています。本年度は、次期学習指導要領改訂の動きや方向性をふまえ、「『21世紀型能力』を確実に身につける学びの構築」をサブテーマに設定し、研究活動に取り組んでいきます。
 とりわけ、本年度は研究活動のさらなる活性化を図るため、次の2点を重点置いて進めてまいりたいと考えています。1点めは、「21世紀型能力」を育む指導と評価の工夫です。子どもたちが「21世紀型能力」を確実に身に付けるためには、基礎的・基本的な知識や技能を目的に応じて使いこなす「基礎力」、生活や社会の中に自ら問題を見出し、習得した知識や技能を活用して仲間と解決していく「実践力」、またこうした基礎力や実践力を創り出していく「思考力」を育てるための学習過程を構築する必要があります。
 2点めは、経験年数に応じた会員のさらなる資質と指導力の向上です。本研究会では、今年も恒例の夏季研修会をはじめ、教育センターと共催して実施します教育課程研修会、そして、学習指導基本研修会、各研究部による実技研修会、人権教育講演会、総合発表会全体会・分科会など、会員の教職経験年数やニーズに応じた各種研修会や講演会をさらに充実させてまいります。
 なかでも、ここ数年間の大量退職・大量採用により経験年数10年未満の教員が全教員の半数を越える現在、若手教員の授業力の向上を図ることをねらいとして、今年度は、経験4年目の教員を中心に、希望する研究部の協力員としてともに研究活動に取り組んでいただき、教材研究や授業研究のあり方等、指導改善につなげていきたいと考えていますので、ぜひ皆様方のご理解・ご協力をお願いいたします。
 また、ご承知のとおり、大阪市では昨年度より「小学校学力経年調査」が実施されています。このこともふまえ、本研究会では4教科の「しんだん」は、学期ごとにきめ細かく指導の成果と課題を振り返っていただくための資料として、「学期ごとに」作成いたしました。本年度も積極的にご活用いただきたいと思います。
 最後になりましたが、本研究会の1年目の研究活動が、さらに充実・深化していきますよう、会員の皆様方のご尽力に大きな期待を寄せますとともに、大阪市教育委員会ならびに大阪市教育センター、学校経営管理センタの皆様方のより一層のご理解・ご支援をお願いしまして、ごあいさつとさせていただきます。
                                                              (平成29年 5月22日)

研究会の活動

表示項目はありません。

アクセス統計

総数:69422、今年度:2894

今月:2894、本日:61、昨日:64

アクセシビリティ設定

文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地

携帯サイト

大阪市小学校教育研究会携帯サイトQRコード