大阪市立港中学校校名画像

2024年07月18日 20:46 更新
グラウンド2
みんなの学習クラブ ↑↑学習クラブへのログインはこちらから↑↑

ようこそ港中学校ホームページへ!

校長あいさつ

本校は、昭和28(1953)年4月16日大阪市立市岡中学校入舟分校として1年生8学級で発足しました。翌年の昭和29(1954)年4月1日に、大阪市立港中学校として開校いたしました。開校当時は、三先・田中・八幡屋・築港の4小学校区域の港区西側すべてが校区となっておりました。この間、3学年合わせて56学級、最大約2700名の生徒が在籍する年もあるなど、大規模校の様相を見せておりました。その後、校区が八幡屋・池島の2小学校区となり、現在は3学年合わせても7学級、約240名、最大生徒数からおよそ10分の1に減少しました。しかしながら、開校以来、地域の皆様に見守られて数多くの人材を育み、これまでに20403人の卒業生を世に送りださせていただき、そして、今年度は創立70周年を迎えることができました。こうして、歴史を積み重ねることができたのも地域の皆様にお支え頂いたことはもとより、卒業生・在校生皆様方の活躍があったからこそだと実感し、感謝しております。
 この素晴らしい良き伝統を引き継がせていただき、校訓である「至誠・勤勉・自律」の精神をモットーとし、今年度も学校教育目標を「個に応じたきめ細やかな指導・支援をおこない、“生徒の満足度”の高い学校づくりを目指す」と設定しております。また、重点目標も昨年度同様に「自らを磨く姿勢の育成」「思いやりのある心の育成」「自ら学ぶ態度の育成」「時間・挨拶を大切にする行動の育成」としました。これらの目標を達成していくためにも、昨年度以上に基本的な生活習慣の育成に取り組み、学習意欲・体力向上に努めて参ります。中学校3年間は大人と子どもの分水嶺です。この大事な3年間で「感謝と謙虚さを心に抱き、きわめて誠実に、一所懸命に自ら勉学に励み、自ら考え、思いやりのある正しい行動ができる」生き方を身につけて欲しいと願っております。今年度も生徒の皆さんはもとより保護者の皆様、また地域の皆様、そして本校教職員にとっても満足感あふれる「居心地の良い学校」をめざし、頑張ってまいります。ご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

大阪市立港中学校
校長 北川 延尚