TOP

薬の正しい使い方教室

画像1 画像1 画像2 画像2
11月28日、6年生は「薬の正しい使い方」について学習しました。
ゲストティーチャーとして、学校薬剤師の阪口先生にきていただきました。

まず、かぜ薬はどんな効果があるでしょうか?
身近なかぜ薬を例にして、クイズをしました。
「使用上の注意」拡大版を見ながら、薬の役割を教えていただきました。

「同じ症状だったので、お兄ちゃんの薬を飲んだ。」場合や、
「水なしで薬を飲む。」などといった、ありがちな行動についても考えました。

阪口先生に、薬は水かゆるま湯で飲む事が大切と教えていただきました。
そこで、お茶と鉄剤を混ぜる実験をしました。
「あっお茶の色が変わった!」
緑色のお茶があっという間に黒く変色する様子を見た子ども達。
ジュースで飲んだ事もある子もいて、変色にとても驚いていました。

最後に薬物乱用の恐ろしさついてのDVDを見ました。

阪口先生、大切なお話をありがとうございました。

[北川]

浮見堂

画像1 画像1 画像2 画像2
 

春日大社回廊

画像1 画像1
 

鹿せんべい体験も

画像1 画像1
 

無題

画像1 画像1
深まりゆく秋
冬の訪れ

秋晴れに恵まれ
暖かい晩秋の紅葉を楽しみました

無題

画像1 画像1
東大寺の奥に
正倉院がひっそりと鎮座しています

正倉院展は有名ですが
そちらは
国立博物館での催しで

その品々が収められている
正倉院を見るのは珍しいことです 

東大寺へ

画像1 画像1 画像2 画像2
メインイベントは
東大寺大仏

江戸時代の旅行記にも紹介されている
柱くぐり

柱の穴が大仏の鼻の穴と同じ大きさだそうです

全員がくぐり抜けることができましたが
写真は大きなカメラで撮ったので
速報できません…

通天閣

画像1 画像1 画像2 画像2
1955年建設

2代目通天閣

奥村記念館で免震構造学習

画像1 画像1 画像2 画像2
東大寺の手前に
奥村組の記念館がある

少人数学級を生かして
一人ずつ全員が
免震装置を体験しました

奥村組は
通天閣を創ったことでも有名です

興福寺五重の搭

画像1 画像1
 

6年生奈良駅到着 11月29日

画像1 画像1
6年生秋の遠足
校外学習は
奈良公園へ

駅前の噴水の像は
行基

歴史学習の復習が始まる

金管バンドクラブの演奏

画像1 画像1 画像2 画像2
本日、浪速区民センターで「ナニワふれあいスタンプラリー」が開催され、金管バンドクラブの演奏が行われました。

Under the Sea, 打ち上げ花火、宝島の3曲を演奏しました。

学芸会に続き、日ごろの練習の成果を十分に発揮することができました。
素晴らしかったです。

たくさんの地域の方にも聴いていただき、大きな拍手をいただきました。

お手伝いくださった、保護者、地域の皆さん、本当にありがとうございました。
大変お世話になりました。
子ども達にとって、自信につながるよい体験の場をありがとうございました。

【増渕】

子ども会 キックベースボール 11月17日

画像1 画像1
こども食堂を終え
子どもたちが笑顔で帰って行き
社会福祉協議会の皆さんも交えて
反省会をして
後片付け、ゴミ出しも終えて
学校に戻ると
運動場から元気な声が聞こえてくる

子ども会キックベースボールクラブの女の子たち
指導してくださる地域の方々

さっきまで
こども食堂でカレーを食べて
オセロで遊んでいた子どもたち

本当に幸せな子たち!

小さな学校
大きな家族は
このようにたくさんの地域の皆さんに支えられています

校長発

こども食堂オープン 11月17日

画像1 画像1 画像2 画像2
敷津校区には
長年春夏休みに
「ふれあい食事会」があり
敷津連合振興町会女性会の皆さんが中心になって
子どもたちにカレーを振る舞ってくださっています

本日
敷津校下子ども会の皆さんが
敷津連合振興町会のご協力のもと
浪速区社会福祉協議会の助成をいただきながら

敷津こども食堂

をオープンさせました

「一生やります!」と宣言された
敷津こども食堂初代実行委員長のもと
全校児童の3分の1が集まりました

次回は
12月16日(日)
学校何周走RUNと
同時開催です


校長発

児童集会 11月15日

画像1 画像1
毎週
月曜日 児童朝会
火曜日 イングリッシュタイム
水曜日 読書(月1回読み聞かせボランティア)
木曜日 児童集会
金曜日 イングリッシュタイム

毎週木曜日は
集会放送委員会が中心になって
様々なゲームを考えて
縦割り班(異年齢集団)で盛り上がっています

重要 ふれあい清掃

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日はふれあい清掃が実施されました。
去年から実施日に雨が降り、実施されるのはおよそ2年ぶりとなりました。

「こんなにゴミが落ちてたんや!」
「いっぱい掃かなあかんなあ」

などの声が、地域の方や子ども達から聞こえてきました。
日頃お世話になっている公園を掃除するとともに、同じく日頃お世話になっている地域の方や保護者の方との交流がとてもよい学習になったようです。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

[佐藤]

平成30年度 学芸会

画像1 画像1
11月11日(日)に学芸会が開催されました。

プログラムは

3・4年「うらしまたろう」
生涯学習グループ詩吟教室「静夜思」「秋思」
1・2年「スイミー」
大阪中華学校舞踊部「雨上がりのお遊び」
5・6年「三月十三日〜戦火の敷津〜」
敷津金管バンド「アンダーザシー」「打ち上げ花火」「宝島」
全校合唱「waving flag」

でした。

それぞれに特色溢れる発表で、子ども達は練習の成果を発揮できました。

学芸会後の講堂では、敷津で戦争を体験された方のお話を聞くことができ、忘れてはいけない過去の記憶を次世代に受け継ぐ大事な場ともなりました。

ご参加していただいたみなさん、本当にありがとうございました。

[佐藤]

特別支援学級における「構造化」

画像1 画像1
11月10日(土)
自閉症ライフセミナーで
本校教員が「構造化」について実践報告をしました

構造化とは、生活や学習の様々な場面で、その意味を理解し、今自分に何が期待されているのか(何をしなければならないのか)を、わかりやすくするために、環境や活動を「視覚的」に示す方法です。

次に何をするかの手順を、言葉だけでなく、視覚的に示す。

例えば、黒板の端に、今日の予定を書く。
自閉症の子には、文字の代わりに、写真やイラストで示す。

トイレの前で、スリッパの型のペイントがあるのも、ここで揃える記し。

いつ、どこで、なにを、どのようなやり方でやって、どうなったら終わりで、終わったらどうするのか。

それを視覚的に提示することで、不必要な混乱を防ぎ、安心して学習・活動ができる

その構造化について、保護者と療育機関と連携して、この発表にこぎつけました。

「合理的配慮」とともに、研修・実践を深めていかなければならない極めて重要なテーマであり、「ユニバーサルデザイン」としても子どもたち全員の学びにつながっているものと考えています。


校長発

5年 大阪城公園 「青い空」

画像1 画像1
外国人観光客にインタビューしている時
空を見上げると快晴飛行機雲

青い空は青いままで
子どもらに伝えたい
燃える三月の夜
すべては燃え尽きた
父の 母の 
きょうだいたちの
命の重みを 
肩に背負って
胸に抱いて


3日後
この子たちは
大阪大空襲の実話をもとに
学芸会で敷津国民学校の児童を演じ
劇の終わりで
「青い空」(敷津バージョン)を歌う


校外学習 英語でインタビュー 11月8日

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 

文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
1/19 shikitsu international day
1/21 6年 租税教室
1/22 4年 サイエンスショー
5年 産経新聞社見学
1/23 かけあし大会
1/24 給食集会・なかよし交流給食

学力・学習状況調査について

校長通信〜児童朝会メモ〜

自学大賞