〜ようこそ、平野中学校ホームページに!!「平中生の今」を発信します。〜

本日の献立/10月 1日(木)

画像1 画像1
献立名 ・かつおのマリネ焼き
    ・もやしとピーマンのソテー
    ・ウインナーと野菜のスープ
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 731kcal、たんぱく質 32.0g、脂質 18.0g

☆ノンエッグドレッシング☆
 今日の「かつおのマリネ焼き」の味付けには「ノンエッグドレッシング」を使用しています。これは、見た目や風味はマヨネーズのようですが、卵を使用せずに作られたマヨネーズ風味のドレッシングです。原材料は食用油、酢、大豆で、卵のかわりに大豆を使用しています。卵を使用していない場合は、食品に関する規格や表示基準などによってマヨネーズの名称は使用できないためこのような名称になっています。
 実は、マヨネーズに加える卵黄は、本来混ざり合わない油と水分を混ぜ合わせるための乳化剤としての役割を果たすもので、そのかわりをする材料があれば、少し風味は変わりますが、マヨネーズによく似たドレッシングを作ることができます。乳化剤としてよく使用されるものには、からし、マスタード、豆乳などがあります。ご興味のある方は、一度お試しください。

水泳部 賞状伝達

中体連主催の水泳大会において、
入賞した生徒のみなさんに、
賞状の伝達を校長室で行いました。
画像1 画像1

授業の様子

今日の授業の様子です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

本日の献立/9月30日(水)

画像1 画像1
献立名 ・揚げぎょうざ
    ・中華煮
    ・みかん(冷凍)
    ・コッペパン、いちごジャム、牛乳
栄養価 エネルギー 950kcal、たんぱく質 36.6g、脂質 34.0g

☆にんじん(人参)☆
 ニンジンの原産地は、アフガニスタン北部の山岳付近とされ、中近東を経て12〜13世紀にヨーロッパへ伝わった西洋種と、シルクロード経て13世紀に中国へ伝わった東洋種に大きく分かれました。日本へは東洋種が17世紀に中国から伝わり、その後18世紀の幕末期に西洋種が長崎に伝わりました。現在流通しているのはほとんどが西洋種で、「五寸にんじん」という品種を主流として数種類の品種が出回っています。東洋種は「金時にんじん」が主に正月用として、関西以西でわずかに流通するにとどまっています。西洋種は日本各地で栽培され、春夏は、徳島、千葉、青森、愛知などで、秋は、北海道、青森などで、冬は、千葉、茨城、愛知など、というふうに一年を通じて収穫されています。そのため、旬は感じにくいですが、本来冷涼性の野菜ですので、西洋種は9〜12月ごろ、東洋種は11〜2月ごろで、どちらも秋から冬にかけての野菜です。
 栄養成分では、何と言ってもカロテンが豊富に含まれているのが特徴で、皮膚や粘膜を強くし、免疫力を高めますので、これからの季節、風邪などの予防に効果が期待されます。
 今日の給食では、「中華煮」に使用しています。

本日の献立/9月29日(火)

画像1 画像1
献立名 ・一口がんもと里いものみそ煮
    ・牛肉と野菜の炒めもの
    ・みたらし団子
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 819kcal、たんぱく質 29.5g、脂質 19.0g

☆月見(つきみ)☆
 今年は、10月1日が「お月見」にあたります。これは旧暦の8月15日の月を鑑賞する行事で、この日の夜を「十五夜」といいます。十五夜の月は、一年で最も美しいとされ、「中秋の名月」と呼び、だんごやススキ、里芋など季節の収穫物をかざり、収穫を感謝するとともに、月を見て楽しむということが習慣となりました。このとき芋を供えることから、「芋名月」ともよばれています。
 また、昔から美しい月に親しみを持っていたようで、次の日の月は、少し遅れて出るため、「ためらう」という意味の「いさよい」という言葉から、16日の夜または月を「十六夜(いざよい)」、17日の月は十六夜より月の出が遅くなるので、立って待つという意味で「立待月(たちまちづき)」、18日はさらに遅くなるので、座って待つ「居待月(いまちづき)」、19日は寝て待つ「臥待月(ふしまちづき)」、20日はもっと遅くなるので「更待月(ふけまちづき)」というように一日ごとに呼び名があります。
 今日の給食では、2日早いですが、お月見にちなんで、この時期に収穫が増え、お供えにも用いられるさといもや団子を使って「一口がんもとさといものみそ煮」、「みたらしだんご」を献立に取り入れています。

授業の様子

今日の授業の様子です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

平中だより

平中だよりを発行しました。

第6号 ←こちらをご覧ください

第6号(10月行事予定) ←こちらをご覧ください
画像1 画像1

本日の献立/9月28日(月)

画像1 画像1
献立名 ・プルコギ
    ・トック
    ・もやしの甘酢あえ
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 765kcal、たんぱく質 26.8g、脂質 17.7g

☆プルコギ、トック☆
 「プルコギ」は、韓国・朝鮮の肉料理の一つで、しょうゆベースで甘口の下味をつけた薄切りの牛肉をプルコギパンという専用の鍋で、野菜や春雨などとともに焼く、あるいは煮る料理です。「プル」は火を「コギ」は肉をあらわし、直訳すると「焼き肉」となりますが、どちらかというと「すき焼き」に近い料理で、「韓国風すき焼き」と呼ばれることもあります。
 「トック」も同じく韓国・朝鮮の料理の一つで、おもにうるち米を原料とした歯切れのよい餅を使用したスープです。「トッ」は餅で、「クッ」が汁をあらわします。
 どちらもとても人気が高く、日本でもおなじみの料理となっています。

2年生 人権講話

本日2年生は、講師の方をお招きして国際理解について講話を聴きました。
本質を見抜く力を養うことの大切さについて学習しました。
画像1 画像1

大阪市秋季総体 剣道

住吉スポーツセンターで剣道の大阪市秋季大会がありました。1回戦、延長戦までもつれましたが、美津島中の選手に敗れてしまいました。
敗れはしましたが、参加した選手は頑張りました。お疲れさまでした。
画像1 画像1
画像2 画像2

本日の献立/9月25日(金)

画像1 画像1
献立名 ・焼きそば
    ・きゅうりの生姜漬け
    ・ぶどう(巨峰)
    ・黒糖パン(1/2)、牛乳
栄養価 エネルギー 703kcal、たんぱく質 31.1g、脂質 18.4g

☆中華めん☆
 中華めんは、小麦粉を原料にした中国発祥の麺で、鹹水(かんすい)を加えることで、独特のコシや色合い、香りが生まれます。日本へは横浜の開港(1859年)以降、外国の商社等が入り、中華料理店が営業開始され、ラーメンの麺として知られるようになったそうです。
 今日の給食では、焼きそばとして使用しています。大阪では、定食としても存在し、焼きそばをおかずにして、ご飯やみそ汁を食べる習慣があります。このような組み合わせの場合、「炭水化物ばかりの組み合わせだ。」とよく言われます。給食の場合も、パンとの組み合わせで提供しており、よくこのように言われます。しかし、給食の場合は、その点も調整しており、炭水化物ばかりで、栄養バランスを崩しているようなことはありませんのでご安心ください。炭水化物の量は、糖質の量であらわされており、各ご家庭に配布している献立表にも掲載しておりますので、他の献立と比べてとくに糖質の量が多いということはないとわかっていただけると思います。
 焼きそばを調理する場合、野菜や肉類などもたくさん使用できますので、ご飯やパンと組み合わせてもうまく調整すれば、とてもバランスの良い献立になります。

授業の様子

今日の授業の様子です。
画像1 画像1
画像2 画像2

本日の献立/9月24日(木)

画像1 画像1
献立名 ・大豆入りキーマカレーライス[米粉]
    ・キャベツとコーンのサラダ[ノンエッグドレッシング]
    ・白桃(カット缶)
    ・牛乳
栄養価 エネルギー 809kcal、たんぱく質 27.2g、脂質 19.8g

☆キーマカレーライス☆
 「キーマ」は、インドのヒンディー語やウルドゥー語などで「細かいもの」というところから「細切れ肉」や「挽き肉」を意味しています。このことから「キーマカレーライス」は挽き肉を使ったカレーライスのことを言います。とくに決まった調理法があるわけではないので、ひき肉を使ったドライカレーなどもキーマカレーのうちの一つになります。ドライカレーとどう違うのかとよく質問を受けることもありますが、広い意味では、どちらもキーマカレーとなり、一般的にドライカレーの場合は、水分が少なめで、挽き肉以外の具材も少なめになっているものを示しているようです。
 今日の給食では、挽き肉のほかにカルシウムや鉄、食物繊維が豊富に含まれた大豆のひきわりにしたものを使用しています。また、小麦粉を使用していない米粉のカレールウの素を味付けに使用しています。

授業の様子2

授業の様子です。
2年体育、3年理科です。
画像1 画像1
画像2 画像2

授業の様子1

授業の様子です。
1年音楽、3年数学、3年美術です。
画像1 画像1
画像2 画像2

本日の献立/9月23日(水)

画像1 画像1
献立名 ・フランクフルトのケチャップソース
    ・焼きじゃが
    ・スープ
    ・黒糖パン、牛乳
栄養価 エネルギー 771kcal、たんぱく質 31.8g、脂質 27.0g

☆フランクフルトソーセージ☆
 日本では一般的にフランクフルトと呼んでいますが、ソーセージの一種で、6/18にウインナーソーセージとともにJAS規格によって太さの違いで呼び方が変わることを紹介したように、直径が20mm〜36mmのソーセージをこのように呼びます。名前の由来は、ドイツのフランクフルトで主に作られていたということによります。
 太さに違いがあるのは、もともと腸詰に使っていたケーシングの材料となる動物の違いによるもので、ウインナーの場合は羊、フランクフルトの場合は豚の腸というようになります。さらに大きいボロニアソーセージの場合は牛の腸を使用します。今では、それぞれの腸に似せて作られたケーシングを使用することもあります。
 今日の給食では、ケチャップ、デミグラスソース、ウスターソースを合わせて煮、でん粉でとろみをつけたソースをゆでたフランクフルトソーセージにかけています。

サッカー部試合結果

この連休の試合の報告です。
大阪市秋季総合体育大会は、惜しくも昨日、鶴見緑地で茨田北中学校に1ー1のPK戦で負けてしまい、ベスト8に終わりましたが、昨日の悔しい気持ちを跳ね返し、本日、大阪府秋季大会で勝ち上がり、大阪府秋季総合体育大会のベスト32に進出しました!やりました!
子どもたち頑張っています!
画像1 画像1
画像2 画像2

土曜授業の様子

今日は土曜授業です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

本日の献立/9月18日(金)

画像1 画像1
献立名 ・他人丼(※鶏卵の個別対応献立)
    ・金時豆の煮もの
    ・とうがんのみそ汁
    ・牛乳
栄養価 エネルギー 822kcal、たんぱく質 32.2g、脂質 21.5g

☆金時豆(きんときまめ)☆
 金時豆は、中南米原産とされるインゲン豆の代表的な種類で、北海道で栽培されるインゲン豆のうち、およそ7割を占めています。金時の名は「坂田金時(さかたのきんとき)」に由来するもので、坂田金時が赤っぽい顔をしていたということから、金時芋、金時にんじんなど赤い色をしたものによくつけられます。また、赤紫色が鮮やかなことから「赤いんげん豆」とも呼ばれています。
 金時豆は、形や味ともに優れており、煮豆だけでなく、洋風の煮込み料理や甘納豆にも使われます。栄養面では、他のインゲン豆と同じく、カルシウム、鉄などのミネラル成分や、食物繊維など、現在の食生活で不足しがちな栄養素をたっぷり含んでいます。
 最近では、家庭で豆類を調理するという機会が少なくなってきていると思いますが、今日の給食では、製品ではなく、硬い豆の状態から本校で調理し、砂糖、塩、しょうゆを使用して昔ながらの煮ものにしています。

本日の献立/9月17日(木)

画像1 画像1
献立名 ・チキンカレーライス[米粉]
    ・きゅうりのピクルス
    ・ぶどう(巨峰)
    ・牛乳
栄養価 エネルギー 777kcal、たんぱく質 26.7g、脂質 14.1g

☆巨峰(きょほう)☆
 巨峰は、大粒で黒紫色をしたブドウで、日本で育成され1945年に発表された品種です。果汁が多く、甘味も強い上に、皮離れもよいことから人気も高まり、1970年代ごろから増殖されました。国内での生産量は、以前はデラウェアが一位となっていましたが、現在では、巨峰が第1位となっています。
 世界でのブドウの利用については、約8割がワインの原料となっていますが、日本で栽培されたブドウでは約9割が生食用となっており、その利用の違いが明らかになっています。
 ブドウの主成分は、果糖、ブドウ糖などの糖質ですが、カリウムなどのミネラルも含んでいます。また、皮が黒や赤のブドウには、抗酸化作用のあるポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれ、様々な効果があるとして期待されています。

文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31