〜ようこそ、平野中学校ホームページに!!「平中生の今」を発信します。〜

吹奏楽部71期生引退コンサート3

3年生のみなさん
ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2

吹奏楽部71期生引退コンサート2

保護者・地域の皆様方をはじめ、
たくさんの方々にお越しいただきました。
ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2

吹奏楽部71期生引退コンサート1

本日、吹奏楽部71期生の3年生の皆さんの引退コンサートが
開催されました。
画像1 画像1
画像2 画像2

本日の献立/9月20日(金)

画像1 画像1
献立名 ・鶏肉とてぼ豆のスープ煮
    ・じゃがいもとトマトのチーズ焼き
    ・ぶどう(巨峰)
    ・おさつパン、牛乳
栄養価 エネルギー 779kcal、たんぱく質33.7g、脂質 20.1g

☆チーズ☆
 日本で流通しているチーズには主にナチュラルチーズとプロセスチーズがあります。ナチュラルチーズは古い歴史を持つ乳製品で、古代ローマ帝国では、すでにチーズとチーズ製造に関する知識が輸出入されていたようです。そして、ヨーロッパを中心とする世界各地に地方特有のチーズができたため、その種類はたいへん多くあります。プロセスチーズの製造につながったのは、19世紀末のことで、当時、ヨーロッパでチーズを輸出するため、加熱殺菌により保存性を高めるという試みが行われました。そして、1911年、スイス人により、チーズにクエン酸ナトリウムを添加して加熱すると、冷却後も加熱前とほぼ同じ固さで、均一な組織のチーズができることが発見されました。そして、これをプロセスチーズと名付けました。
 一方、日本に乳製品の製造が伝えられたのは、538年の仏教伝来のころといわれ、「政治要略(1002年)」のなかに、700年(文武4)に「蘇」を作ったという記事があり、チーズのようなものがつくられたことが知られています。しかし、これは貴族の薬品として用いられるためのもので、一般には普及しませんでした。その後、航空機の発達と東京オリンピックがチーズの普及に大きく貢献したといわれ、日本人のチーズの年間消費量は、第二次世界大戦後、数百倍にもなっているようです。
 チーズは、牛乳を原料としてつくられた場合、エネルギー、たんぱく質、カルシウムなどは、牛乳の6倍近くにもなり、ひじょうに栄養価の高い食品ではありますが、塩分も添加されていますので、食べすぎには注意が必要です。
 今日の給食では、じゃがいも、ベーコン、トマトを合わせた上に細切りチーズをのせてオーブンで焼いています。

体育大会・3年学年練習の様子

 

画像1 画像1
画像2 画像2

体育大会・2年学年練習の様子

 

画像1 画像1
画像2 画像2

体育大会・1年学年練習の様子

 

画像1 画像1
画像2 画像2

吹奏楽部71期生引退コンサート

9月22日(日)に平野中学校吹奏楽部71期生の引退コンサートが開催されます。

会場:平野中学校体育館
開場:12時30分
開演:13時00分

ご都合のつく方は、素敵な演奏を聴きに来てください。
画像1 画像1

部活動行進練習6

 

画像1 画像1

部活動行進練習5

 

画像1 画像1

部活動行進練習4

 

画像1 画像1

部活動行進練習3

 

画像1 画像1

部活動行進練習2

 

画像1 画像1

部活動行進練習1

放課後は部活動行進練習を行いました。
画像1 画像1

体育大会 3年生集団演技

3年生集団演技の練習の様子です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

本日の献立/9月19日(木)

画像1 画像1
献立名 ・マーボーなす
    ・もやしのごま酢あえ
    ・枝豆
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 736kcal、たんぱく質30.3g、脂質 18.1g

☆なすの種類☆
 なすは、奈良時代に中国を経由して伝わったとされ、日本各地で古くから栽培され、品種改良もすすみ、各地で様々な品種が作られてきました。今では、日本国内で180種類以上、世界では1000種類程度存在するそうです。
 一般的によく出回っているのは、「卵型なす」やそれよりやや面長な「中長なす」で、さらに、大きい「米なす」や丸型の「丸なす」、実の長さが20cmから25cm程度の非常に長い「長なす」や、さらに長い「大長なす」などがあります。その他に、色の白いなすや緑色のなすも栽培されています。
 今日の給食では、マーボーなすとして使用しています。

※なすの歴史や栄養については、7月9日にも掲載しています。

体育大会・全体練習の様子3

 

画像1 画像1

体育大会・全体練習の様子2

 

画像1 画像1

体育大会・全体練習の様子1

 

画像1 画像1

本日の献立/9月18日(水)

画像1 画像1
献立名 ・イタリアンスパゲッティ
    ・グリーンアスパラガスとキャベツのサラダ
    ・発酵乳
    ・黒糖パン(1/2)、牛乳
栄養価 エネルギー 785kcal、たんぱく質31.3g、脂質 25.1g

☆ピーマンの栽培と旬☆
 ピーマンの栽培方法には、ハウスなどの施設を使わず、屋外の畑で栽培する露地栽培と、ビニールハウスやガラスハウスなどの施設で作物を栽培するハウス栽培があります。
 露地栽培の場合、寒冷地では5月下旬から6月中旬、暖地では4月中旬から5月上旬がそれぞれ植え付けの適期となるそうです。露地栽培は、その野菜が本来育つ時期に合わせ、自然に近い状態で栽培するため、旬の野菜を味わうことができます。また、ハウス栽培は、天候や害虫の影響を受けにくいので、年間を通して農作物を安定して栽培することができます。
 露地栽培での主な産地は、茨城、宮崎、鹿児島、高知などで、6〜9月に出荷が多く、また、おいしい旬の時期となります。
 今日の給食ではスパゲッティの具として使用しています。

※ピーマンの原産地や歴史については、6/5の掲載分をご覧ください。

文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
学校行事
9/25 体育大会予行
9/26 体育大会準備(午後)
9/27 体育大会