〜ようこそ、平野中学校ホームページに!!「平中生の今」を発信します。〜

本日の献立/5月29日(水)

画像1 画像1
献立名 ・プルコギ
    ・豆腐のスープ
    ・チンゲン菜ともやしのゆずの香あえ
    ・発酵乳
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 782kcal、たんぱく質32.0g、脂質 19.4g

☆にんにく(大蒜)☆
 ニンニクは中央アジア原産で、ネギなどの仲間になる野菜です。ヨーロッパではギリシア、ローマ時代から知られ、古代エジプトではピラミッド建設にかかわる人々の重要な食糧となっていたようです。日本へは千年以上前から伝えられており、「本草和名(918年)」に記述が見られます。「源氏物語(1004〜1012年ごろ)」にも登場しており、「帚木(ははきぎ)」の中の「雨夜の品定め」で、「極熱の草薬」として登場します。当時は、オオビル(於保比留、大蒜)と呼ばれ、薬や厄除けとして使われていました。
 強烈なにおいは主に硫化アリルのひとつであるアイリンが分解されてできるアリシンという成分によるもので、体内でビタミンB1と結びついて吸収を高め、疲労回復やスタミナ増強などの効果があります。また、抗がん作用や抗菌作用、血栓や冷え性の予防、脂肪の分解促進などさまざまな効果が期待されています。ただし、生で食べると刺激が強く、食べ過ぎると胃腸の粘膜を傷つけるので注意が必要です。加熱をすると刺激は少なくなります。
 今日の給食では、プルコギに使用しています。

平野郷めぐり6

写真は、区民わた畑と瓜破霊園内の災害時に使用する設備です。
平野区の花は綿です。江戸時代、平野の代表的な産業は繰綿(くりわた)と綿作で、明治時代には綿業の街として発展した歴史があります。多くの人が平野区の繁栄を願って区の花が「わたの花」に選定されました。

マンホールの蓋のようなものは、災害時にトイレになるものです。蓋の上にテントシートを張って簡易トイレとして使用できるものです。瓜破霊園が広域避難場所に指定されているため、たくさん設置されています。

このベンチは仕掛けがあり、分解して別の形に組み立てると、コンロの代わりになるベンチです。お湯を沸かしたり、調理をしたりするのに使えるようにベンチに工夫がされたものです。区民わた畑の中にも災害時に使用する設備として、井戸があります。飲むことはできませんが、生活用水として使用することができます。

今回の平野郷めぐりは、平野の歴史と防災をテーマに開催されました。そのため区役所の防災ガイドの方にもお世話になりました。また、主催の平野西青少年健全育成会の皆様、共催の平野西地域活動協議会の皆様にもお世話になりました。ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

平野郷めぐり5

大和川の源流は奈良県の都祁(つげ)にあります。河口に至るまでに171の支流に分かれます。川の長さは68キロメートルだそうです。大昔には、大阪城の北側で淀川と合流して大阪湾に流れ込んでいたといいます。そのため、度々氾濫を起こしていました。そこで、川の流れを変えて氾濫被害を少なくしようとしたそうです。写真は、大和川と水害に備えて作業するときに備えて作られた水防倉庫です。
画像1 画像1

平野郷めぐり4

瓜破神社(うりわりじんじゃ)は、菅原道真(すがわらのみちざね)と素戔嗚命(すさのおのみこと)が祭神です。名前の由来は、飛鳥時代に洞窟の中で見つけた天神の像を社殿を作ってお祀りし、瓜を破ってお供えしたことから瓜破の地名が決まったといわれているそうです。そのお祀りした日が6月1日だったことから、六月朔日(さくにち)と書いてうりわりと読んだともいいます。
画像1 画像1

平野郷めぐり3

楯原神社(たてはらじんじゃ)は、武甕槌神(たけみかづちのかみ)、大国主神(おおくにぬしのかみ)が祭神の神社です。もともとは隣にある如願寺の宮寺であったようですが、明治時代の神仏分離令によって分けられたそうです。十種(とぐさ)の神宝という神宝が奉納され、祀られているとのことです。
画像1 画像1

平野郷めぐり2

如願寺(にょがんじ)では、副住職を務めておられるロシア人僧侶ドミトリー・ヴォルコゴノフさんの講話をお聞きしました。ロシアでは日本の文化や宗教のことを学んでおられたそうです。縁があって来日し、修行の後に如願寺の副住職をされています。以前から日本の文化や宗教にとても興味を持っておられたそうです。
海外からの観光客の方には、お寺にお参りに来て帰るだけでなく、もっと日本の文化や伝統に興味を持ってほしいという想いから、敷地内に外国人観光客を対象にした民泊施設を建設中だそうです。
画像1 画像1

平野郷めぐり1

5月26日(日)午後から第23回平野郷めぐりが開催されました。今回は、防災についてのガイドも組み込まれた内容での実施となりました。
写真は、平野郷の13ヶ所ある出入り口のひとつ「流口地蔵」です。地蔵堂の柱に面取りが施されています。これを几帳面というそうです。
画像1 画像1
画像2 画像2

本日の献立/5月28日(火)

画像1 画像1
献立名 ・牛肉と大豆のカレーライス
    ・焼きハンバーグ
    ・レタスとコーンのサラダ
    ・ヨーグルト
    ・牛乳
栄養価 エネルギー 952kcal、たんぱく質38.1g、脂質 24.1g

☆レタス☆
 レタスは、キク科の植物で、地中海沿岸から西アジアが原産といわれ、紀元前6世紀ごろのペルシアで栽培が始まったと考えられています。日本へは700年代のものと思われる木簡や書物に記述がみられることから奈良時代には中国から伝わっていたものと考えられています。
和名でチシャ(萵苣)といわれるのは、ヘタの部分を切ると白い乳液が出ることから「乳草(ちさ)」からチシャになったようです。学名でも「Lactuca sativa」といわれこの「Lac」は乳を表す言葉です。
 レタスにはいろいろな種類があり、一般的によく出回るのは、玉レタス(玉チシャ)で、ぱりぱりした食感のものは、クリスプヘッド型といわれ、サラダ菜のようにしっとりとした歯触りのものはバターヘッド型といいます。また、サニーレタスのように結球しないリーフレタス(葉チシャ)、茎の部分を食べるステムレタス(茎チシャ)などがあります。
 今日の給食では、クリスプヘッド型のものをコーンと合わせてドレッシングであえています。ただし、ゆでて使用しますので、パリパリ感はなくなります。

修学旅行88

帰校式の後、各クラスに分かれてお話がありました。
みなさんお疲れさまでした。
画像1 画像1
画像2 画像2

修学旅行87

修学旅行を終えて帰校式を行いました。
画像1 画像1

修学旅行86

まもなく阪神高速道路を降ります。

修学旅行85

バスは阪神高速道路の大阪市内・環状線に入りました。

修学旅行84

トイレ休憩です。
今のところ順調に学校へ向かってます。
画像1 画像1

本日の献立/5月27日(月)

画像1 画像1
献立名 ・一口とんかつ
    ・ミネストローネ
    ・豆こんぶ
    ・レーズンパン、牛乳
栄養価 エネルギー 890kcal、たんぱく質33.5g、脂質 32.1g

☆ミネストローネ☆
 ミネストローネ(Minestrone)は、イタリアの代表的なスープで、一般的には、具がたくさん入ったトマト味のスープのことをいいます。イタリア北西部のロンバルディア地方が発祥といわれ、ミネストローネには「具だくさん」や「ごちゃ混ぜ」という意味があるそうです。
 とくに決まった作り方はなく、トマトやニンニク、オリーブ油をベースとしてタマネギ、ジャガイモ、ニンジン、キャベツ、セロリ、ズッキーニ、サヤインゲン、ベーコンなどがよく使用され、パスタや米を入れることも多いです。地方や季節、家庭によって様々で、トマトを入れない場合もあります。
 今日の給食では、缶詰のトマトを使用し、キャベツ、タマネギ、ニンジン、ニンニク、鶏肉を使用し、オリーブ油で材料を炒め、チキンブイヨン、トマトピューレ、砂糖、塩、コショウ、ローレル、うす口しょうゆで味つけしています。

修学旅行83

昼食、土産もの購入の時間も終わり、これから学校に向かいます。
画像1 画像1

修学旅行82

 

画像1 画像1
画像2 画像2

修学旅行81

ラフティングを終えて、昼食場所に到着しました。2クラスごとに昼食と土産もの購入に分かれます。
画像1 画像1
画像2 画像2

修学旅行80

 

画像1 画像1
画像2 画像2

修学旅行79

 

画像1 画像1
画像2 画像2

修学旅行78

 

画像1 画像1
画像2 画像2
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
5/29 3年代休
5/30 内科検診
6/3 完全更衣
6/4 3年実力テスト