★★★ リンクに、教育データーベース「wakux2.com-bee」(大阪市教員用)を追加しました! ★★★

2/14に美術科アクションプラン教材・評価合同研修会を行いました

実施日 2016.2.14 参加者19名  咲くやこの花館:造形展より
1.指導者トーク
(1)切り絵 「立体的な街のデザイン」(1年) 放出中学校 吉兼亮先生
・ 材料 黒の画用紙    
・ 題材のねらい:自分が表したい街のイメージを膨らませて主題を生み、紙や用具を生かして街の表し方を工夫する。観賞では、切り抜いた紙の美しさや面白さ、表現の工夫を感じ取る。
(2)和の心「和菓子と菓子皿を粘土で制作」(2年) 阿倍野中学校 古橋杏名先生
・ 材料 樹脂粘土・陶土(やきもの)       
・ 題材のねらい:季節感を感じさせる和菓子を鑑賞し、日本の身近な美術文化に触れ、四季を粘土の立体でどう表現するか強調や簡略化などを工夫した作品をつくる。菓子皿は、板づくりや印花の陶芸の技法に触れる。
(3)「煌めく瞬間 生命のムーブマン」石塑による人体塑造 (2年) 我孫子中学校 金光順子先生
・ 材料 石塑粘土(フォルモ) 針金 ブロンズ液 腐食液
・ 題材のねらい:人体と芸術や社会との関係を知り、人体の不思議さや美しさを感じ取り、自分の興味を持ったテーマで表現し、塑造表現に親しみ生命尊重、自己肯定感を育む。
(学習計画の資料提供:文の里中学校 明石先生 切り絵のランプシェード/新東淀中学校 富門先生 ボックスアート)
2.グループ討議とまとめ
3人の方には多忙の中、造形展に出展された教材の学習計画と評価規準を作成していただいた。研修では、紙、焼き物、石塑という意図に応じた材料や用具を生かした表現方法について発表した。その後、発表された先生を囲んでグループ討議をした。より発展的な学習計画もグループで考え、普段聞けない内容を詳しく聞くことができ、学習計画表や配布プリントなども力の入ったものでとても参考になった。題材を設定する際には、面倒でも今回のような学習計画表を作っておくとよいという意見が出された。最近、鑑賞も含めた研修会では、色々な場面で培われた研修会の成果が実り、評価規準の作成が「指導と評価の一体化」を意識したものになっている。最後に造形展で他校の作品をいつも拝見するが、今回の研修では各発表者の題材へねらい、思いを学習計画表を提示していただき、作品への見方がより深く知りえたことが今後の指導に役立ちよい研修会となった。
(担当 茨田中 宮内、相生中 北賀)

画像1 画像1 画像2 画像2

第37回大阪市中学校造形展を開催しました

今回の造形展では34校から900点以上の出品があり、のべ1050人の来場者がありました。さくやこのはな館の会場になってから、さまざまな立体作品が出品され見ごたえのある展覧会となりました。今後も大阪市の造形分野の発表の場として充実した展覧会になるように協力をよろしくお願いします。
画像1 画像1

特別支援教育年度末研修会 並びに        特別支援教育担任者会の開催について

1.日 時   平成28年2月26日(金) 13:40から受付

2.場 所   教育センター8F 第5研修室

3.時 程  
   13:40   受付
   
   14:00   年度末研修報告会
          発表1.聴覚障がい児と共に
               昭和中学校  増本 智子 先生
          発表2.自閉症の生徒と関わって
               三稜中学校  大園 陽子 先生
                      鵜野 正裕 先生
                      黒笹 一憲 先生
   
   15:30   特別講演 特別支援教育に携わって
               下福島中学校 前枝 真一 先生
   
   16:00   担任者会
   
   16:30   キャリア教育支援センターについて

年度末研修報告会並びに担任者会

第53回大阪市中学校特別支援学級・特別支援学校    生徒作品展 2

画像1 画像1
作品展では…

大阪市立大池中学校特別支援学級の
みなさんに作品展の看板を制作して
いただきました。

第53回大阪市中学校特別支援学級・特別支援学校    生徒作品展 1

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
第53回大阪市中学校特別支援学級・特別支援学校生徒作品展
 (副題:ぼくたちわたしたちのさくひんてん)

日時:平成28年1月21日(木)〜25日(月)

会場:舞洲スポーツアイランド アミティ舞洲
           プール観覧ロビー及び会議室


たくさんの来場ありがとうございました!

国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 観戦

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
2月12日(金)、13日(土)に大阪市中央体育館で「2016国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会」が開催されました。

大阪市障がい者スポーツセンター・スポーツ振興部を通じて観戦要請をいただき、大阪市立中学校特別支援学級の11校(生徒61名教員34名)が観戦しました。

ハーフタイムショーもあり、日本チームの応援に盛り上がりました。

貴重な時間をありがとうございました。

「第3回 美術科アクションプラン B班 教材研修会」を1月30日(土)に放出中学校で実施しました

テーマ「教材見本から指導を考える」

内容:
1.各業者の教材見本紹介(多目的室)
絵画、デザイン、工芸、鑑賞分野、定番の教材から新しい素材まで業者から見本を展示・紹介していただきました。書籍の展示もありました。全部で8つの業者にご参加いただきました。

2.教材から班に分かれて研究協議(美術室)
「ランプシェードに関する教材」に絞って研究を行いました。
班ごとに教材を選択して授業を組み立てました。模造紙に班で話し合ったことをまとめ、最後に発表を行いました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

家庭分野部報〜第7号〜

家庭分野部報〜第7号〜配布文書に掲載しました。
2Bに発表していただいた、近畿大会について報告されています。家庭分野部報〜第7号〜

家庭分野部報〜第8号〜

家庭分野部報〜第8号〜を掲載しました。
今年度のふりかえりとなっていますので、ご覧ください。

『中学校・高等学校生徒指導連絡協議会』が行われました

画像1 画像1
『中学校・高等学校生徒指導連絡協議会』

○日時
 平成28年1月26日(火)15:00〜17:00

○場所
 大阪市立中央高等学校 会議室

○情報交換など

 生活指導部では、大阪市立高等学校教育研究会生活指導部との連携を通して、情報を共有し、共通の課題について研究しています。
 昨年度に引き続き、小教研生活指導部の先生方も加わり、小・中・高それぞれの立場で遅刻指導や問題事象の対応、いじめ対策などについて、6グループに分かれて活発な意見交換を行いました。

『平成27年度 小学校教育研究会・中学校教育研究会 生活指導部合同研修会』が行われました

『小・中教研 生活指導部合同研修会』

○日時
 平成27年11月20日(金)14:00〜17:00

○場所
 大阪市教育センター 研修室4

○情報交換

○講演
 「教育現場における法的課題」
  山口崇法律事務所 弁護士   山口 崇 氏

 生活指導部では、小学校教育研究会生活指導部と連携を図り、小中連携した生活指導体制を模索し、共通の課題について研究しています。

『平成27年度 第2回 大阪府少年サポートセンター学警補導連絡会』が行われました。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
『平成27年度 第2回 大阪府学警補導連絡会』

日時:平成28年1月27日(水)14:00〜16:00
場所:大阪府新別館南館8F 大研修室

(式次第)

1 開会

2 各機関代表者の紹介

3 挨拶
  堺市教育委員会事務局学校教育部 生徒指導課長

4 大阪府・大阪市・堺市教育委員会の取組

5 非行少年グループの解体及び立ち直り支援活動について(少年課)
  〜少年健全育成サポートチームの活動事例〜

6 少年を見守る地域活動などの紹介
  ・少年警察ボランティア(少年課)
  ・少年非行防止活動ネットワーク・青少年指導員(府青少年課)

7 閉会

家庭分野部報

家庭分野部報〜第6号〜掲載しました。
産業教育フェアについて紹介されています。
家庭分野部報〜第6号〜

家庭分野部報

家庭分野部報〜第5号〜
掲載しました。
総合文化祭の様子が紹介されています。

家庭分野部報(第5号)

家庭分野部報(11月号)

家庭分野部報 〜第5号〜 掲載しました。

1.大阪市総合文化祭 報告

第91回(平成27年度第2回) 近畿中学校教育研究会「京都大会」が行われました

○目的
 ・近畿各地域の生徒指導状況報告
 ・生徒指導上の最近の課題についての研修
 ・指導方法の実践報告

○日時
 平成27年11月27日(金)10:00〜16:30

○会場
 京都市総合教育センター 4F 永松記念ホール

○日程
 ・開会行事
 ・講演
 ・各府県情報交換
 ・実践発表
 ・研究協議
 ・指導助言
 ・閉会行事

 講演では、花園大学教授の橋本和明氏より「非行臨床の特徴とかかわりの技術」について貴重なお話を聞くことができました。
 また、京都市松尾中学校教諭の山田隆太先生による実践発表、「生徒が輝く開発的生徒指導」をテーマに小グループに分かれての意見交換を研究協議として実施しました。 

平成27年度第2回「大阪府少年サポートセンター学警補導連絡会」が開催されます

【平成27年度第2回「大阪府少年サポートセンター学警補導連絡会」】

1、日時
  平成28年1月27日(水)14:00〜16:00

2、場所
  大阪府新別館 8階 大研修室

3、内容 各機関代表者の紹介
  ・挨拶
  ・大阪府、大阪市、堺市教育委員会取組
  ・非行少年グループの解体及び立ち直り支援活動について
   〜少年健全育成サポートチームの活動事例〜
  ・少年を見守る地域活動の紹介
   ⇒少年警察ボランティア
   ⇒少年非行防止活動ネットワーク、少年補導員

平成27年度 研究発表

画像1 画像1
平成27年10月16日(金)大阪市教育センターにおいて生活指導部の研究発表が行われました。

  [生活指導部 研究発表会 次第]

(司会) 大阪市立巽中学校 教諭 安東義弘

1、開会挨拶
  生活指導部部長 大阪市立玉出中学校長 吉江正彰

2、研究発表「問題行動に関するアンケート調査」報告
  大阪市立此花中学校 堀川直樹

3、講演「子どもたちは先生に何を求めているのか」
      〜非行少年更生支援の現場からみえてくるもの〜
  一般社団法人ティーンチャレンジジャパン理事
  NPO法人セカンドチャンス監事 野田 詠氏様

4、質疑応答

5、指導助言
  大阪市教育委員会事務局中学校教育担当
  生活指導グループ 指導主事 大森秀樹様

6、閉会挨拶
  生活指導部副部長 大阪市立喜連中学校長 源島史展

  [生活指導部 研究主題]

    生活指導上の今日的な課題を探求し、効果的かつ組織的な対応を研究する
  

【予告】1/30 美術科アクションプランB班 教材研修会のご案内

アクションプランB班 『魅力ある教材とは?・表現』研究部では教材見本に重きをおいた、第3回目の研修会を開催し、魅力ある教材の研究を更に深めたいと思います。

テーマ:「教材見本から指導を考える」
日時:平成28年1月30日(土)
   14時00分〜17時00分(受付13時30分)
場所:大阪市立放出中学校
   【前半】多目的室(1F)【後半】美術室(1F)
内容:
1)各業者の教材見本紹介(多目的室)
各、絵画、デザイン、工芸、鑑賞分野、定番の教材から新しい教材まで業者から見本を展示・紹介します。書籍も展示する予定です。
2)教材から班に分かれて研究協議(美術教室)「教材から授業をくみたてよう」

11/14にアクションプランC班鑑賞D班評価の合同研修会を開催しました

11月14日(土)の午後2時より築港中学校の多目的室でアクションプランC班鑑賞とD班評価の合同研修会を行いました。
テーマは「鑑賞の評価、具体的な評価方法について」〜鑑賞ワークシートの評価ワークショップと評価方法の情報交換〜でした。相生中の北賀先生から「具体的な観点別評価方法」の例の提示。築港の安永から採点した評価の数字のエクセル表での計算方法の例の提示。長吉六反中の惣内先生から一昨年の国立美術館の美術館を活用した鑑賞教育の指導者研修の報告。実際の鑑賞ワークシートを使っての評価のワークショップなど盛りだくさんでした。
土曜日にもかかわらず、25名を超える参加者でした。最後の情報交換では「文化祭での作品鑑賞」や「ペーパーテストの意義」などの問題提起があり、明日から前向きになれるような意見や若い先生からの素朴な疑問が飛び交いました。明日からの授業にすぐに参考になるような研修でした。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

美術部

技術・家庭部

特別支援教育部

本部