新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けてご協力よろしくお願いします

感嘆符 本日の献立/4月30日(金)

画像1 画像1
献立名 ・マーボー豆腐
    ・きゅうりとコーンの甘酢あえ
    ・もやしとピーマンのごま炒め
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 796kcal、たんぱく質 35.1g、脂質 21.9g

☆マーボー豆腐
 マーボー豆腐は、中国の四川料理の一つです。発祥には、諸説ありますが、およそ150年前に、成都で料理店を営む陳さんの妻が、生活の厳しい状況の中、ありあわせの材料で、来客に安い代金で提供できる豆腐料理として考案したのが、最初といわれています。その後、店の名前も「陳麻婆豆腐店」となり、中華人民共和国が成立した後に国営企業となったそうです。
 今では、日本でも人気の高い中華料理となっています。

本日の献立/4月28日(水)

画像1 画像1
献立名 ・金平ちらし(きざみのり)
    ・すまし汁
    ・ちまき
    ・牛乳
栄養価 エネルギー 747kcal、たんぱく質 26.7g、脂質 13.1g

☆ちまき(粽)☆
 今日は、少し早いですが、端午の節句(こどもの日)の行事献立とし、「ちまき」を献立として取り入れています。
ちまきは、中国から伝わったもので、米粉でつくった餅などを植物の葉で包み、蒸してつくります。包む葉は、笹や竹、茅(チガヤ)、真菰(マコモ)などが使われますが、昔は茅の葉でつつむことが多かったことから、「茅巻き(ちがやまき)」が転じて「粽(ちまき)」と呼ばれるようになったそうです。
 端午の節句にちまきを食べるのも中国の風習がそのまま伝わったもので、中国が楚と呼ばれた時代に政治家であり詩人であった屈原(くつげん)という人物が、紀元前278年5月5日に汨羅江(べきらこう)という川で命を落とし、供養のため人々が葉で包んだもち米を投げ入れたのが始まりといわれています。

本日の献立/4月27日(火)

画像1 画像1
献立名 ・ビーフシチュー
    ・三度豆とコーンのサラダ
    ・甘夏かん
    ・コッペパン、アプリコットジャム、牛乳
栄養価 エネルギー 855kcal、たんぱく質 32.5g、脂質 26.4g

☆甘夏かん☆
 「甘夏かん」は、夏みかんの「枝変わり」として、1935年(昭和10年)に、大分県の川野氏の農園で発見された品種で、「川野夏橙(かわのなつだいだい)」と名付けられ、1950年(昭和25年)に品種登録されました。一般的には「甘夏(あまなつ)」とも呼ばれます。
 皮は厚くてむきにくく酸味は強めで、苦みもあり、少し食べにくく感じるかもしれませんが、夏みかんよりは甘味が強く、この味のバランスが人気となっているようです。生食のほかジャムなどの加工品にも利用されています。
 1月から6月ごろまで出回りますが、最も出荷が多くなるのは、3〜5月です。主な産地は、鹿児島、熊本、愛媛などです。
 最近では、甘夏かんの枝変わりとして誕生し、さらに甘みの強い「新甘夏」という品種も出回っています。

※枝変わり…植物のある枝だけに起こる突然変異のような現象で、この枝を挿し木などの方法で、育成することができれば、新しい品種となる可能性があります。

本日の献立/4月26日(月)

画像1 画像1
献立名 ・豚肉のしょうが焼き
    ・じゃこピーマン
    ・みそ汁
    ・発酵乳
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 793kcal、たんぱく質 33.2g、脂質 17.8g

☆発酵乳☆
 発酵乳というのは、厚生労働省の「乳および乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」によって「乳またはこれと同等以上の無脂乳固形分を含む乳等を乳酸菌または酵母で発酵させ、糊状または液状にしたもの、またはこれらを凍結したもの」と定義されています。つまり一般に言うヨーグルトや飲むヨーグルトなどとして広く利用されているものです。
 大阪市の給食では、どちらも発酵乳に定義されるものですが、糊状のハードタイプのものを「ヨーグルト」、液状にしたドリンクタイプのものを「発酵乳」として呼び方を使い分けています。
 発酵乳の発祥は、チグリス・ユーフラテス川に挟まれた地域で、メソポタミア文明が生まれるもっと以前の紀元前8000年頃、牛や羊の飼育とともに、様々な乳製品や保存するための加工品の一つとして考え出されたといわれています。そして、そのすばらしい技術は全世界に広がり今もなお受け継がれて人々のために役立っています。
 発酵乳は牛乳に含まれる栄養素が摂取できるというだけでなく、腸内の環境を整えるなどの様々な効果が期待されています。

本日の献立/4月23日(金)

画像1 画像1
4月23日(金)
献立名 ・カレースープスパゲッティ
    ・キャベツのピクルス
    ・りんご(カット缶)
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 886kcal、たんぱく質 33.8g、脂質 22.0g

☆キャベツ☆
キャベツは、ヨーロッパの地中海や大西洋沿岸が原産とされ、古代ギリシャ・ローマ人も食用としていた最古の野菜の一つで、世界で最もポピュラーな葉菜(ようさい)となっています。「キャベツ」という名は、頭の形をしたという意味ですが、もとの野生種は、結球しないものだったようです。これをケルト人がヨーロッパ各地に広め、その過程で花を食べるブロッコリーやカリフラワー、わき芽を食べる芽キャベツなどに分かれ、そして現在のような結球するキャベツが誕生したようです。日本に伝わったのは、江戸時代末期で、「甘藍(かんらん)」、「玉菜(たまな)」などと呼ばれ、明治時代から大正時代にかけて、「トンカツ」の流行とともに、キャベツの生食が急速に普及したそうです。
栄養面では、ビタミンCやカルシウムが豊富で、そのほか、胃炎や潰瘍の回復に効果があるといわれるビタミンUが含まれています。
 今日の給食では、キャベツをスチームコンベクションオーブンで蒸して、砂糖、塩、ワインビネガー、薄口しょうゆで味つけし、ピクルスとして使用しています。
画像2 画像2

本日の献立/4月22日(木)

画像1 画像1
献立名 ・鶏肉とじゃがいもの煮もの
    ・厚揚げのしょうゆだれかけ
    ・紅鮭そぼろ
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 767kcal、たんぱく質 32.9g、脂質 16.3g

☆厚揚げ(あつあげ)☆
 厚揚げは、豆腐を厚めに切って油で揚げたもので、「生揚げ」とも言います。同じように豆腐を油で揚げた加工品として、「うす揚げ」もありますが、こちらの方は、原料の豆腐を専用に調整し、薄く切って揚げているので、あまり豆腐という感覚はありませんが、厚揚げの方は豆腐の状態をそのまま生かした加工品となります。
 原料の豆腐を水切りし、用途に応じて様々な形に切り、180度くらいの高温の油で揚げてつくります。表面は脱水されてかたくなりますが、内部は変化せず、豆腐の状態を保ちます。このため、煮ものなどの料理に使用しても、形がくずれにくくなります。また、原料に絹こし豆腐を使用したものは、とくに「絹揚げ」ともいいます。
 栄養面では、豆腐をそのまま加工したものなので、良質のたんぱく質を含み、カルシウムや鉄などのミネラル類も多く含んでいます。
 今日の給食では、オーブンで焼いた厚揚げに、砂糖、みりん、しょうゆを合わせたタレをかけています。
画像2 画像2

本日の献立/4月21日(水)

画像1 画像1
献立名 ・鶏肉のから揚げ
    ・チンゲン菜ともやしの甘酢あえ
    ・中華スープ
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 862kcal、たんぱく質 29.3g、脂質 29.3g

☆鶏肉のから揚げ☆
 「から揚げ」というのは、小麦粉やでんぷんなどの衣を薄くまぶすか、何も付けずに揚げる料理法のことです。鎌倉時代には、このような料理法があったとされ、江戸時代には「衣かけ」などと呼ばれていたようです。から揚げと呼ばれるようになったのは1900年代前半ころからのようで、その名の発祥については、中国から伝わった料理として「唐揚げ」、または、衣をつけずに揚げることから「空揚げ」などよくわかっていません。
 今日の給食では、鶏肉の皮付もも肉を使用し、しょうが、にんにく、塩、こしょうで下味をつけたものに、でん粉をまぶし、菜種油で揚げています。
画像2 画像2

本日の献立/4月20日(火)

画像1 画像1
献立名 ・焼きそば(きざみのり)
    ・きゅうりのしょうがづけ
    ・黄桃(カット缶)
    ・黒糖パン(1/2)、牛乳
栄養価 エネルギー 712kcal、たんぱく質 30.4g、脂質 19.4g

☆黄桃(缶詰)☆
 フランス革命後、ナポレオンが軍隊を率いて遠征を行なっていたころ、兵士の食糧は、塩蔵、燻製、酢漬けなどが中心で、味も悪く、腐敗も多かったそうです。そこで、ナポレオンは軍隊用の食糧を公募したところ、1804年ニコラ・アペールが瓶詰にして長期保存できる技術を発明しました。その後1810年にイギリスのピーター・デュランドがブリキ缶による貯蔵法を開発し、チン・キャニスター(Tin Canister)と名付けられました。それがキャン(Can)となり、日本では缶(かん)と呼ばれるようになりました。果物の詰め製品としては、イギリスのアンダー・ウッドが瓶詰の製造法を習得し、1821年にアメリカで瓶詰を製造したのが最初で、日本ではアメリカから帰国した柳沢佐吉が内務省勧業寮内藤新宿試験所で、1875年(明治8)に桃の缶詰を作ったのが最初です。当初は白桃の缶詰が主流でしたが、現在では黄桃缶詰の生産の方が多くなっています。
 黄桃は缶桃(かんとう)とも呼ばれ、その名の通り、果肉が黄色い色をしており、果肉が固く煮くずれしにくいので、一部の品種を除き、加工用として使用されることが多いです。
 今日の給食の黄桃(カット缶)は、山形県産の黄桃を使用しています。

本日の献立/4月19日(月)

画像1 画像1
献立名 ・ビビンバ
    ・トック
    ・いり黒豆
    ・牛乳
栄養価 エネルギー 803kcal、たんぱく質 29.6g、脂質 17.7g

☆ビビンバ☆
 ビビンバは、韓国・朝鮮料理のひとつで、ナムルや肉、卵などの具をごはんの上にのせ、混ぜて食べる料理で、日本でも人気の料理になっています。
 今日の給食では、牛・豚のひき肉をゴマ油でいため炒め、砂糖、しょうゆ、コチジャン、料理酒で味付けしたものと、きゅうり、にんじん、切り干し大根を砂糖、塩、しょうゆ、ごま油、ごまで作ったタレであえたものを具として使っています。

本日の献立/4月16日(金)

画像1 画像1
献立名 ・豚肉のデミグラスソース
    ・キャベツとコーンのソテー
    ・スープ
    ・コッペパン、いちごジャム、牛乳
栄養価 エネルギー 855kcal、たんぱく質 36.8g、脂質 29.0g

☆デミグラスソース☆(仏:sauce demi-glace、英:demi-glace sauce)
 デミグラスソースは、濃い褐色をした西洋料理のソースです。日本語ではドミグラスソースと表現することもありますが、フランス語の発音では、「ドミ」に近く、英語の発音では、「デミ」に近いためではないかと思われます。フランス語でドミ(demi-)は「半分」、グラス(glace)は「氷」を意味することから、料理の上では、「煮こごり」や「煮詰める」ということをあらわし、煮つめた濃厚なソースということになるようです。
 つくりかたは、いろいろありますが、小麦粉をバターで色づくまでいためて褐色のルウをつくり、これに牛肉やタマネギ、にんじん、セロリなどを煮込んでつくっただし(フォン・ド・ヴォー)を加えて煮込み、ワインなどで風味をつけます。これをデミグラスソースという場合もありますが、同様に煮込んだものにトマトピューレを加えて煮こんで濾した「エスパニョールソース」に、再びいためた牛肉や野菜を加え、脂肪を除きながら数時間煮込むことを数日間繰り返して煮込んだものをいう場合もあります。日本では一般的に後者のトマト加工品を使用したものをいうことが多いようです。調理にかなりの時間と手間がかかるため、缶詰やレトルトパックにした製品も多く使用されています。
 今日の給食では、レトルトパックのデミグラスソースに、りんごピューレ、ウスターソース、ケチャップを加えて味をととのえたソースをつくり、料理ワイン、塩、こしょう、オリーブ油で下味をつけて蒸し焼きにした豚肉にからませています。

本日の献立/4月15日(木)

画像1 画像1
献立名 ・焼きとり
    ・きゅうりのゆず風味
    ・みそ汁
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 735kcal、たんぱく質 30.2g、脂質 13.8g

☆栄養素について☆
 食品に含まれる主な栄養素の代表として、「炭水化物(糖質)」、「たんぱく質」、「脂質」「ビタミン」「ミネラル」の5つがあげられ、これらを「五大栄養素」と呼んでいます。これをもとに、どの栄養素を多く含むかによって食品を6つのグループに分けたものを「6つの基礎食品群」といいます。5つが6つになっているのは、ビタミンの部分を主にビタミンA(カロテン)を多く含む緑黄色野菜と、主にビタミンCやその他のビタミン類を含む緑黄色野菜以外の野菜や果物、きのこ類を分けているためです。
 6つの基礎食品群を知っておくと、食事バランスを考える際にとても役立ちます。
画像2 画像2

本日の献立/4月14日(水)

画像1 画像1
献立名 ・鮪のオーロラ煮
    ・含め煮
    ・キャベツの赤紫蘇あえ
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 849kcal、たんぱく質 35.1g、脂質 19.5g

☆鮪(まぐろ)☆
一般にマグロというのはマグロ属の魚の総称です。マグロの仲間は代表的な回遊魚で、索餌(さくじ:餌を探し求めること)、産卵、越冬のために、熱帯域から温帯域、外洋部から沿岸部へと広範囲に異動します。紡錘形の体形は、海洋を高速で移動するのに適しています。
 国内で消費される主なマグロは、背側が黒いクロマグロ、体側とヒレが黄色い色をしたキハダ、目が大きいメバチ、鬢(びん:胸ビレ)が長いビンナガ、しりびれの後ろ側から尾びれにかけて細長いコシナガ、南半球にのみ生息するミナミマグロなどで、それぞれの特徴をとらえた名がつけられています。
 マグロ類は肉質で言うと代表的な赤味の魚で、たんぱく質が25%以上含まれ、生鮮食品中では最高ランクです。血合肉の部分は味があまり良くないので、捨てられたり、ペットフードの原料にされたりしますが、ビタミン、鉄、タウリン、EPA、DHAなどが豊富に含まれています。冷凍や養殖による流通が多く、季節感はあまり感じられませんが、国産の天然ものでは、脂がのっておいしくなる10月ごろから冬場にかけてが旬となります。
 今日の給食では、から揚げにしたマグロに、ケチャップ、砂糖、みそでつくったたれをからませています。

※食育つうしん(2021年4月)を掲載しました。
こちらからどうぞ⇒食育つうしん(2021年4月)
画像2 画像2

本日の献立/4月13日(火)

画像1 画像1
献立名 ・マカロニグラタン
    ・レタスのスープ
    ・みかん(缶)
    ・黒糖パン、牛乳
栄養価 エネルギー 882kcal、たんぱく質 36.0g、脂質 27.9g

☆レタス☆
 レタスは、キク科の植物で、地中海沿岸から西アジアが原産といわれ、紀元前6世紀ごろのペルシアで栽培が始まったと考えられています。日本へは700年代のものと思われる木簡や書物に記述がみられることから奈良時代には中国から伝わっていたものと考えられています。
和名でチシャ(萵苣)といわれるのは、ヘタの部分を切ると白い乳液が出ることから「乳草(ちさ)」からチシャになったようです。学名でも「Lactuca sativa」といわれこの「Lac」は乳を表す言葉です。
 レタスにはいろいろな種類があり、一般的によく出回るのは、玉レタス(玉チシャ)で、ぱりぱりした食感のものはクリスプヘッド型、サラダ菜のようにしっとりとした歯触りのものはバターヘッド型といいます。また、サニーレタスのように結球しないリーフレタス(葉チシャ)、茎の部分を食べるステムレタス(茎チシャ)などがあります。
 今日の給食では、クリスプヘッド型のものをスープに使用しています。

本日の献立/4月12日(月)

画像1 画像1
献立名 ・カツカレーライス
    ・フルーツ白玉
    ・牛乳
栄養価 エネルギー 1080kcal、たんぱく質 32.8g、脂質 34.0g

☆入学お祝い献立☆
 今日の給食は、一年生の入学をお祝いする献立となっています。
 入学お祝い献立には、児童生徒の人気が高く、できるだけ準備もしやすい献立にしています。

本日の献立/4月9日(金)

画像1 画像1
献立名 ・煮込みハンバーグ
    ・焼きかぼちゃ
    ・コーンスープ
    ・ヨーグルト
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 900kcal、たんぱく質 37.2g、脂質 19.9g

☆今年度の給食が始まりました☆
 本日より今年度の給食を開始します。
学校給食では、児童生徒の心身の発達と健康の増進のため、栄養バランスのとれた食事を提供できるように努力しています。また、地域の文化や伝統に対する理解や関心を深めるため、郷土食や行事食などをとりいれるようにしています。
 今年度もどうぞよろしくお願いします。
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
学校行事
12/2 放課後学習会
12/3 3年 第4回実力テスト
2年 職業講話
12/6 美化点検週間(〜10日)
放課後学習会

家庭学習の手引き

高校体験入学

奨学金等制度ガイド

平中だより

学校給食献立表

その他のお知らせ