新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けてご協力よろしくお願いします

本日の献立/10月29日(金)

画像1 画像1
献立名 ・鶏肉のゆず塩焼き
    ・ほうれん草のおひたし
    ・ソーキ汁
    ・焼きのり
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 746kcal、たんぱく質 30.1g、脂質 20.8g

☆ソーキ汁☆
「ソーキ」というのは、沖縄の方言で「櫛で梳く(くしですく)」という場合の「梳(すき)」がなまった言葉のようで、豚肉のあばらが櫛に似ているところから豚肉のあばら肉を「ソーキ」とあらわすようになったそうです。
 沖縄では豚肉や海藻、豆腐、沖縄特有の野菜などが使われた料理がたくさんあり、特に豚肉は正月などハレの日の食品として特別な料理に使われてきたそうです。ソーキ汁もその一つで、豚の骨付きあばら肉と島だいこん、昆布などをかつおだしで煮込んだ汁ものとなっています。
 今日の給食では、豚ばら肉とだいこん、にんじん、白ねぎ、えのきたけ、切り昆布を使ってソーキ汁としました。

本日の献立/10月28日(木)

画像1 画像1
献立名 ・タンタンめん
    ・きゅうりの甘酢づけ
    ・みかん
    コッペパン、いちごジャム、牛乳
栄養価 エネルギー 822kcal、たんぱく質 32.8g、脂質 21.2g

☆タンタンめん(坦坦麺)☆
 タンタンめんは、中国四川省の成都が発祥といわれる麺料理で、麺の上に辛い味付けの挽肉やザーサイなどをのせて食べる料理です。これを天秤棒に材料や道具をぶら下げて担ぎ、売り歩いていたそうです。「坦坦」は成都の方言で天秤棒を意味することから「担担麺(たんたんめん)」と呼ばれるようになったそうです。
 日本の担担麺では一般的にスープが入っていますが、これは、陳健民という四川省出身の料理人が日本向けにアレンジして広めたもので、もともと担いで売り歩くということからも汁気のない麺料理で、四川省では今もこれが主流となっています。
 今日の給食では、豚骨スープに、チンゲンサイ、もやし、にんじんなどの野菜と中華麺を加えて味付けしたスープめんに、テンメンジャンやみそで味つけした挽肉をのせて食べてもらうようにしています。

本日の献立/10月27日(水)

画像1 画像1
献立名 ・豚肉のねぎしょうゆ焼き
    ・吹き寄せ煮
    ・ツナ大豆そぼろ
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 791kcal、たんぱく質 32.5g、脂質 19.3g

☆ツナ大豆そぼろ☆
 ツナ大豆そぼろは、ツナと大豆、しょうがを炒め、砂糖やしょうゆなどで味つけした手作りのふりかけです。ご飯が食べやすいように、味つけや、しょうがで風味を増すなどの工夫をしています。大豆は、食べやすく、調理もしやすいように、ひきわりの大豆を使用しています。
 成長期にしっかりとりたい栄養素のたんぱく質やカルシウム、鉄、不足しがちな食物繊維を多く含んでいます。

本日の献立/10月26日(火)

画像1 画像1
献立名 ・牛肉のカレー風味焼き
    ・帆立貝とトマトのスープスパゲッティ
    ・きゅうりとコーンのサラダ(ノンエッグドレッシング)
    ・黒糖パン、牛乳
栄養価 エネルギー 868kcal、たんぱく質 36.4g、脂質 26.6g

☆帆立貝(ほたてがい)☆
 ホタテ貝は、千島列島、サハリン、北海道、本州北部、朝鮮半島北部などの水深10〜60mの海底に生息している扇型をした二枚貝です。殻の開閉によってある程度泳いで移動することができます。この行動は、危険を感じた時などに起こすもので、一晩に数百メートル移動したという報告もあります。この移動する習性から、殻を帆のように立てて海上を移動しているのではないかと考えられていたため「帆立貝」と呼ばれるようになったようです。
 昭和30年代くらいまでは、高価な貝でしたが、養殖技術の進歩により、生産量が増えたため価格が下がり、以前よりも購入しやすくなりました。現在の生産地は漁獲と養殖を合わせて第一位は北海道、第二位は青森県となっています。10月から冬場にかけてうまみ成分も多くなり、おいしい旬の時期となります。
 今日の給食では、貝柱の部分をスープスパゲッティの具として使用しています。

本日の献立/10月25日(月)

画像1 画像1
献立名 ・豚肉といかの中華煮
    ・大学いも
    ・ミニフィッシュ
    ・パンプキンパン、牛乳
栄養価 エネルギー 879kcal、たんぱく質 34.3g、脂質 27.1g

☆大学いも☆
 大学いもは、乱切りにしたサツマイモを油で揚げ、砂糖と水、その他の調味料などを煮つめてつくった糖蜜をからめたものです。これは、大正から昭和にかけて、当時の学生街で、今で言うと、ファーストフード的なものとして人気が高まったことから、このように呼ばれるようになったようです。中華料理の抜絲紅甘薯(パースーホンシュウ:さつまいもの飴煮)に似ていますが、これは、砂糖を煮詰めた飴をからめ、熱いうちに水にくぐらせますが、たくさんつくって長い時間置くと飴が固まって販売時に分けにくく、また食べにくくもなります。そのため、おいしく簡単につくることができ、冷めても分けやすく、食べやすいように考案されたものではないかと思われます。また、サツマイモには、体の抵抗力を高め、風邪などの予防に役立つビタミンCが多く含まれていますので、当時の学生たちの健康維持にも役立っていたのかも知れません。
画像2 画像2

本日の献立/10月22日(金)

画像1 画像1
献立名 ・鶏肉の竜田揚げ
    ・一口がんもと野菜の煮もの
    ・おかか菜っ葉
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 915kcal、たんぱく質 32.1g、脂質 32.8g

☆一口がんも☆
 一口がんもは、精進料理で知られるがんもどき(雁擬き)を一口サイズにしたものです。
がんもどきは、豆腐をくずして水を切り、にんじん、れんこん、ひじき、ごまなどを加えて練り、油で揚げた大豆製品です。鳥類のガンの肉に似ているということが、その名の由来とされており、関西では、ひりょうず(飛竜頭)、ひろうすとも呼ばれ、竜の頭の形に似ていることからこの名になったといわれています。しかし、どちらも別のものだったという説もあり、今のところ謎となっています。
 いずれにせよ、現在では大豆製品の1つとなっていますので、良質のたんぱく質やカルシウム、鉄などを多く含む栄養価の高い食品となっています。
 今日の給食では、はくさい、こぼう、にんじん、三度豆、しいたけとともに和風の煮ものにしています。

本日の献立/10月21日(木)

画像1 画像1
献立名 ・鰹のマリネ焼き[ノンエッグドレッシング使用]
    ・鶏肉とじゃがいものスープ
    ・きゅうりのサラダ
    ・黒糖パン、牛乳
栄養価 エネルギー 783kcal、たんぱく質 40.7g、脂質 19.5g

☆綿実油☆
 綿実油は、その名の通り、「綿の種子」を絞ってつくられる油です。加熱時に酸化しにくいことからスナック菓子や、揚げ料理、ツナの油漬けなどにも使用されています。大阪市の学校給食では、サラダ油として精製されたものを炒めものや、ドレッシング、焼き物の敷き油などに使用しており、今日の給食では、サラダのドレッシングに使用しています。
綿実油は国内では、約2万トンが消費されており、そのうち約3分の1が国内で生産されています。この国内生産分は、現在では唯一、大阪柏原市の精油会社の生産販売となっています。さらに、私たちの住む平野区は、綿業の町として発展してきた歴史もあり、「わたの花」は平野区の花として選定されています。(下の写真は、平野区ホームページより)
※区の花についての詳細は、平野区のホームページをご覧ください。⇒https://www.city.osaka.lg.jp/hirano/page/0000040410.html
画像2 画像2

本日の献立/10月20日(水)

画像1 画像1
献立名 ・和風ハンバーグ
    ・かぼちゃのいとこ煮
    ・豆腐のみそ汁
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 773kcal、たんぱく質 28.5g、脂質 14.7g

☆いとこ煮☆
「いとこ煮」というのは、小豆に野菜やいも類などを合わせて煮た料理で、煮えにくいものから追い追い加えて煮ることから「甥々(おいおい)」、めいめいに煮ることから「姪々(めいめい)」をかけたものであるといわれています。また、豆と野菜などが植物としては近縁のようであるという考えから「いとこ」と表現されたという説や、「御事始(おことはじめ)」や「御事納(おことおさめ)」に野菜やいも、豆などを加えてつくった「御事汁(おことじる)」がなまったものなどいろいろな説があります。
 今日の給食では、小豆とかぼちゃを使って「いとこ煮」にしています。

本日の献立/10月19日(火)

画像1 画像1
献立名 ・ハヤシライス[米粉]
    ・キャベツのひじきドレッシング
    ・さくらんぼ(缶)
    ・牛乳
栄養価 エネルギー 805kcal、たんぱく質 26.8g、脂質 17.5g

☆米粉(上新粉)を使ったハヤシライス☆
 大阪市学校給食の「ハヤシライス」は、通常、小麦粉を油で炒めてつくったブラウンルウを使用して調理していますが、今回は「食物アレルギー対応サポート月間」として小麦粉を使わずに米粉(上新粉)を使ってハヤシライス風に仕上げています。
 米粉(上新粉)で仕上げにとろみをつけるイメージになりますので、ブラウンルウを使用しない分、あっさりとした味に仕上がり、比較的エネルギーは低めになります。好みによっては、こちらの方がおいしく感じるかもしれません。

本日の献立/10月18日(月)

画像1 画像1
献立名 ・はくさいのクリーム煮
    ・厚揚げのごまじょうゆかけ
    ・豚肉と三度豆のオイスターソース炒め
    ・コッペパン、ソフトマーガリン、牛乳
栄養価 エネルギー 824kcal、たんぱく質 37.2g、脂質 32.3g

☆はくさい(白菜)☆
 ハクサイは、アブラナ科の仲間の野菜で、ダイコンやキャベツとともに、日本では主要な野菜の一つとなっています。英語名で“chinese cabbage”といわれるように中国が原産です。日本でもかなり古くから使用されていたように思われがちですが、その歴史は意外と新しく、初めて伝わったのは明治8年(1875年)で、全国に普及したのは、大正時代になってからです。伝わった当初は、採種(種をとること)が困難ということで、あまり普及しませんでしたが、日清戦争(1894〜1895)や日露戦争(1904〜1905)において、日本兵たちが旧満州・朝鮮などから大きく結球したハクサイの種を持ち帰ったことが、全国に広まるきっかけになったといわれます。今では、年中出荷され、とくに冬場は旬の野菜として、鍋料理や煮もの、汁もの、炒めもの、あえもの、漬物などさまざまな料理に欠かせない野菜となっています。
 ビタミンCを多く含み、その他にもカルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、食物繊維など、いろいろな栄養素をほどよく含んでいます。
 今日の給食では、鶏肉と他の野菜を合わせて、クリーム煮にしています。
 話は変わりますが、今日は、「十三夜」。旧暦の9月13日の月を鑑賞する行事です。「栗名月」「豆名月」「後の名月」などとも呼ばれ、十五夜の次に美しい月とされています。十五夜は、中国から伝来した風習ですが、十三夜は日本独特の行事で、また「十三夜に曇りなし」と言われるくらい晴れる日が多いようです。今回、給食での取り組みは特に行っていませんが、良い話題が少なくなったように感じる昨今、今日の夜くらいは、空を見上げてみてはどうかなと思います。
画像2 画像2

本日の献立/10月15日(金)

画像1 画像1
献立名 ・鮪のオーロラ煮
    ・もやしとピーマンの炒めもの
    ・すまし汁
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 792kcal、たんぱく質 33.6g、脂質 19.1g

☆オーロラ煮☆
 オーロラ煮という名前は、よく耳にするように思われますが、実はこの献立はおよそ60年前、大阪市の学校給食として考案された献立です。もともとは「鯨(くじら)のオーロラ煮」として発案され、その当時、第二次南極越冬隊(1958年)が南極に残してきた樺太犬のタロとジロの生存が1959年1月14日に確認されたことが話題となっていました。そこで、南極でとれ、よく使用されていた鯨のから揚げにあえるソースとして、南極で見えるあけぼの色のオーロラをイメージし、ケチャップをベースに、鯨のにおいをおさえるためのみそと、砂糖で甘みを加えたソースが考案されて人気を呼びました。最近では、クジラの肉はほとんど流通しなくなったため、マグロなど他の材料を主材料にして実施していますが、今もその人気は衰えることを知らず献立として定着しています。

本日の献立/10月12日(火)

画像1 画像1
献立名 ・秋刀魚のみぞれかけ
    ・みそ汁
    ・牛ひじきそぼろ
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 816kcal、たんぱく質 30.5g、脂質 25.9g

☆さんま(秋刀魚)☆
 日本で食用とされるサンマは、主に北太平洋と日本海で獲れる種類で、北太平洋サンマと呼ばれています。暑い時期は日本の北部を回遊していますが、秋になると産卵のため南下し、10月ごろになると三陸沖や房総沖を回遊します。そして、ちょうどこのころに脂がのっておいしい時期となります。大きさは30〜40cmで体は細く、口先がとがり、刀のような形で秋においしいことから「秋刀魚」の字があてられました。もともとのサンマという呼び名は細長い体つきから「狭真魚(さまな)」とされていたものがサンマに変化したようです。
 さんまには、体の組織をつくるたんぱく質や、炭水化物や脂質をエネルギーに変えるために必要なビタミンB2が含まれています。また、脳や神経組織の働きを助けるDHA、血液中の脂質をコントロールし、血管にかかわる病気を予防するEPAが含まれています。
 今日の給食では、骨付きのさんまに塩で下味をつけて焼き、だいこんおろし、みりん、薄口しょうゆ、ゆず果汁で作ったたれをかけています。

※10/13(水)、14(木)は中間テストのため全校給食中止となります。また、3年生は、10/15(金)〜18(月)は、修学旅行および代休のため、1年生については、10/18(月)、19(火)は、一泊移住および代休のため、それぞれの学年についてのみ給食中止です。
画像2 画像2

本日の献立/10月11日(月)

画像1 画像1
献立名 ・豚肉と野菜のケチャップソテー
    ・スープ
    ・スイートポテト
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 824kcal、たんぱく質 35.1g、脂質 21.8g

☆スイートポテト(sweet poteto)☆
 スイートポテトというと、「さつま芋を使った甘い洋菓子」と思っておられる方も多いと思いますが、実は日本発祥のお菓子で、いわば「洋風の和菓子」といったところかと思います。海外では「sweet poteto」というと単にさつま芋のことを示し、私たちが知ってるお菓子のスイートポテトはほとんど普及していないようです。
 発祥は明らかになっていませんが、明治時代にさつま芋に卵黄と砂糖を混ぜて、さつま芋の皮に盛って料理として提供されていたのが、明治20年ごろに、これを小分けして表面に卵黄を塗り、つやが出るように焼いて、菓子として提供したものが、全国に広まっていったようです。
 今日の給食では、ゆでてつぶしたさつま芋に、砂糖、バター、牛乳、クリームを加えて、バットに入れて、スチームコンベクションオーブンで焼き、教室で切り分けてもらっています。ちなみに今日使用しているさつま芋は、徳島県産の鳴門金時で、甘みが強くおいしい品種です。
 
 また、各食材の産地情報については、大阪市教育委員会のホームページ「学校給食の食材について」から見ることができます。
こちらからどうぞ⇒https://www.city.osaka.lg.jp/kyoiku/page/0000146431.html

本日の献立/10月8日(金)

画像1 画像1
献立名 ・みそカツ
    ・じゃがいもと野菜の煮もの
    ・焼きのり
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 760kcal、たんぱく質 31.5g、脂質 22.7g

☆食物繊維について☆
 今日の煮ものに使用されているこんにゃく、じゃががいもなどのイモ類や、のりなどの海藻類には、多くの食物繊維が含まれています。
 食物繊維は、栄養素の分類から見ると、炭水化物である糖質の一部に分類されますが、そうちで、人の消化器官では分解されないもののことをいいます。以前は食べ物の残りカスとしてあまり重要視されていませんでしたが、生活習慣病の予防に役立つことがわかり、「第6の栄養素」とも呼ばれ注目を浴びるようになりました。
 食物繊維は、水溶性と不溶性に分けることができ、それぞれの特徴を持っています。 水溶性食物繊維は、水を吸収してゲル状になり、有害な物質等を排泄する用があり、海藻類、果物類、芋類、納豆などに多く含まれます。不溶性食物繊維は、水分を吸収してかさを増やし、腸の働きを活発にする作用があり、おもに植物の細胞壁を構成する物質で、根菜類、穀物の外皮、豆類、きのこ類などに多く含まれます。このようなことから、排便をスムーズにするだけでなく、免疫力の向上、血圧上昇の抑制、ガン予防などの効果も期待されています。
画像2 画像2

本日の献立/10月7日(木)

画像1 画像1
献立名 ・コーンクリームシチュー[米粉]
    ・はくさいのピクルス
    ・りんご
    ・コッペパン、アプリコットジャム、牛乳
栄養価 エネルギー 832kcal、たんぱく質 32.4g、脂質 20.2g

☆アプリコットジャム☆
 アプリコットは、バラ科の梅やスモモと近い仲間で、アンズ(杏子/杏)のことです。原産は、中国とされ、日本では弥生時代ごろからの遺跡から出土しています。ヨーロッパへは、インドやペルシアを通じて紀元前の古代ローマにも伝わっていたとされています。
 果実は、生食のほか、ジャムや果実酒に加工されることが多く、種子は、杏仁(きょうにん)として咳止めなどの薬や、杏仁(あんにん)として杏仁豆腐の香りづけなどに使用されます。
 今日の給食では、アプリコットジャムをパンに添えて提供しています。

本日の献立/10月6日(水)

画像1 画像1
献立名 ・もずくと豚挽き肉のジューシー
    ・さつまいものみそ汁
    ・焼きれんこん
    ・牛乳
栄養価 エネルギー 729kcal、たんぱく質 26.1g、脂質 16.4g

☆沖縄の食文化☆
 沖縄の食文化は、長い歴史や諸外国と交流する中で発展し、伝統的に継承されてきた料理は琉球料理と呼ばれています。食材としては、豚肉や海藻、とうふ、野菜など、地域にねざしたものが多く用いられ、食材の相性がうまく組み合わせられており、栄養バランスにおいても優れた料理が多いといわれています。
 今日の給食献立として取り入れた「ジューシー」もその一つで、豚肉や海藻類を使用した炊き込みご飯です。本来の名前は、「ジューシーメー」と呼ばれるそうで、「雑炊飯(ぞうすいめし)」が方言となった言葉のようです。

本日の献立/10月5日(火)

画像1 画像1
献立名 ・ピリ辛丼
    ・中華スープ
    ・ソフト黒豆
    ・発酵乳
    ・牛乳
栄養価 エネルギー 790kcal、たんぱく質 34.0g、脂質 16.9g

☆野菜をたくさん食べるには☆
 厚生労働省が「健康日本21(21世紀における国民健康づくり運動)」で示している野菜の一日の目標量は、成人の場合で350g以上となっています。この内訳として緑黄色野菜を120g以上、その他の野菜を230g以上が良いといわれています。しかし、これだけの野菜を一度に摂取するというのは、すこし困難な量だと感じる方もあると思います。
野菜をうまくとるには、
 1.朝、昼、夕食に振り分ける。
 2.炒めもの、煮もの、鍋ものなど、加熱調理することによりかさを減らして食べやすくする。
 など食べ方をくふうすることによって、野菜を多く摂りやすくなります。

※食育つうしん(2021年10月)を配布文書のコーナーに掲載しました。
こちらからどうぞ⇒食育つうしん(2021年10月)
画像2 画像2

本日の献立/10月4日(月)

画像1 画像1
献立名 ・鶏肉の香草焼き
    ・ウインナーとてぼ豆のスープ
    ・キャベツのガーリックソテー
    ・ヨーグルト
    ・おさつパン、牛乳
栄養価 エネルギー 856kcal、たんぱく質 39.7g、脂質 24.2g

☆てぼ豆(手亡豆/てぼうまめ)☆
 てぼ豆は白い色をしたインゲン豆の一種で、大福豆などとともに「白いんげん」といわれることもあります。明治時代に北海道の十勝地方で栽培が始まりました。通常のインゲン豆は蔓性(つるせい)であるため、栽培時に手竹と呼ばれる支柱が必要となりますが、てぼ豆の当時の品種が半蔓性(はんつるせい)であったため、手竹が必要ないということが「手亡豆」の名の由来となったそうです。
 白いんげんの仲間は、日本では大部分が白あんの原料となり、料理では甘煮などが主な利用方法となりますが、西洋料理などでは、日常的にいろいろな料理に使用されているようです。
 今日の給食では、ウインナー、たまねぎ、にんじん、パセリ、マッシュルームと合わせて、トマト味のスープの具として使用しています。

本日の献立/10月1日(金)

画像1 画像1
献立名 ・タコライス
    ・もずくのスープ
    ・焼きじゃが
    ・抹茶大豆
    ・ごはん、牛乳
栄養価 エネルギー 769kcal、たんぱく質 29.0g、脂質 16.7g

☆タコライス☆
「タコライス」は、メキシコ料理のタコスの具材をご飯にのせた料理で、1984(昭和59)年に沖縄県金武町(きんちょう)の飲食店でメニューに加えられたのが始まりといわれています。
 一般的には、牛挽肉をチリパウダーや調味料で味付けしたタコミート、千切りのチーズ、レタス、トマトなどをのせていることが多いですが、誕生当時は、ご飯の上にタコミートをのせたドライカレーのような料理だったそうです。タコの入った「たこめし」とは別の料理です。
 今日の給食では、具材として牛挽肉、豚挽肉、たまねぎ、グリンピースを使用し、トマトピューレ、ケチャップ、カレー粉などで味つけして炒めたソースをご飯の上にのせて食べるようにしています。また、もずくを使ったスープを添え、沖縄風の献立としてまとめています。

文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
学校行事
11/29 避難訓練
放課後学習会
12/2 放課後学習会
12/3 3年 第4回実力テスト
2年 職業講話

家庭学習の手引き

高校体験入学

奨学金等制度ガイド

平中だより

学校給食献立表

その他のお知らせ