〜ようこそ、平野中学校ホームページに!!「平中生の今」を発信します。〜

本日の献立/1月17日(金)

画像1 画像1
献立名 ・鶏肉のオイスターソース焼き
    ・えびと豆腐のスープ
    ・チンゲン菜のピリ辛あえ
    ・ヨーグルト
    ・食パン、バター、牛乳
栄養価 エネルギー 849kcal、たんぱく質37.7g、脂質 30.6g

☆オイスターソース☆
 オイスターソースは、牡蠣(カキ)を主原料にした中国の調味料で、日本では「かき油」ともいわれます。
 清朝末期の1888年に広東省の南水郷で料理店を営んでいた李錦裳(りきんしょう)という人が考案したとされ、生牡蠣を塩漬けにし、発酵、熟成させたものや、牡蠣のうまみ成分を抽出したものにちょうみりょうなどを加えてペースト状にしたものなどがあります。
給食で使用するものは、冷凍の牡蠣をすりつぶし、しょうゆ、水あめ、食塩、砂糖、増粘剤、アルコールなどを合わせて煮詰めた作られた製品です。
 今日の給食では、鶏肉にしょうが、にんにく、オイスターソース、しょうゆで味つけしてオーブンで焼いています。

本日の献立/1月16日(木)

画像1 画像1
献立名 ・かす汁
    ・ブロッコリーのしょうがづけ
    ・くりきんとん
・豆こんぶ
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 801kcal、たんぱく質30.0g、脂質 14.2g

☆くりきんとん(栗金団)☆
 「くりきんとん」と呼ばれるのには2種類あり、漢字で書くと正月料理に出てくるものは「栗金団」、岐阜県の名物となっている和菓子は「栗金飩」となります。
 栗金団は、サツマイモの餡や栗を使って黄金のような色に仕上げたもので、栗は昔から「勝ち栗」として縁起の良いものとされ、「金団」は金の団子(だんご)や集まったものという意味から金銀財宝を表現しています。これを正月の料理としてその年の金運と豊かな生活を願ったもので、明治時代のころから始まった風習のようです。
 栗金飩は、栗をゆでて砂糖を加え、茶巾で絞った和菓子で、岐阜県では恵那栗といわれる良質な栗が収穫されることから名物となったようです。
 今日の給食では、栗金団の方をさつまいもと水煮の栗を使用し、手作りの料理として献立に取り入れました。

本日の献立/1月15日(水)

画像1 画像1
献立名 ・ポトフ
    ・カレーソテー
    ・桃のクラフティ
・黒糖パン、牛乳
栄養価 エネルギー 875kcal、たんぱく質31.7g、脂質 31.5g

☆ポトフ(pot-au-feu)☆
 ポトフは、大きく切った肉や野菜などをじっくり煮込んだ料理で、フランスで古くからある素朴な家庭料理です。「pot」は鍋や壺(つぼ)、「feu」は火をあらわすとのことで、「火にかけた鍋」という意味になるそうです。とくに作り方に決まりはありませんが、鍋に塊の牛肉や粗く切った野菜など大きめの材料を使い香辛料をいれて長時間煮込んだものです。スープと具を一緒に盛りつけているものをよく見ますが、本来はスープと具は別々に盛り付け、マスタードや塩などの調味料を添えて食べるようです。まるで関東煮のようですが、フランスでは関東煮のことを日本版のポトフとして紹介されていることもあるようです。
 今日の給食では、牛肉、ウインナーソーセージ、じゃがいも、キャベツ、にんじん、パセリを使用し、チキンブイヨンに塩、こしょう、しょうゆで味付けしたスープで煮込んでいます。

3年生の授業の様子

 

画像1 画像1
画像2 画像2

本日の献立/1月14日(火)

画像1 画像1
献立名 ・筑前煮
    ・ひじき豆
    ・紅白なます
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 777kcal、たんぱく質29.1g、脂質 19.2g

☆なます(膾、鱠)
 「なます(膾)」は、今では酢のものというイメージが強く「生酢」というふうに思われがちですが、もともとは生肉を細かく切ったもののことだったそうで、生(なま)+肉(しし)で「生肉(なましし)」が語源ではないかと考えられています。日本書紀や万葉集などでも「膾」の文字が使用され、肉の細切りのことを示しており、その後魚介類を使用するようになり「鱠」の文字も使われるようになりました。味つけに酢を使うようになったのは室町時代のころと考えられ、しだいに二杯酢や三杯酢、酢みそなど酢を基本とした味付けが定着していったようです。また「精進膾(しょうじんなます)」として野菜や果物だけで作ったものも「膾(なます)」と表現されるようになり、各地、各場面で様々な材料を使用するようになりました。紅白なますもそのうちの一つで、にんじんや大根など紅白の材料をとりあわせて、正月などのお祝い事の料理として使われるようになりました。

本日の献立/1月10日(金)

画像1 画像1
献立名 ・さばのみそ煮
    ・もやしのゆずの香あえ
    ・すまし汁
    ・ごはん、焼きのり、牛乳
栄養価 エネルギー 748kcal、たんぱく質29.9g、脂質 20.0g

☆鯖(さば)☆
 サバは、エサや過ごしやすい場所を求めて、広い範囲を群れになって泳ぎ回る典型的な回遊魚で、体長は50cmくらいになります。日本近海では、おもにマサバとゴマサバの2種類が漁獲され、一般的にサバというとマサバの方をさします。
 サバは「サバの生き腐れ」といわれるように、水揚げされるとすぐに死んでしまい、腐りやすくなるので、新鮮なうちに加工や調理されることが多いです。また、数をごまかすことを「さばを読む」と言うのは、サバが腐らないうちに、おおざっぱに数を読んだことが由来となったそうです。
 栄養面では、血液を流れやすくするといわれるEPAや、脳や神経の発達や働きを良くするといわれるDHAが多く含まれ、また、たんぱく質や鉄、ビタミン類も多く含み、とくに成長には欠かせないビタミンB2が多く含まれています。
 今日の給食では、しょうが、さとう、みりん、みそを使って煮ものにしています。

本日の献立/1月9日(木)

画像1 画像1
献立名 ・豚肉と野菜のカレー煮
    ・カリフラワーとコーンのサラダ
    ・りんご
    ・おさつパン、牛乳
栄養価 エネルギー 792kcal、たんぱく質31.6g、脂質 22.9g

☆カリフラワー(花椰菜/はなやさい)☆
 カリフラワーは、キャベツやブロッコリーなどと同じアブラナ科で、花蕾球といわれる花の蕾(つぼみ)を食べる野菜です。原産地は地中海の東部とされています。ブロッコリーとよく似ていて、混同されることがありますが、もともと18世紀ごろまでは、同一のものだったそうで、19世紀になって改良され、今のようなカリフラワーになったそうです。日本では明治時代の初めに「花椰菜(はなやさい)」という名前で栽培が始まりましたが、当時はあまり広まらず、第二次大戦後の食生活の変化とともに利用が高まってきました。
 今では、年中出荷されていますが、旬は11〜3月ごろで、この時期には味や品質も良くなり、出荷量も多くなります。よく見かけるのは白い色のものですが、紫色や黄緑色、黄色の品種もあります。
 栄養面では、ビタミンC・B6、葉酸などが含まれ、中でもビタミンCは野菜の中でもトップクラスで、キャベツの約2倍です。ビタミンCは、ウイルス等に対する抵抗力を高める働きがありますので、冬場の風邪予防への効果が期待されます。
 今日の給食では、ゆでたカリフラワーをコーンとともにドレッシングで和えています。

チャレンジテスト(1・2年生)及びチャレンジテストプラス(1年生)について

明日、1月9日(木)はチャレンジテストです。2年生は、国社数理英の5教科です。1年生は、国数英の3教科にチャレンジテストプラスとして理社の2教科あわせての5教科です。明日の持ち物についての連絡です。

・HBまたはBの黒鉛筆(シャープペンシルも可)※ボールペンは使用できません。
・消しゴム
・直定規
・コンパス

※上記以外のものは使用しないでください。
※なお、分度器、分度器機能付き定規、計算機、携帯電話・スマートフォン等の通信機器の携行は認められません。

みなさん、頑張ってください。

本日の献立/1月8日(水)

画像1 画像1
献立名 ・れんこんのちらしずし
    ・ぞう煮
    ・ごまめ
・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 802kcal、たんぱく質31.4g、脂質 13.8g

☆正月の行事献立☆
 本日より三学期の給食が始まりました。
 各ご家庭でもお正月の料理を楽しまれたかもしれませんが、給食でも行事献立として、ささやかながらお正月の料理を取り入れました。

画像2 画像2

3学期 始業式

2020年、令和2年がスタートしました。
3学期は、一年のまとめの学期です。
夢や目標の実現に向けて、こつこつと努力を続けてください。
画像1 画像1

お餅つき

本日は、平野西小学校の運動場にて晴天の下、お餅つきが行われています。稲は「稲魂」や「穀霊」が宿った神聖なものだと考えられることから、神様が食べる神聖な食べ物とされていました。そのような食べ物を食べる時期はお正月が縁起の良い日であるとされ、餅つきが行われたといいます。
地域の皆様、今年もお世話になりました。来年もよろしくお願い申しあげます。
画像1 画像1
画像2 画像2

第46回大阪府アンサンブルコンテスト

第46回大阪府アンサンブルコンテストが八尾プリズムホールにて開催され吹奏楽部から8人が出場しました。大阪府内より124校が出場する中、見事に銀賞を獲得しました。
おめでとうございます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2学期 終業式

本日、2学期の終業式を無事に終えました。
明日から冬休みに入りますが、今年一年間の自分をじっくりと見つめ直し、気持ちを新たにして、新年を迎えてください。
3学期の始業式は、1月7日(火)です。
画像1 画像1

平中だより

平中だより「第10号」をアップしました。配布文書よりご覧ください。

大阪メトロ平野駅コンサート

地下鉄平野駅でのコンサートが先ほど終わりました。本校から吹奏楽部とギター部が出演いたしました。
画像1 画像1

体育の授業の様子

2年生女子の体育の授業の様子です。
安全面に配慮して、投げ技の練習にも取り組みました。
画像1 画像1
画像2 画像2

本日の献立/12月17日(火)

画像1 画像1
献立名 ・八宝菜
    ・もやしのごま酢あえ
    ・りんご
    ・食パン、アプリコットジャム、牛乳
栄養価 エネルギー 776kcal、たんぱく質31.8g、脂質 22.7g

☆八宝菜☆
 八宝菜は、中国料理の一つで、「八宝」は、数が多いということをあらわしており、8種類というわけではなく、たくさんの材料を使用することが、この名の由来となっています。
 ちなみに今日の給食では、豚肉、うずら卵、たまねぎ、キャベツ、にんじん、たけのこ、ピーマン、しいたけを使用しており、ちょうど8種類の材料を使用しています。

※明日より、1・2年生も個人懇談等のため、給食は中止となりますので、二学期の給食は、本日で最終となります。三学期の給食開始は、1/8(水)となります。なお、3年生については、1/8(月)・9(火)は、実力テストのため中止となりますので1/10(金)より給食開始となります。

本日の献立/12月16日(月)

画像1 画像1
献立名 ・たらのフライ
    ・豚肉と厚揚げの煮もの
    ・あっさりきゅうり
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 776kcal、たんぱく質27.9g、脂質 21.5g

☆まだら(真鱈)☆
 タラは雪の舞う季節に欠かせない北国の代表的な白身魚で、雪のように白い身が特徴です。日本では古くから冬の味覚として親しまれ、タラのことを「ユキ」とよんでいたこともあり、漢字では「鱈(タラ)」と書きます。太平洋北部、日本海、オホーツク海など比較的北の海に生息しており、体長は1mくらいになります。日本近海には、約90種類のタラが生息していますが、一般にタラというと「マダラ(真鱈)」のことをいいます。マダラは生命力が強く、平均寿命は13〜14年といわれ、魚の中では長生きになります。また、食いしん坊でエサをよく食べ、お腹がぷくっとふくれた形をしていることから、お腹いっぱいに食べる意味の「たらふく(鱈腹)食べる。」や、矢継ぎ早にたくさん食べる意味の「やたら(矢鱈)食べる。」というような言葉のもとになっています。そのほか、タラバガニの「たらば(鱈場)」というはタラがたくさん獲れる漁場のことで、これと漁場が重なることからこの名がついたようです。
 タラの卵巣として「たらこ(鱈子)」がありますが、これはスケトウダラというタラの仲間の卵巣を塩漬けにしたもので、さらに唐辛子で加工すると「明太子」になります。
 今日の給食では、マダラの切り身をフライに加工したものを使用します。

アスリート夢授業3

高平選手、本日はありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2

アスリート夢授業2

 

画像1 画像1
画像2 画像2
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
1/20 家庭学習強化週間(〜24日)、元気アップ学習会(3年)
1/22 3年学年末テスト
1/23 3年学年末テスト

全国体力・運動能力、運動習慣等調査

チャレンジテスト

平中だより