全ての人の安全と安心のために新型コロナウイルス感染症の予防に努めましょう。毎朝の検温・健康状態の確認・感染症予防(手指消毒・手洗い・うがい・三密の回避、静かな給食などお願いします。
TOP

9/13 専門委員会 その3

 「人の命は地球の未来」の衛生委員会です。
 明日から「二酸化炭素濃度測定器」を教室に設置し、換気の目安にしていきます。
 昼間はコードレスで二酸化炭素の測定、夜に充電します。
 新型コロナウイルス感染症の予防に換気は大切です。
 これから少しずつ気温が下がっていきますが、換気はこまめにやりましょう。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

9/13 専門委員会 その2

写真上)3年学代会議
写真中)2年体育委員会
写真下)2年学代会議

オンラインでつないでいる委員会もあります。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

9/13 専門委員会 その1

 放課後に専門委員会を開きました。
 「緊急事態宣言」発出中なので、学年別で実施しました。

写真上)1年学代会議
写真中)1年図書委員会
写真下)1年体育委員会
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

9/13 今日の給食

 今日のメニューは「フランクフルトのケチャップソース・焼きかぼちゃ・スープ煮・黒糖パン・発酵乳・牛乳」の6品です。

 その昔、スープというのは本格的なレストランでしか食べられない特別な西洋料理でした。

 戦後間もなく、缶スープが売られ始めましたが、それほど人気は出ませんでした。
 今から57年前の東京オリンピックの開かれた昭和39年(1964年)、お鍋に水と牛乳を入れて温めるだけのインスタントスープの素が販売されました。
 これが大ヒットで、ポタージュスープという高級料理が家庭でも手軽に食べられるようになりました。
 その9年後の昭和48年(1973年)にはカップに入れてお湯を注ぐだけ、というカップスープが販売され、おいしいスープがより簡単に食べられるようになりました。

 カップスープって結構前からあったんですね。、

 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

9/13 2年 家庭科の授業

 被服室です。
 ポケットティッシュカバーにスウェーデン刺繍(ししゅう)をしておしゃれに仕上げます。

 スウェーデン刺繍とは、布の織り目に糸を通して模様を作る刺繍です。「刺繍なんて初めて」という方にお勧めらしいです。

 完成品は文化祭でお披露目でしょうか?楽しみに待ってます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30