大阪市立梅香中学校

2020/12/04 17:46 更新
★1トップ.jpg★2トップ.jpg★3トップ.jpg★4トップ.jpg★5トップ.jpg★6トップ.jpg                    ★賞excellent_logo.jpg

校長あいさつ

梅香中学校ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 本校は、昭和24(1949)年に此花第二中学校として、大阪市立伝法小学校に併設され、 昭和 25(1950)年に現校名に改称、現在の梅香小学校の敷地に校舎が置かれました。昭和 28(1953)年に現在の地に移り、校舎敷地とは別にグラウンド敷地がある施設面で非常に恵まれた環境の中学校となっています。
『学ぶ心 強い心と体 美しい心』を校訓に、500名を超える生徒が勉学や学校行事、部活動に励んでいます。
 本校独自の行事としては「夜間遠足」があります。夏期休業中に阪神淡路大震災の被災地から梅香中学校まで30kmを踏破する取組は、地域と保護者、学校の固いつながりとなり、 自主参加する生徒や踏破ボランティアにとっては防災や減災に対する意識を新たにする機会となってきました。
 めざす生徒像は、あらゆることに粘り強く取り組み、多角的な観点から思考、行動できる 「学ぶ力」を身につけ、相手を敬い尊重し協力し合う「コミュニケーション能力」を発揮できる生徒です。この2つの力を基礎として、梅香中学校に学んだ子どもたちが、将来、様々な課題に協力して立ち向かい、豊かな未来を築くために貢献できるよう、未来を見据えて教育を実践してまいります。
 子どもたちのために教職員一同、精一杯取り組んてまいりますので、保護者の皆様、地域 の皆様のご理解とご支援を賜りますよう今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

        令和2年4月1日  大阪市立梅香中学校長 鈴木 昌弘