〜ようこそ、平野中学校ホームページに!!「平中生の今」を発信します。〜

チャレンジテストの持ち物について

6月19日(水)[調査実施日]に必要な文房具
・HBまたはBの黒鉛筆(シャープペンシルも可) ボールペンは使用できません。
・消しゴム
・直定規
・コンパス

上記以外のものは使用できません。
なお、分度器、分度器機能付き定規、計算機、携帯電話・スマートフォン等の通信機器携行も認められません。

忘れ物のないように気をつけてください。

本日の献立/6月18日(火)

画像1 画像1
献立名 ・豚肉のごまみそ焼き
    ・すまし汁
    ・海苔の佃煮
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 727kcal、たんぱく質31.9g、脂質 17.0g


☆佃煮(つくだに)☆
 佃煮は、日本の代表的な保存食品で、おもに小型の魚介類、海藻類を原材料として、砂糖、みりん、しょうゆなどを加えて煮詰めたものです。原料に含まれる水分と調味液が入れ替わることで、細菌などの繁殖が抑えられ、長期保存が可能になります。東京の佃島が有名であるため、その土地のものと思われがちですが、もともとは大阪が発祥の地とされています。
 天正10年6月2日(1582年6月21日)、「本能寺の変」を知った徳川家康は、大阪の堺にいましたが、自分たちにも危険が及ぶことを察知し、すぐに岡崎(現在の愛知県岡崎市)に帰るため、神崎川を渡ろうとしました。その際、近くにある佃村(現在の西淀川区佃)の庄屋・森孫右衛門をはじめとする漁師たちに応援を求めたところ、漁師たちは快く引き受け、家康たちを紀伊半島へと送り届けてくれました。さらに、家康たちは、帰るまでの保存のきく道中食として、小魚を味つけして煮詰めたものを漁師たちからもらいうけました。無事帰り着いた家康は、その後、天下を治めましたが、佃村の漁師たちへの信頼は言うまでもなく、森孫右衛門と漁師たちを御肴役(おさかなやく)として呼び寄せ、そして、三代将軍家光のとき、漁師たちに現在の佃島を生活の地として与えました。漁師たちは、獲った魚を江戸幕府に献上しながら、江戸市民に販売するとともに、雑魚の醤油炊きをつくりはじめました。これが、諸国の大名や庶民にも広まり、「佃煮」として全国に広まりました。
 今日の給食では、かつお節、しいたけ、きざみのりをしょうゆ、みりん、砂糖、だし汁で煮詰めて佃煮にしています。

本日の献立/6月17日(月)

画像1 画像1
献立名 ・いかてんぷら
    ・フレッシュトマトのスープ煮
    ・サワーソテー
    ・食パン、りんごジャム、牛乳
栄養価 エネルギー 871kcal、たんぱく質33.3g、脂質 29.1g

☆トマト☆
 トマトの原産地はアンデス山脈西側のペルー、エクアドル、ボリビアにかけての高原地帯で、現地では古くから食用とされていました。膨らむ果実という意味で「トマトル」の名で栽培されていたことがトマトの語源となったようです。新大陸発見によりヨーロッパ各地へ伝わりましたが、当初は観賞用として栽培され、19世紀になって、イタリアやギリシャを中心としてトマトの料理や加工品がつくられるようになったようです。日本へは、江戸時代の初期にオランダ人により長崎に伝えられましたが、強い香りが好まれず、観賞または薬用として用いられました。明治時代に入って、アメリカから食用品種として改良されたものが伝わりましたが、やはり酸味や香りが日本の食卓にはなじまなかったようです。しかし、第二次大戦後の食生活の洋風化にともない、栽培技術の発展とさらなる品種改良がおこなわれたことによって、消費量も増加し、今では重要な野菜の一つとなっています。
 トマトは他の野菜に比べて、一度にたくさん食べやすく、栄養を摂取しやすい野菜です。鮮やかな赤色の成分はリコピンによるもので、有害な活性酸素を除去する抗酸化作用があり、老化の抑制のほか、動脈硬化、ガンなどを予防するなどの効果が期待されています。
 今日の給食では、生のトマトをスープの具材として使っています。

6月17日(月)本日は平常通りです。

昨日、大阪府吹田市で発生した事件について、犯人が逮捕されました。
本日は、平常通り授業があります。

6月17日(月)の対応について

本日の早朝、大阪府吹田市で発生した事件について、6月17日の月曜日の朝、午前7時の時点で犯人が捕まっていない場合は、登校を見合わせて自宅での待機をお願いします。
午前9時の時点で犯人が捕まっていない場合は、終日、臨時休業措置となります。

6月17日(月)部活動の早朝練習は中止です。

6月16日の日曜日の朝、大阪府吹田市で発生した事件で、犯人が拳銃を持って逃走していることから、明日の部活動の朝の練習については中止となります。

防災訓練3年

救急救命実習を行いました。体重をのせて圧迫することが、なかなか難しいようでしたが、リズムにのせて上手にできている生徒もいました。
画像1 画像1
画像2 画像2

防災訓練2年

毛布を使って簡易担架を作って、搬送体験をさせていただきました。本物の担架がないときでも、ケガ人や病人がいても簡易担架で搬送できることを学びました。
画像1 画像1
画像2 画像2

防災訓練1年

雨天のため、煙中テント内体験は実施できませんでしたが、消防車の設備の見学させてもらい、説明もしていただきました。
水消火器の実技訓練もさせていただきました。
画像1 画像1
画像2 画像2

避難訓練 6月15日(土)

本日は区役所、平野消防署、地域の防災リーダーの方々にご協力いただき避難訓練と防災訓練を行いました。どの学年も先生の指示をよく聞いて素早く避難できたように思います。
体育館に避難した後は、火災や消防に関するビデオを観ました。
画像1 画像1

本日の献立/6月14日(金)

画像1 画像1
献立名 ・鶏肉のしょうゆバター焼き
    ・切り干し大根のいため煮
・五目汁
・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 724kcal、たんぱく質31.3g、脂質 16.1g

☆切り干しだいこん☆
 切り干しだいこんは、生のダイコンを裁断機などで細く切り、天日で乾燥させたものです。関西では「千切りだいこん」とも呼びます。乾燥させることで、保存性が高まるだけでなく、独特の風味や食感が生まれ、日本料理の食材として、古くから親しまれてきました。主産地は宮崎県で、11月中旬ごろから冬の間につくられます。
 最近では、健康的な食品として話題になっており、乾燥させることで栄養価がアップするというような表現がよく見られ、生のだいこんと重量で比較し、カルシウムは約20倍、鉄や食物繊維は約16倍となっています。しかし、これは乾燥により栄養素の量が増えたというわけではなく、乾燥により水分などが減ったことにより、同じ重量で比べると、水分以外の成分割合が増えているのです。ただ、水で戻して料理をしても完全に元の状態に戻るわけではありませんので、料理として食べる場合、カルシウムや鉄、食物繊維などは、生を使った場合より多くとることができ、煮ものなどでは、2〜3倍、炒め物で3〜4倍程度とることができ、不足しがちな栄養素の補給に役立ちます。ただし、ビタミンB群、Cなど水溶性の栄養素は、生のものより減ってしまいます。
 今日の給食では、定番の炒め煮にしています。

全校集会の様子

画像1 画像1
今日は、臨時の全校集会があり、教育実習生のお別れ式を行いました。

5月27日から始まった教育実習も、今日が最終日です。

3週間という短い期間でしたが、お疲れ様でした。

この実習期間で学んだことを今後に活かして欲しいです。


授業風景

理科の授業風景です。
顕微鏡を使って観察をしました。
真剣に顕微鏡を覗いて、先生の話に興味津々でした。
画像1 画像1

本日の献立/6月13日(木)

画像1 画像1
献立名 ・焼きそば
    ・オクラのかつお梅風味
    ・オレンジ
    ・黒糖パン(1/2)、牛乳
栄養価 エネルギー 678kcal、たんぱく質30.1g、脂質 18.2g

☆食中毒を防ぎましょう!☆
 日本各地で梅雨入りとなり、大阪も少し遅れ気味のようですが、もう間近という季節になりました。この時期は一年の間でも最も細菌性の食中毒が多くなります。おもな症状は、嘔吐、下痢、発熱などですが、場合によっては命にかかわることもあります。給食室でも細心の注意を払っていますが、ご家庭でも十分注意していただきたいと思います。

画像2 画像2

教育実習生・研究授業の様子6/13(木)

今日の教育実習生の研究授業は、1時間目一年生、2時間目二年生

それぞれ英語の授業でした。

教育実習も明日が最終日です。最後まで気を抜かず頑張ってください。

画像1 画像1
画像2 画像2

本日の献立/6月12日(水)

画像1 画像1
献立名 ・チンジャオニューロウスー(青椒牛肉絲)
    ・ハムと野菜の中華スープ
    ・きゅうりの辛味づけ
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 719kcal、たんぱく質28.8g、脂質 17.7g

☆チンジャオニューロウスー(青椒牛肉絲)☆
 チンジャオニューロウスーというのは、中国の料理です。「チンジャオ(青椒)」は辛味のない緑色の唐辛子で、今で言うとピーマンやししとうなどになり、「ニューロウ(牛肉)」は漢字の通り牛肉、「スー(絲)」は細切りのことを示します。ということで、ピーマンと牛肉を細切りにして炒めた料理となります。
 もともとは、福建省の料理といわれ、豚肉を使用するのが一般的で、この場合「チンジャオロウスー(青椒肉絲)」となります。中国では「肉」と書いた場合は豚肉の肉を示すようで、他の肉を使った場合は、その種類がわかるようにすることが多いそうです。日本では、牛肉を使っていても「青椒肉絲」と表記することも多いです。

教育実習生・研究授業の様子6/12(水)

本日、教育実習生の研究授業を行いました。

1時間目保健体育、2時間目音楽、4時間目社会の各教科で実施しました。

大学の先生をはじめ、多くの先生方も授業見学に来られました。

実習生のみなさんも緊張したと思いますが、頑張っていました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

本日の献立/6月11日(火)

画像1 画像1
献立名 ・さごしの塩焼き
    ・みそ汁
    ・牛ひじきそぼろ
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 754kcal、たんぱく質32.8g、脂質 18.2g

☆そぼろ☆
 「そぼろ」というのは、こんがらがった様子や物が乱れた様子をあらわす言葉ですが、料理では、豚や鶏の挽肉、ゆでてほぐした魚肉やエビ、とき卵などを汁気がなくなるまでパラパラに細かく炒ったものをいいます。「でんぶ(田麩)」のように、より細かくしたものを「おぼろ(朧)」と呼び、粗いおぼろということで、「粗朧(そおぼろ)」が「そぼろ」になったようです。味つけして炒ったものをごはんや料理にのせたり、混ぜ合わせたり、また、煮ものなどにも加えて使用します。長崎の料理で「浦上そぼろ」という料理がありますが、これは挽肉などが入っているわけではなく、豚肉、ゴボウ、もやしなどを使った甘辛い、金平のような炒め料理で、今回のそぼろとは意味が違うようです。こちらの方はポルトガルの宣教師が肉を食べる習慣がなかった日本人に、野菜といっしょに肉を食べることを教え、ポルトガル語で「余りもの」という意味の「ソブラード」が語源になったといわれています。
 今日の給食では、牛挽肉とひじきに、調味料を加えて炒めてそぼろにし、手作りのふりかけにしています。

教育実習生の授業の様子

現在、本校の卒業生が教育実習に来ています。

音楽の授業は、校歌を歌っている様子です。

体育の授業では、男子がバスケットボールに取り組んでいます。
画像1 画像1

6月10日(月)

画像1 画像1
献立名 ・えびのチリソース
    ・中華スープ
    ・ヨーグルト
    ・コッペパン、ブルーベリージャム、牛乳
栄養価 エネルギー 845kcal、たんぱく質37.1g、脂質 23.6g

☆えびのチリソース☆
 「チリソース」というのは、一般的にトマトソースをベースにして、トウガラシ類、砂糖、酢、しょうゆなどで味付けした辛味のあるソースのことをいい、アジアン料理でよく使用されています。「チリ」というのはメキシコ原産のトウガラシのことで、メキシコ先住民の言葉で、辛さをあらわす「チリ(chili)」に由来するもので、このトウガラシでつくった香辛料をチリペッパーといいます。
 今日の給食では、しょうが、にんにく、トウバンジャン、たまねぎを炒め、砂糖、しょうゆ、ケチャップで味付けして煮、チリソースを作り、塩、こしょう、料理酒で下味をつけ、でんぷんをまぶして油で揚げたえびにからめています。

文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
学校行事
6/19 3年チャレンジテスト・元気アップ学習会
6/20 歯科検診・元気アップ学習会
6/21 放課後学習会
6/24 期末テスト