いつも そこが じぶんの 居場所 い・そ・じ  みんな ちがって みんな いい

プール開き 7月2日

画像1 画像1
コロナ対策で
1〜4年生はプール水泳は今年中止

特に1年生には
「夏には大きなプールで泳げます!」という入学式の新2年生からの歓迎の呼びかけもなく
来年までプールはお預けとなりました

本当に残念で申し訳ない気持ちでいっぱいですが
こればっかりはしかたないですね

5・6年生だけのプール開きとなりました

そしてこの時が「初蝉」
クマゼミの合唱
盛夏の始まりです。

給食の変更

令和2年7月3日
保護者様
大阪市立磯路小学校
校長 糸井 利則
                          
教育委員会事務局
保健体育担当課長
給食献立変更についてのお知らせ

 盛夏の候、保護者の皆様にはますますご健勝のこととお喜び申しあげます。平素は、本校の教育活動にご理解、ご協力をいただき厚くお礼申しあげます。
 さて、7月16日(木)の献立の「オレンジ」について、供給できないため、「みかん(缶)」に変更し、提供することといたします。
ご理解賜りますようお願い申しあげます。
○配付用献立表の差し替えはございませんので、オレンジを「みかん(缶)」に読み換えてください。
○食物アレルギーについて
みかん(缶)には食物アレルギー特定原材料等27品目は含まれておりません。
今回の献立変更により、食物アレルギー個別対応用献立表が必要な場合は、学校にお申し出ください。

5年生 メダカの赤ちゃん

画像1 画像1
理科の学習でメダカを育てています
卵が産まれたら
プラコップに移して観察を続けたところ
小さな赤ちゃんが誕生しました

見えるかな
画像2 画像2

2年生 理科の収穫

分散登校中に自分たちで植えた
ミニトマトとエダマメの苗が
どんどん実っています
画像1 画像1
画像2 画像2

3年生 ひまわり

画像1 画像1 画像2 画像2
休校中に植えたヒマワリが天高く
梅雨の雲間の晴天に映える

その後のクルルとカララ(4・5・6班)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
4班 仲間から謝って仲直り
5班 議論の末、二人で生きてゆく
6班 新しい年寄りの群れに合流

その後のクルルとカララ(1・2・3班)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
1班 仲間と合流して許してもらう
2班 キツネが襲ってきて結束、仲直り
3班 仲間に受け入れられず二人で生きてゆく

授業研究会 討議会・研修会

画像1 画像1
6年「風切るつばさ」の授業の後に
喧々諤々
先生たちが意見交換質疑応答したり
「自分ならこうする」代案を示したりする
研究討議会を終えて

大阪教育大学の住田教授にご指導をいただく

視点をクルル目線だけではなく
クルルの元に戻ったカララの葛藤に視点を置いてみるとどうなるか

また
劇化の具体例として「お手紙」(2年生)を取り上げ、目から鱗の新しい視点をご提示いただいた

このように
教師の仕事の命は「授業」
授業研究は続きます

来週は
若手教員の算数授業を
教育センターから
学力向上推進指導員の先生に見ていただく予定になっています

学び続ける教師の後ろ姿こそが
子どもたちの「学習環境」だと考えます

風切るつばさ 研究授業 6月26日

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
学校全面再開にともない
校内授業研究も計画的にスタートしました

6年1組の国語授業

風切るつばさ

アネハヅルの若い群れで、一羽がキツネに襲われて命を落とす

仲間殺しの汚名を背負い、群れから排除されるクルル

群れは冬が来る前にヒマラヤを越えて南へ旅立つ

仲間のカララだけがクルルの元に舞い戻り、跳べなくなったクルルに寄り添い、死を決意する
(冬になれば生きていけないし、時期を逃せばヒマラヤは越えられない)

再びキツネに襲われて、跳び上がったクルルとともにヒマラヤに向かう

二羽のアネハヅルは、最後の群れを追うように、南に向かった。つばさを大きく羽ばたかせ、どこまでもどこまでも・・・。

研究授業は、二羽はその後どうなったかのお話を作って、動作(劇)化していくところ

さて、子どもたちは?(写真参照)

給食再開1ヵ月

画像1 画像1
画像2 画像2
6月30日
ごはん・牛乳・鶏肉の醤油バター焼き・きゅうりの和え物・味噌汁

1ヵ月前には
分散登校・分割給食で
給食を再開させたのでした

全面再開から2週間
水曜日(7/1)も6時間授業になります
40分授業なので帰りはほぼ同じ
1年生はいつもの水曜日より少し早くなります
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31