TOP

6年生が卒業して・・・

画像1 画像1 画像2 画像2
6年生の教室はひっそりと14台の机が並んでいます。
やはり、卒業生の存在は大きかったのでしょうね。
今日は、ずいぶんさみしい気がします。

でも

5年生は、6年生のいなくなった集団登校班で、しっかりと先頭を歩いて、下級生を引き連れてきました。

1年生は、卒業式の終わった講堂で、入学式の練習をしました。
入学式のときは、自分たちは2年生。
学校という家族の中で、かわいい妹や弟を迎える準備をしています。

それぞれの学年が、次の学年にステップアップする準備がちゃくちゃくと進んでいます。

卒業した6年生のみなさん。
きみたちがバトンを渡した下級生たちは、今日から、しっかりと自覚をもって歩き出していますよ。
安心して、元気に中学校に進んでね。

【教務:根井】

明日は卒業式

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
最後の卒業式の練習が終わりました。

卒業生は、明日に旅立ちの日を控え、緊張の表情が隠せません。
卒業生は、3月初めの練習から、ほぼノーミスで練習にのぞんできました。

今日の、最後の練習では、特に在校生(4・5年生)が素晴らしかったです。
座って待っている時も、ピクリとも動きません。もちろん、無駄話の声など一切聞えません。
呼びかけの声や、歌声は、講堂の空気を震わせるほどです。

卒業生から、この敷津小学校のリーダーを受け継ぐ自覚が、ひしひしと伝わってきました。

明日は、間違いなくすてきな卒業式になります。
そして、来年度もすてきなリーダーが、敷津小学校をひっぱっていってくれます。

今日は、このあと、4.5年生が協力して明日の準備をします。
心をこめて準備をすることで、卒業生への感謝の気持ちと、おめでとうを伝えます。

【教務:根井】


5年・6年生に贈る漢字

画像1 画像1 画像2 画像2
5年生の国語科で「六年生におくる字をすいせんしよう」という単元を学習しました。

この単元は、六年生に贈るのにふさわしい漢字についてスピーチをして推薦し合うというのがねらいです。

今回はグループごとに漢字とスピーチ原稿を考えました。

漢字を考える時、6年生を思い浮かべながら漢字辞書を引きました。

6年生のことを思って、一人一人漢字を持ち寄って決めているグループもありました。

それぞれの漢字に、5年生が6年生と一緒に活動してきて感じたことが表れています。

漢字が決まったら、推薦の理由や相手を納得させるエピソードなど、話し合いを重ねました。


5年生の中で推薦する漢字を決める発表の日、思いがたくさんでなかなか決まりません。

この漢字もいいけれど、こっちもいいなぁ!

自分の決めた漢字が絶対いい!

5年生の中で、漢字を一つに絞って6年生に発表する予定が、それぞれの思いが強くまとまりませんでした。

5年生が6年生を思って一生懸命に考えた結果だと思いました。

そこで、自分たちが考えた漢字を一人一人が6年生に伝えることになりました。


発表当日、緊張しながらも6年生に思いを伝えた5年生。

あたたかく受け止め、感想を述べてくれた6年生。

国語の学習を通して5・6年生が交流できました。

単元の主旨とは少し違ったかもしれませんが、この授業が終わった時、教室があたたかい雰囲気に包まれていました。

来年も今年と同じように、今の5年生と4年生の交流の場があるといいなと思いました。

最後に推薦した漢字を紹介します。
理由もこどもたちが考えました。

「進」
中学校へ行っても、どんどん、前に進んでいってほしい。
かべをこえて前に進んでほしい。


「輝」
総画数が13画→イイサ
中学校へ行って、何があってもイイサで。
低学年の面倒をみている姿がとても輝いていた。

「向」
自分が決めた夢に向かって行ってほしい。
向上心を持って中学校へいってほしい。

「支」
6年生に支えられてきた。
中学校へ行っても、みんなで支えあってほしい。

「絆」
けんかもせず、固い絆で結ばれている6年生。
仲が良く、いつも楽しそうな声がとなりの教室から聞こえてくる。


〔少人数指導担当・藤井〕

金管バンドクラブお別れ会

画像1 画像1 画像2 画像2
今日は金管バンドクラブのお別れ会をしました。

2年生から6年生で、今年度の活動を振り返りました。

6年生からは、今年度1番楽しかったことが大阪教育大学との合同演奏だったことや他の小学校ではあまりできない管楽器を低学年からの体験ができたことが良い経験になったこと、自分の担当楽器に後輩ができて嬉しかったことなど、自分の思いを後輩たちに伝えてくれました。

2年生から5年生も4月からこんな楽器を頑張りたい!6年生まで金管バンドを続けたい!など、来年度への決意を語りました。

先生たちからも子どもたちへ1年間がんばったことを伝えました。

今年度は途中から学生の先生に低学年の楽器指導をしていただける機会もあり、楽器の演奏が上手になってきています。


一人一人の頑張りが来年度も続いてほしいなと思います。

また、4月から新たに金管バンドにチャレンジする子どもたちも増えたらいいなと思っています。

〔担当・藤井〕

卒業へ向けて

画像1 画像1 画像2 画像2
17日の卒業式を控えて、練習や引き継ぎが進んでいます。

最後の地区別児童会では、班長を下の学年に引き継ぎました。6年生が後ろから見守りながら、新しい班長を先頭に登校してきます。

木曜日には、最後の児童集会がありました。なかよし班で、6年生の似顔絵描きをしました。輪郭は5年生、目は1年生……と分担してできた似顔絵を照れくさそうに見せてくれました。

職員室の前に、6年生からのメッセージを入れて掲示しています。

金曜日から、校長室で給食を食べる交流給食が行われています。

1つ1つ、卒業に向けて。

思い出を積み重ねている、6年生です。


〔担当・校長〕

絵本の読み聞かせボランティア

画像1 画像1 画像2 画像2
6年前から
「なにわえほんの会」の皆さんに
毎月第二水曜日の朝に
絵本の読み聞かせに来ていただいています

本日
今年度最後の読み聞かせでした

1年生 あかちゃんてね
2年生 こんたのおつかい
3年生 えんぴつびな
4年生 ムッシュムニエルをごしょうかいします
5年生 三びきのやぎのがらがらどん
6年生 おじいちゃんのごくらくごくらく

新年度7年目は
4月13日スタート!

今年1年ありがとうございました
来年度もよろしくお願いいたします


教頭:糸井利則

六年生を送る会

画像1 画像1 画像2 画像2
3月5日(土)に、土曜授業で「六年生を送る会」を開きました。

金管バンドクラブの生演奏で、六年生が入場しました。一人ひとりにみんなで寄せ書きをしたプレゼントを贈りました。お互いに見せ合ったり、じっと読んだりしている姿が印象的でした。

1年生から5年生まで、心を込めて練習した劇や合奏・合唱やメッセージを発表しました。

それぞれの学年の成長を、六年生も温かく見守っていました。

六年生は「20歳になった自分たち」を演じ、息のあった楽しいダンスを見せてくれました。みんなが夢を叶え、再会し、乾杯する姿が、いつか本当に見られる気がしました。素敵な劇でした。

それから、在校生へのメッセージと手作りのふきんのプレゼントがありました。手縫いで縫ってくれた給食台用のふきんです。大事に使いたいですね。

教職員からはサプライズの出し物で、「六年生にタイムスリップした自分たち」を演じました。

子どものころの夢が叶った人、六年生の時は夢がなかった人、今もまだ同じ夢を持ち続けている人……

転がって刑事を熱演したり、ランドセルを背負ったりと、いつもと違う先生たちの姿に子ども達は大喜びでした。

「夢は叶うものではなく、叶えるもの」

旅立つ六年生を、みんなで送り出すにぎやかな会となりました。

その裏で、初の大仕事を任された五年生ががんばっていました。

バトンタッチの瞬間は、もうすぐです。


〔担当・校長〕

ユニセフ募金 ありがとうございました!

画像1 画像1 画像2 画像2
1〜3日で6年生が門の前に立ち、シリア難民のための募金活動をしました。

子どもたちや教職員、保護者の方がたくさん募金をしてくれました。ありがとうございます!

敷津小には、シリア近隣の国からの児童もいます。各国にルーツを持つ児童がいる「世界につながる敷津小」にとって、国際紛争は他人事ではありません。

「困っている友だち」をイメージできる環境で、他人のために自分は何ができるか考え、行動できる子どもになってほしいと思います。

6年生の活動を見て、
「早く6年生になりたいな」
と、つぶやく5年生の姿がありました。

卒業まで、あと少し。
最高学年のバトンを受け渡す場面を、見たような気がしました。

〔担当・校長〕

6年・平和アピール

画像1 画像1 画像2 画像2
今日は児童朝会で、6年生からの「平和アピール」の発表がありました。

戦争について学び、考える中で「自分たちにできること」を全校のみんなに教えてくれました。

まずは「自分のクラスを平和にしよう」という呼びかけがありました。6年生は、平和で仲の良いクラスです。クラスが仲良くいるために、2つのことを提案してくれました。

●一対一のケンカでも、みんなで話し合う。
●それぞれの持つ趣味を認め合う

特に2つ目は、一人ひとりが好きなことやこだわっていることを、「変わってる」とからかうのではなく、認め合うことで平和なクラスになると思う、という話でした。

国同士の戦争も、お互いの宗教や大事にしていることの違いを認められないことが原因になることがあります。

「まずは自分のクラスを平和にしよう」

簡単で、今日から誰でもできることを、6年生が教えてくれました。ありがとう。

それから、シリア難民について調べたこと、今難民になっている子どもたちの望みをビデオとナレーションで教えてくれました。

「サッカーがしたい」
「学校へ行きたい」
「お肉が食べたい」

その願いを少しでも叶えるために、勇気を出して街頭募金にチャレンジしたことを、紹介してくれました。

人通りの多い中で声を枯らして募金をお願いする様子や、見知らぬ人たちがお金を入れてくれる姿をビデオで見せてくれました。6年生達の想いと勇気が、熱く伝わってきました。

3月1日(火)〜3日(木)と、朝の8時10分から20分の間に、敷津小の校門前でも実施します。

言われたからやる活動ではなく、自分たちで「やらなければ」と思って動いた6年生の素晴らしい発表でした。



〔担当・校長〕

3年・そろばん出前授業

画像1 画像1 画像2 画像2
大阪珠算協会から、講師の先生に来ていただいて、そろばんの学習をしました。

まずは、そろばんとは何か?そろばんの歴史から教わりました。

1000年くらい前の昔のそろばんの玉は、今の菱形と異なり、丸形でした。玉の数も5玉が2つ、1玉が5つありました。

そして、そろばんの各部分の名称や数の表し方、玉の入れ方、はらい方などを学習しました。子どもたちは、各自そろばんを使って、1から9まで、数を入れたり、はらったりする練習を何度もしました。


慣れてくると、繰り上がりや繰り下がりのない、たし算やひき算の計算にチャレンジしました。やり方がわかってくると、

「もっとやりたい。」
「家でも練習しよう。」

と言う子もいました。

3月にも、算数の教科書を使って、もう少し学習していきます。


〔3年担任・水口〕

6年・お祝い食事会

画像1 画像1 画像2 画像2
今日は、卒業生を地域の方がお祝いしてくださる食事会がありました。

お弁当と手作りのおいしいクリームシチューをいただき、敬老会の方や地域ボランティアの皆さんと交流しました。

6年生はダンスを披露して、楽しんでもらいました。

「男女の仲がええクラスやねんなぁ」

と、地域の方がにこにこと見守ってくださってました。

警察の方から自転車の安全についての話や、社会福祉協議会の方の司会で漢字ゲームや歌を楽しみ、和やかな会となりました。

地域の皆さん、ありがとうございました!

〔担当・校長〕

6年・ミナミ街頭募金活動

画像1 画像1 画像2 画像2
6年生はこの1年間、平和学習に取り組んできた。今日は、まとめとしての「シリア難民救済募金」をなんば高島屋前で実施した。

12月に学級会で「世界平和のためにぼくたちは何ができるのか?」について真剣に討論した。その中でいくつか出たアイデアの中にこの募金活動があった。

ユニセフ協会が、6年生のために特注パネルやのぼりを用意してくれるなど、全面的にサポートしてくれた。


高島屋の前に到着すると「なあ先生こんなとこでやるの?」と人通りの多さに尻込みする6年生たち。

最初は声が出せず、無言で立っているだけの6年生たち。しばらくして「シリア難民救済募金にご協力お願いしまーす」と第一声。すると次々に声が出てきて、みるみる募金活動らしくなる。


振り向く人の中から、お金を募金箱に入れてくれる人がどんどん増えてゆき、子どもらの呼び掛けの声もどんどん大きくなる。

おとなしくてシャイというイメージに見られがちな6年生だけど、ミナミのど真ん中でシリア難民救済と戦争反対を堂々とアピールすることができた。


敷津小の5年生の保護者、お姉ちゃん、6年生の保護者、PTAの方々、地域の方々、教職員のみなさんも応援に駆けつけてくれ、さらに募金にも協力してくださった。本当にありがとうございました!チーム敷津のみなさんの暖かい応援のおかげで、無事に募金活動を終了させることができました。


《6年生の感想》

「最初は、人の目が気になったけど、声を出すと、みんなが募金してくれた。募金を続けていくうちに、声を出す私たちも、シリアの子どもらも、募金してくれるなんばの人たちも、同じ地球の仲間のんだと思えて嬉しかった。」

「シリアの子って、ほんとにかわいそうやねんなあと言いながら募金してくれた人がいた。私たちの呼びかけをちゃんと聞いてくれてたんだと思った。」


子どもらの感受性の豊かさに驚かされます。みんなで、ものすごい達成感を分かち合えた1日となりました。


3月1日からは、6年生を中心に校内での募金活動を行います。この募金活動によって、遠く離れた国の友だちのことを考えるきっかけになればと思います。


〔6年担任・阪口〕

教員研修

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
金曜日は5時間目で授業を終了し、教員のほとんどが大阪市のあちこちの学校へ出かけて研修を受けました。

児童会活動、生活指導、国際理解教育、視聴覚、保健指導など、学校にはさまざまな教育活動があります。

他の学校の授業や取り組みを見て、また敷津小の教育に活かします。また、それぞれの役職に合わせた専門的な研修も、日々行われています。

大人も子どもも、学び続ける学校をめざしてがんばっています!

〔担当・校長〕

参観・懇談会

画像1 画像1 画像2 画像2
今年度最後の参観・懇談会が行われました。

それぞれの学年で、できるようになったことを見てもらう機会です。英語ができるようになった、話し合いでどんどん手が上がるようになった、一人一人が前に出て発表できるようになったなど、いろいろな授業がありました。

4年生は「2分の1成人式」を行いました。将来の夢や、お世話になった人への感謝の気持ちを伝えました。

6年生も、12年間の感謝の想いを伝える機会となりました。その後、楽しい劇やダンスを披露して、温かな雰囲気いっぱいの参観でした。

その後の懇談会では、学級委員を決める話し合いや、この1年の子どもたちの成長について意見交流がありました。

作品展も、多くの保護者の方がじっくり見て回ってくださいました。2年前は音楽発表会と同時開催でしたが、時期を分けたことで子どもたち同士もしっかり鑑賞できました。

多くのご参加ありがとうございました!


〔担当・校長〕

作品展

画像1 画像1 画像2 画像2
今日、17日(水)から19日(金)まで、作品展です。

おととしまでは、「芸術発表会」として、音楽の舞台発表と作品展示を一緒に、11月にしていました。
今年から、11月の「音楽発表会」とこの時期の「作品展」に分け、1年間の作品の集大成を見ていただくことにしました。

1年生:絵「じぶんを えであらわすと」 工作「すてきなおべんとう」
2年生:絵「かさこじぞう」 工作「たこをあげよう」
3年生:絵「モチモチの木」 工作「くぎうちゲーム」
4年生:絵「だれだかわかるかな」 工作「いろんなシーサー大集合」
5年生:版画「私の演奏」 工作「まぼろしの虫」
6年生:絵「思い出の校舎」 工作「未来の私」
手作りクラブと、工作クラブの作品もあります。

どの学年も、とても楽しい作品で、1年間の図工の学習のがんばりがしっかりと伝わってきます。

人数の少ない学校ですが、色とりどりの絵や版画が2階のギャラリーからぶら下がり、フロアーには、担任の先生がディスプレイにアイデアを凝らし、子どもたち一人一人の作品が輝いている様子は、壮観です。

保護者の皆さんの多くは、明日の参観の時にご覧になると思いますが、参観以外の時間帯は、静かな講堂の中で、ゆっくりと作品を鑑賞することができます。
午前中や、いきいきのお迎えのときにでも、のぞいてみてはいかがでしょうか。

教務:根井


産経新聞大阪本社 5年・社会見学

画像1 画像1 画像2 画像2
本日2月15日(日)
給食を早めにいただき
隣の校区にある産経新聞大阪本社まで歩いて行きました

編集局整理部では
締め切りを終えたばかりの組版(くみはん)現場を見せていただきました

居並ぶパソコンに一人1ページずつレイアウトを担当する

夕刊2ページ目を担当した方に本物の画面を見せていただいた

シリア停戦へ協議平行線
の米露首脳会談の記事に
オバマ・プーチンの代わりに
子どもたちの名前を入れて見せてくださった

制作局では
昨日のサンスポの表紙の阪神マテオ選手の写真の画像処理の仕方を実演

子どもたちは
YMCKをしっかりメモしていた

Y イエロー 黄色
M マゼンダ 桃色
C シアン 青色
K クロ 

ブラックのBにするとブルーと間違いやすいので黒のKにしてある、というお話にうなずいていた

また入口で最初に撮った集合写真は記念新聞にまとめられてできあがっていた

その写真全員の顔を私(教頭)の顔を貼り付けて遊んでくださった

遊び心満載で子どもたちも大喜び

最後に記者さんのお話があり

ケイタイでは自分の見たいものしか検索しないけど
新聞はペラペラめくるだけで興味のない記事も目に入ってくる
それが新しい知識であったり新たな興味の対象になるかもしれない

新聞に使われている漢字は、中学校を卒業したら読めるように考えて作られている

君たちもしっかり勉強して
ぜひ新聞を読んで
いろんなものに出会ってほしい


熱く語ってくださいました

最後の最後のお見送りは
本社ビルの前から
私たちが見えなくなるまで
ずっと手を振ってくださいました

素敵なおもてなしをありがとうございました



教頭発

大阪府小学生駅伝大会 〜2月13日(土)〜

画像1 画像1
画像2 画像2
大阪府教育委員会の「こども元気アッププロジェクト事業」の一環で

小学生EKIDEN大会が開催され
初参加しました

府下小学校73チーム中49位と
強豪常連校に対して健闘しました

子ども会「敷津ランナーズクラブ」で毎朝走っている子どもたちを中心に
これからも様々な大会にチャレンジさせていきます


教頭発

音楽鑑賞会

画像1 画像1 画像2 画像2
2月9日に音楽鑑賞会がありました。

今年も、大阪教育大学の吹奏楽部のみなさんに演奏していただきました。

吹奏楽のステージは色々な楽器があり華やかです。

子どもたちの知っている曲もあり、自然と手拍子や歌声が会場に響き渡りました。アンコールは3曲も演奏してもらい、大盛り上がりでした!

劇を通してフォルテ・ピアノの意味を知ったり、指揮者の役割を教えてもらったりしました。

金管バンドクラブと合同演奏もしました。「銀河鉄道999」と嵐の「ハピネス」です。今年はパートごとに大学生のお兄さん・お姉さんがいたので、とても吹きやすかったです。

迫力あるステージで、とても心に響く演奏でした。

また来年も楽しみです。

金管バンドクラブは6年生を送る会に向けて、練習を頑張ります。

〔音楽主任・藤井〕

保育所交流 〜6年生・キャリア教育〜

画像1 画像1
2月5日(金)
近隣にある大国保育所を
6年生が訪ねました

まずは
男女2人の保育士さんのお話しを聞きました

子どもたちの笑顔を見るのが生きがい
でも
子どもを好きだけではだめで、保護者の話を聞いて相談にのったり、事務的な仕事もたくさんあります

一番困るのは
ピアノを弾けないといけないことだそうです

質疑応答の後
年長さんのお部屋を見せてもらい

春から敷津小学校に来るお友達も確認しました

最後は園庭でドッチボール

コートの広さを変えると
6年生大苦戦!


春からはお互い1年生

二度と一緒に過ごすことのない一期一会でした


(付き添い:教頭)

4年・大阪中華学校との交流

画像1 画像1 画像2 画像2
中華学校の四年生が敷津小学校を訪れ、交流会を行いました。

あいさつの後、スライドショーで敷津小学校の一年間の行事や、日常生活を紹介しました。

中華学校の児童からは、

「こちらでは正月は二月にあります」
「学校で、昼寝の時間があるんですよ」

などの意見が出て、互いの生活について知ることができました。


その後は、グループに分かれ、日本の遊びとして「こま回し」「大なわとび」「はねつき」を紹介。練習した説明や技を、自信をもって紹介できました。

休み時間は、ドッジボールで楽しく交流。「あの子、強いな〜!」と、お互いに一目置く場面も。


最後は、中華学校の子どもたちが「中国ごま」の遊び方を教えてくれました。

「インターナショナルデーで触ったなあ」
「なかなか難しい!」

と、やり方を教えてもらいながら、熱心に体験していました。


校区にありながら、普段はなかなか交流する機会のない中華学校の子どもたちと、楽しく遊んだり話したりすることを通じて少しでも仲良くなれたことは、素晴らしい経験でした。

平和や、文化の相互理解は、互いのちがいを「知り合う」こと、そして「認め合うこと」から始まると思います。

今回の交流会が、子どもたちにとって、その第一歩となってほしいです。


〔4年担任・田邊〕
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
3/21 春分の日
3/23 給食終了・大掃除
3/24 修了式
3/25 春休み