TOP

♯がんばる先生支援事業                 「世界でひとつだけのチャイムをつくろう」第5時が終わりました その1

本校は、昨年度より、音楽科の授業研究を行っています。

さらに今年度は、大阪市教育委員会の「がんばる先生支援」事業グループA研究校として研究に取組んでいます。
2月9日(木)の5時間目、「世界に一つだけのチャイムをつくろう」の第5時の公開授業を実施しました。
この学習は、「ニコニコ班」(本校のたてわり活動班)ごとに、学校のチャイムをつくるというものです。

前の時間は、大阪市内はもとより、府下、他県の先生方、日頃お世話になっている読書ボランティアさんや保育所の保育士のみなさん、さらに、保護者の方や社会見学でお世話になった、「タカラベルモント(株)大阪工場」「(株)東和製作所」「(株)Re−fa(リーファ)」の方々などあわせて50名以上の皆さんにご来校いただき、教職員は結構緊張していました。

今回は、みんな落ち着いて、子どもたちと一緒にチャイムを仕上げることができました。

まず、授業前から各班で子どもたちは、いつものようにリズム遊びなどをして楽しんでいます。

さあ、チャイムがなりました。山本先生が、今日の学習ではどんなことをするのか説明されました。
「今日は、作ったチャイムを聞き合います。そのために、まず練習をします。そのときにできる工夫をしてもかまいません。そして今日は、チャイムを2回繰り返します。みんなの前で発表した後、リーダーと担当の先生で録音する日を決めます」

「11時10分、長い針が2のところにきたら、各班の発表をします。
 では始めましょう。」


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

学校だより

運営に関する計画

学校評価

研究紀要H29

研究紀要28