〜ようこそ、平野中学校ホームページに!!「平中生の今」を発信します。〜

本日の献立/10月31日(木)

画像1 画像1
献立名 ・ポークカレーライス(米粉使用)
    ・キャベツのサラダ(ノンエッグドレッシング)
    ・みかん
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 807kcal、たんぱく質26.9g、脂質 16.6g

☆ノンエッグドレッシング☆
 今日の「キャベツのサラダ」に使用する「ノンエッグドレッシング」は、見た目や風味はマヨネーズのようですが、卵を使用せずに作られたマヨネーズ風味のドレッシングです。原材料は食用油、酢、大豆で、卵のかわりに大豆を使用し、卵アレルギーに配慮したものとなっています。
 実は、一般的にマヨネーズに加える卵黄は、本来混ざり合わない油と水分を混ぜ合わせるための乳化剤としての役割を果たすもので、そのかわりをする材料があれば、少し風味は変わりますが、マヨネーズによく似たドレッシングを作ることができます。作り方もマヨネーズと同じで、酢以外の材料をよく攪拌した後、徐々に酢を加える方法で作ることができます。乳化剤としてよく使用されるものとして、からし、マスタード、豆乳、などがあります。アレルギーがある場合などで、乳化剤となるものが使用できない場合、代わりになるものがあれば、体の状態に合わせたマヨネーズ風味のドレッシングを作ることもできます。また、アレルギーなどでない場合も少し風味の違ったドレッシングを楽しむことができます。

本日の献立/10月30日(水)

画像1 画像1
献立名 ・なすのミートグラタン
    ・鶏肉と野菜のスープ
    ・白桃(カット缶詰)
    ・食パン、ソフトマーガリン、牛乳
栄養価 エネルギー 827kcal、たんぱく質31.4g、脂質 26.3g

☆マカロニ☆
 マカロニは、スパゲッティなどとともにパスタといわれる麺類の一種で、13世紀にマルコ・ポーロが中国よりイタリアに持ち帰ったのが始まりという伝説もありますが、12世紀ごろにはシチリア島、イタリア南部でつくられていたようです。手作りから押し出し製麺による工場生産となり、18〜19世紀にかけてヨーロッパへ、さらに移民によりアメリカへも伝えられ、全世界に広まりました。日本では、明治28年(1895)に東京・新橋のレストランの料理人が持ち帰ったのが始まりとされていますが、一般に普及するようになったのは、昭和30年(1955)年頃からです。
 パスタの原料は、一般的にデュラム小麦を粗挽きした「デュラム・セモリナ」が使われ、これに水を加えてこね、高圧で押し出して切断し、乾燥させます。パスタには300種類以上もあるといわれますが、日本で市販されているのは、そのうちの数十種です。これをJAS(日本農林規格)では、形状によって、マカロニ、スパゲッティ、バーミセリ、ヌードルの4つに分けています。この中で、マカロニは、「2.5mm以上の太さの管状またはその他の形状(棒状、帯状を除く)に成形したもの。」とされ、一般的なカットマカロニ、エルボのほかに、スピラーレ(ツイスト)、コンキッリェ(シェル)、ペンネ(ペン状)、ルオーテ(ホイール)など、数多くの種類があります。
 今日の給食では、ミートグラタンに使用しています。

本日の献立/10月29日(火)

画像1 画像1
献立名 ・和風おろしハンバーグ
    ・かぼちゃのいとこ煮
    ・みそ汁
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 772kcal、たんぱく質28.6g、脂質 14.7g

☆小豆(あずき)☆
 小豆は以前、マメ科のインゲンマメ属と考えられたこともありましたが、現在はササゲ属として分類され、もやしを作るブラックマッペや緑豆などの仲間となっています。原産地は東アジアと考えられていましたが、祖先の野生種がもっと広い地域に分布していたことがわかり、再検討がすすめられているようです。
 日本では、縄文時代や古墳時代前期の遺跡から見つかっており、「古事記」や「日本書紀」にも記載があり、かなり古くから利用されてきたことがわかります。「あずき」の語源は、「あ」は赤色を意味し、「ずき」または「つき」に溶けるという意味があり、赤色をしていて煮崩れやすいことがその名の由来になったといわれますが、諸説があるようです。また、大豆より小さいことから「小豆」の字があてられたようです。
 現在、日本の主産地は北海道で、昨年度は9割を超えています。その他でも全国的に栽培されており、東北、関東、近畿、中国地方などでまとまった生産が見られます。
 今日の給食では、かぼちゃと合わせて「いとこ煮」として使用しています。
 「いとこ煮」というのは、小豆に野菜やいも類などを合わせて煮た料理で、煮えにくいものから追い追い加えて煮ることから「甥々(おいおい)」、めいめいに煮ることから「姪々(めいめい)」をかけたものであるとか、豆と野菜などが植物として近縁であるとして「いとこ」と表現されたなどいろいろな説があります。

本日の献立/10月28日(月)

画像1 画像1
献立名 ・豚肉といかの中華煮
    ・焼きさつまいもの甘みつかけ
    ・もやしとピーマンのいためもの
    ・黒糖パン、牛乳
栄養価 エネルギー 796kcal、たんぱく質31.9g、脂質 21.5g

☆野菜をしっかり食べましょう☆
 野菜を多くとることは、普段の食生活では、困難と思われる方もありますが、くふうしだいで、うまくとることもできます。野菜をしっかりとって、バランスの良い食生活を送りましょう。
 今日の給食では、一人当たり、約140gの野菜を使用しています。
画像2 画像2

本日の献立/10月23日(水)

画像1 画像1
献立名 ・はくさいのクリーム煮
    ・厚揚げのごまじょうゆかけ
    ・豚肉と三度豆のオイスターソース炒め
    ・食パン、ブルーベリージャム、牛乳
栄養価 エネルギー 793cal、たんぱく質36.9g、脂質 25.7g

☆ごま(胡麻)☆
 ゴマの原産地は、アフリカ南西部とされ、ナイル川流域では紀元前3000年以前より栽培されていたそうで、エジプトのピラミッドや遺跡からも出土しています。当時は高価で、銀貨代わりに通用していたともいわれています。もしかするとアラビアンナイトの「開けごま!/イフタフ(ひらけ)・ヤー・シムシム(ごま)」という呪文は、ゴマが成熟し、さやが開いて種がはじき飛ぶ様子から、宝物がぱっと開いて出てくることを重ね合わせたのかも知れません。日本へは、中国や朝鮮半島を経て、縄文時代には伝わっていたようです。
 草丈は1m前後で、7〜8月に開花し、9〜10月に収穫され、種子の色によって、黒ゴマ、白ゴマ、黄ゴマ、茶ゴマなどに分けられます。昔から「不老長寿の薬」などともいわれ、強い抗酸化作用により、老化防止や動脈硬化の予防、肝機能改善などの効果が期待されています。また、抗酸化作用により他の油と比べて劣化しにくいため、古代エジプトでは、ミイラを作るときの防腐剤や、クレオパトラが化粧品として使ったともいわれています。
 今日の給食では、砂糖、しょうゆ、ごま油と合わせて、焼いた厚揚げのたれとして使用しています。

※明日(10/24)は文化発表会準備、明後日(10/25)は文化発表会のため、給食はありません。
10/24(木)は係などで必要に応じて、10/25(金)は全員、昼食が必要となりますので、各ご家庭でご準備いただきますようお願いします。

本日の献立/10月21日(月)

画像1 画像1
献立名 ・ハヤシライス(米粉使用)
    ・キャベツのひじきドレッシング
    ・さくらんぼ(缶詰)
    ・牛乳
栄養価 エネルギー 806kcal、たんぱく質26.8g、脂質 17.4g

☆ハヤシライス☆
 大阪市学校給食の「ハヤシライス」は、通常、小麦粉を油で炒めてブラウンルウを作り調理していますが、今回は「食物アレルギー対応サポート月間」として小麦粉を使わずに米粉(上新粉)を使用しています。
 米粉(上新粉)で仕上げにとろみをつけるイメージになりますので、ルウを使用しない分、あっさりとした味に仕上がり、比較的エネルギーが低めになります。好みによっては、こちらの方がおいしく感じる方もあるようです。

本日の献立/10月18日(金)

画像1 画像1
献立名 ・タンタンめん
    ・れんこんのオイスターソース焼き
    ・みかん
    ・おさつパン、牛乳
栄養価 エネルギー 827kcal、たんぱく質32.8g、脂質 21.4g

☆タンタンめん(坦坦麺)☆
 タンタンめんは、中国四川省の成都が発祥といわれる麺料理で、麺の上に辛い味付けの挽肉やザーサイなどをのせて食べる料理です。これを天秤棒に材料や道具をぶら下げて担ぎ、売り歩いていたそうです。「坦坦」は成都の方言で天秤棒を意味することから「担担麺(たんたんめん)」と呼ばれるようになったそうです。
 日本の担担麺では一般的にスープが入っていますが、これは、陳健民という四川省出身の料理人が日本向けにアレンジして広めたもので、もともと担いで売り歩くということからも汁気のない麺料理で、四川省では今もこれが主流となっています。
 今日の給食では、チンゲンサイ、もやし、にんじんなどの野菜と中華麺を加えて味付けしたスープに、テンメンジャンやみそで味つけした挽肉をのせて食べるようにしています。

本日の献立/10月17日(木)

画像1 画像1
献立名 ・お好み焼き
    ・きゅうりの甘酢あえ
    ・豚汁
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 767kcal、たんぱく質26.6g、脂質 15.0g

☆お好み焼き☆
 お好み焼きは、大阪の食文化のひとつとして語られることがありますが、そのルーツは安土桃山時代にお菓子として食べられていた「麩の焼き(ふのやき)」ではないかといわれています。これは、水で溶いた小麦粉を鉄板で薄く焼いて、みそや砂糖を塗って巻物のように巻き、仏事用の菓子や、千利休が茶会の菓子として利用したといわれているものです。
 これが時代を経て、江戸時代に穀物を粉にして食べる文化が庶民の間にも広まり、いわゆる「粉もん」の一つとして発展していったようです。昭和の初めごろまでは、生地を薄く焼いて具材をのせる「重ね焼き」が主流でしたが、具材を混ぜ合わせる「混ぜ焼き」が主流になっていったようです。戦後には代用食としても利用され、お菓子として焼くよりも大きく焼くようになり、関西では食事やおかずの一つとして食べる文化が定着したようです。

本日の献立/10月16日(水)

画像1 画像1
献立名 ・ピリ辛丼
    ・中華スープ
    ・ソフト黒豆
    ・発酵乳
    ・牛乳
栄養価 エネルギー 797kcal、たんぱく質34.8g、脂質 17.3g

☆ソフト黒豆☆
 黒豆は表皮が黒色をした大豆で、中でも丹波黒大豆は「丹波黒」と呼ばれ、最高級の黒豆です。
 丹波黒は、兵庫県丹波地方が発祥で、粒が丸くて大きく、開花から成熟まで通常の黒大豆より1か月ほど長く、約100日かかるそうです。栽培の歴史ははっきりわかっていませんが、5代将軍綱吉の時代である1685年の書物に丹波の土産としての記録が残されているようです。
 今日の「ソフト黒豆」は、国内産の丹波黒大豆を使用し、砂糖と塩で柔らかく優しい味に仕上げ、袋詰めした製品です。

本日の献立/10月15日(火)

画像1 画像1
献立名 ・まぐろのオーロラ煮
    ・キャベツのゆずドレッシング
    ・ベーコンとじゃがいものスープ
    ・コッペパン、アプリコットジャム、牛乳
栄養価 エネルギー 881kcal、たんぱく質37.0g、脂質 27.0g

☆鮪(まぐろ)☆
 一般にマグロというのはマグロ属の魚の総称で、サバ科の仲間で大きく成長することから、大型サバ型魚類とも呼ばれます。マグロの仲間は代表的な回遊魚で、索餌(さくじ:餌を探し求めること)、産卵、越冬のために、熱帯域から温帯域、外洋部から沿岸部へと広範囲に異動します。紡錘形の体形は、海洋を高速で移動するのに適しています。
 国内で消費される主なマグロは、背側が黒いクロマグロ、体側とヒレが黄色い色をしたキハダ、目が大きいメバチ、鬢(びん:胸ビレ)が長いビンナガ、しりびれの後ろ側から尾びれにかけて細長いコシナガ、南半球にのみ生息するミナミマグロなどで、それぞれの特徴をとらえた名がつけられています。
 マグロ類は肉質で言うと代表的な赤味魚で、たんぱく質が25%以上含まれ、生鮮食品中では最高ランクです。血合肉の部分は味があまり良くないので、捨てられたり、ペットフードの原料にされたりしますが、ビタミン、鉄、タウリン、EPA、DHAなどが豊富に含まれています。冷凍や養殖による流通が多く、季節感はあまり感じられませんが、国産の天然ものでは、脂がのっておいしくなる10月ごろから冬場にかけてが旬となります。
 今日の給食では、から揚げにしたマグロに、ケチャップ、砂糖、みそでつくったたれをからませて、オーロラ煮としています。

本日の献立/10月8日(火)

画像1 画像1
献立名 ・さんまのさんしょう焼き
    ・高野どうふの煮もの
    ・すまし汁
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 809kcal、たんぱく質30.0g、脂質 25.3g

☆さんま(秋刀魚)☆
 日本で食用とされるサンマは、主に北太平洋と日本海で獲れる種類で、北太平洋サンマと呼ばれています。地方によって多くの呼び名があり、新潟ではバンジョウ、和歌山ではサイラ、三重ではカド、長崎ではセイラ、サザなどと呼ばれるそうです。また、サンマは100%が天然で国産という今の食糧事情では珍しい魚です。
 暑い時期は日本の北部を回遊していますが、秋になると産卵のため南下し、10月ごろになると三陸沖や房総沖を回遊します。そして、ちょうどこのころに脂がのっておいしい時期となります。大きさは30〜40cmで体は細く、口先がとがり、刀のような形で秋においしいことから「秋刀魚」の字があてられました。もともとのサンマという呼び名は細長い体つきから「狭真魚(さまな)」とされていたものがサンマに変化したようです。
 今日の給食では、三陸北部または日本の太平洋北部の沖合でとれた骨付きのさんまを使用し、砂糖、みりん、しょうゆに山椒(さんしょう)を加えた味付けで焼いています。

※明日(10/9)は全市研究会のため、10/10(木)・11(金)は中間テストのため、給食ありません。

本日の献立/10月7日(月)

画像1 画像1
献立名 ・豚肉と野菜のケチャップソテー
    ・スープ
    ・スイートポテト
    ・コッペパン、いちごジャム、牛乳
栄養価 エネルギー 803kcal、たんぱく質32.9g、脂質 21.2g

☆さつまいも☆
 サツマイモは、中央アメリカが原産で、紀元前から栽培されていたようです。コロンブスのアメリカ大陸到着(1492年)の後、17世紀までにヨーロッパ各地に伝わりましたが、好温性の作物であるため、ヨーロッパの気候にはなじまず、冷涼地を好むジャガイモほど普及しませんでした。アジア諸国へは、16世紀初めにスペインの旅行者によって伝えられ、日本へは17世紀初期に中国から沖縄へ伝わりました。そして1705年に薩摩の漁師が鉢植えのサツマイモを持ち帰り、種芋を増殖し、享保・天明の飢饉を薩摩藩において救ったといわれています。その後18世紀前半に蘭学者/青木昆陽が救荒作物として全国に普及させ、主として関西以西で栽培が増加しました。そして、食糧難となった第二次世界大戦中から大戦後に急速に伸び、食糧不足から多くの国民を救うために役立ちました。
 主成分は、でんぷんで、加熱すると一部が糖質に変化し、甘味が増加します。甘味が強いことから「甘藷(かんしょ)」とも呼ばれています。しかし、エネルギーは、米や小麦粉の1/3程度で、ビタミンCやB1、B6なども多く含んでいます。旬は新物で9〜11月、貯蔵したものでは1〜3月ごろがおいしいとされています。
 今日の給食では、砂糖、バター、牛乳、クリームなどを加えてオーブンで焼き上げ、スイートポテトとしています。

本日の献立/10月4日(月)

画像1 画像1
献立名 ・鶏肉のごまだれ焼き
    ・もやしのしょうがじょうゆあえ
    ・ソーキ汁
    ・焼きのり
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 770kcal、たんぱく質29.9g、脂質 22.4g

☆ソーキ汁☆
 「ソーキ」というのは、沖縄の方言で「櫛で梳く(くしですく)」という場合の「梳(すき)」がなまった言葉のようで、豚肉のあばらが櫛に似ているところから豚肉のあばら肉を「ソーキ」とあらわすようになったそうです。
 沖縄では豚肉や海藻、豆腐、沖縄特有の野菜などが使われた料理がたくさんあり、特に豚肉は正月などハレの日の食品として特別な料理に使われてきたそうです。ソーキ汁もその一つで、豚の骨付きあばら肉と島だいこん昆布をかつおだしで煮込んだ汁ものとなっています。
 今日の給食では、豚ばら肉とだいこん、切り昆布、にんじん、白ねぎ、えのきたけを使ってソーキ汁としました。

本日の献立/10月3日(木)

画像1 画像1
献立名 ・コーンクリームシチュー(米粉使用)
    ・はくさいのピクルス
    ・りんご
    ・パンプキンパン、牛乳
栄養価 エネルギー 824kcal、たんぱく質32.0g、脂質 20.0g

☆りんご(林檎)☆
 リンゴは、人類が食した最古の果物といわれ、その起源はおよそ8000年前といわれています。西アジアからヨーロッパへと広がり、ヨーロッパでは4000年以上も前から栽培がおこなわれ、品種改良も進みました。現在、地球上では、2000種以上もの品種が栽培されています。日本へは、中国から伝わったとされ、平安時代の漢和辞書である「倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう/931〜938)」では「利宇古宇(りうこう、りんごう)」として記述があるそうで、これがなまってリンゴと呼ばれるようになったといわれています。栽培が始まったのは明治4〜5年のころからで、気温の低い土地が適しているため、現在では、青森、長野、岩手、山形など東北地方が主産地となっています。4〜5月ごろに白い可愛い花を咲かせ、8〜11月ごろに収穫されます。果実は貯蔵性が高いため、次の年の収穫時期まで、一年中出回ります。
 味、香り、歯ざわりがとてもいいので、生で食べることが多く、また、アップルパイやコンポート(シロップ煮)などのデザート、ジュース、缶詰、ジャム、ケチャップなどの加工品にもよく使われます。

本日の献立/10月2日(月)

画像1 画像1
献立名 ・牛肉のきんぴらちらし
    ・キャベツの赤じそあえ
    ・みそ汁
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 750kcal、たんぱく質27.5g、脂質 18.6g

☆しそ(紫蘇)☆
 原産地は中国、ヒマラヤ、ミャンマーのあたりで、日本へは5000年以上前に渡来していたとみられ、新潟で2500年前のものとされる土器からその種子が出土しています。栽培の歴史も古く、平安時代以前と考えられており、「本草和名(ほんぞうわみょう/918年)」や「※倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう/931〜938年)」などの書物に、イヌエ、ヌカエ、ノラエなどの名で薬用、漬物などに利用していた記述があります。(※「倭」は「和」、「抄」は「鈔」と表記されることもあり一定していません。)
 しその名の由来は諸説ありますが、後漢の末期に洛陽の青年がカニの食中毒により命を落としそうになり、「紫(むらさき)の薬草」を煎じて飲ませると「蘇った(よみがえった)」という伝説があるようです。
 現在食用として栽培されているものは赤じそと青じそに大別されますが、もともとは赤じそで青じそはその変種となります。赤紫蘇は梅干しやしょうがの色付けなどに使用され、青紫蘇は大葉とも呼ばれ、野菜としてよく使用されます。
 今日の給食では、赤紫蘇を味付けして乾燥させたものを使っています。

文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

全国体力・運動能力、運動習慣等調査

チャレンジテスト

平中だより