視聴覚部

本年度の研究主題は
「情報活用の実践力を「主体的・対話的で深い学び」で追究する

研究の内容

(1)研究の内容
新学習指導要領では、学習の基盤となる資質・能力として、「言語能力」「問題発見・解決能力」と並んで「情報活用能力」の必要性が明記された。情報活用能力においても、「知識及び技能」、「思考力、判断力、表現力等」及び「学びに向かう力・人間性等」の「三つの柱」によって捉えていくこととされた。
○情報活用能力の「知識・技能」の習得と「思考力・判断力・表現力等」の育成のバランスを重視しながら進める授業モデルの構築
(2)研究の方法
A部会…情報活用能力の「知識・技能」の習得を目指す、情報教育デザインシートの作成
B部会…情報活用能力の「思考力・判断力・表現力等」の育成を目指す情報教育デザインシートの作成
「主体的・対話的で深い学び」のある学習場面を設定し、習得した「知識・技能」を用い、「思考力・判断力・表現力等」を育成する、情報教育に視点をあてた指導計画(情報教育デザインシート)を構築
・インターネットや動画などを活用して必要な情報を収集・取捨選択する力の育成
・タブレット端末等で分類整理して、わかりやすく発信しようとする力の育成
・NHK for Schoolを活用した授業展開
・プログラミング的思考を働かせる授業展開の構築
「知識・技能」・「思考力・判断力・表現力等」から「学びに向かう力・人間性等」の涵養

大阪市小学校教育研究会 視聴覚部長
大阪市立小松小学校長 兵庫唯史

主な活動

情報活用能力育成のための授業モデル・・・研究公開授業の実施
総合研究発表会における公開授業 研究討議 講演会の実施
近畿ICT教育研究会への参加
  情報活用能力チェックリストの作成
  近畿の各府県の視聴覚・放送教育・ICT活用等の情報交換

大阪府放送視聴覚教育研究会
近畿視聴覚教育研究会
近畿放送教育研究協議会 への参加

表示項目はありません。

資料